劇場公開日 1993年8月7日

「3つの願い事と人の幸せの物語。」アラジン(1992) dekamoさんの映画レビュー(感想・評価)

4.030
33%
53%
13%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.53つの願い事と人の幸せの物語。

dekamoさん
2019年11月3日
iPhoneアプリから投稿

アラジン(1992)の感想
3つの願い事と人の幸せの物語。
ランプの精ジーニーはアラジンの3つの願い事を叶える。一つは、王子様にしてくれ。ジャスミンに恋したアラジンは王子様になることでジャスミンに近づくも気に入られることはなかった。2つ目の願いは、溺れた海底から救出されること。自らの力でジャスミンと結ばれたアラジンの最後の願いは、ジーニーを自由にすること。他人の幸せを願えることこそが幸せというお話。
対するジャファーは、人を使って高価な物を盗んだり、魔力で王様を制御したりした。結局、力に惹かれて力に溺れた。

一方、鳥とか猿とか絨毯が便利。彼らがいなければ、物語が成り立たないし、面白みに欠けただろう。彼らの幸せってどうなんだろうか。
アラジンのこれまでの生活は、食う為にパンを盗んでいた。市場でも嘘をついたり店主を騙したりしていた。一般的に悪の行為である。これに対する報いって済んだのかしら。

ジャスミンも結婚したからって幸せなのかな。いろんな経験できるといいよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
dekamo
「アラジン(1992)」のレビューを書く 「アラジン(1992)」のレビュー一覧へ(全30件)
「アラジン(1992)」の作品トップへ