劇場公開日 2018年7月24日

  • 予告編を見る

秋のソナタのレビュー・感想・評価

3.78
29%
53%
12%
0%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全8件を表示

4.0イングリット・バーグマンの女優人生で最高の演技でしょうなァ。

2019年6月8日
Androidアプリから投稿

イングリット・バーグマンの女優人生で最高の演技でしょうなァ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.0イングリット・バーグマンの女優人生で最高の演技でしょうなァ。

2019年6月8日
Androidアプリから投稿

イングリット・バーグマンの女優人生で最高の演技でしょうなァ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.0秋におすすめの1本

2018年10月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

難しい

秋といえば映画の秋ということで(笑)まぁ秋に関係なく全ての娘を持つ母親と娘に見てほしい映画。
.
久しぶりに会った母親と娘の意地の張り合い&今までの不満爆発親子喧嘩な話。でもこの関係が結構わかる。自分にも思い当たる節がチョロチョロ。
.
とにかくこの映画で思うのは血が繋がっていえども母と娘って永遠にお互い分かり合えないんだろうな。生きてる時代が違うんだ当たり前。でも永遠に嫌いにもなれない。
.
私も数年に1度は親と大喧嘩をする時が来ますが、この映画のように自分の言いたいことをお互い言い合うだけ、結局次の日にはいつもどおりに戻っちゃう。学習しないものなんですな。
.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せつこん

4.0母娘の愛憎に満ちた濃密な会話劇

2018年10月22日
iPhoneアプリから投稿

ベルイマン生誕100年ということでデジタルリマスター版の特集上映が各地で開かれているが。
さらに本作は国内での上映権が切れ、今後、映画館で観られる予定はない、とのことで観に行く。
バーグマンの遺作にして最高傑作と呼ばれる本作は、母娘の愛憎に満ちた濃密な会話劇だ。

母はかつて、美貌で鳴らした世界的なピアニスト。娘は母のようには美しくないコンプレックスを抱え、それでも母に愛されたいと渇望していたが、母は演奏旅行に明け暮れ、娘を顧みなかった。
長じて、その母は老い、パートナーも亡くし、かつてのような人気もない。
その母を娘は責める。ひたすら責める。そういう映画。

バーグマンはハリウッドでの成功後、妻子あるイタリアの映画監督ロッセリーニと恋に落ち、自身の夫と子供と、ハリウッドでの成功も捨てて、イタリアに渡ったことで知られる。
そう、この映画のバーグマンの役は、ほとんど本人そのものである。
よく、こんな役を引き受けたな、と思う。

スクリーンのバーグマンは老いてもなお美しい。
着飾り、威厳を見せるが、娘に責められ揺らぐ。その揺れが本作の見もの。

母も娘も孤独だ。
いや、関わりを持とうとさえしなければ、これほど断絶することはない。
関わりを持とうとすればするほど遠ざかり、それでも離れられないのは親子だからだ。
人生の真実ではある。
ゆえに余韻は重い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しろくま

3.0エーヴァにはエリックという息子がいたけど4歳のときに死んでしまった...

kossyさん
2018年10月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

エーヴァにはエリックという息子がいたけど4歳のときに死んでしまったり、18歳のときに中絶を経験していたりとかなり不幸があった。だけど、子供時代の母親への怒りってのはほんの些細なことだし、なんだかどうでもよくなってしまった。

 それでもベルイマン演出は終盤に映える。自戒の念も感じられるが、「ヘレーナが早く死んでくれれば」とつぶやくところに恐ろしさも感じられる。母娘の葛藤は見どころだけど、なんだか設定に入り込めないのが残念だった・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0舞台を観ているような錯覚に陥いる長い台詞。母娘の愛憎、人間のエゴが...

2018年8月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

舞台を観ているような錯覚に陥いる長い台詞。母娘の愛憎、人間のエゴが両女優迫真の演技によって明かされていくが「映画」としては今ひとつ物足りなさが残った。
バーグマンの生き様と重なる部分がありこれが最後の作品かと思うと感慨深かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

4.0心をえぐられました

halukaさん
2018年1月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

怖い

ベルイマンは大好きな監督です。
しかし2大女優の演技が本当にスゴイです。
私はイングリット・バーグマンに軍配を上げますが、リヴ・ウルマンも凄かったです。
リブ・ウルマンの台詞がわたしの心臓をグリグリとえぐるように感じました。
カメラがまたキレイでした。古さを感じさせない作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
haluka

4.5イングリッド・バーグマンvsリヴ・ウルマン

neonrgさん
2016年10月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

すさまじい演技の応酬。
実際、家族を捨てロベルト・ロッセリーニと子供まで作ったイングリッド・バーグマンの身勝手な母親役がハマり過ぎ。
主人公のリヴ・ウルマンが、同監督の「第七の封印」の死神に見えてくる。
カットのつながりが不自然だったのが残念。
93点 。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
neonrg
「秋のソナタ」の作品トップへ