劇場公開日 2006年2月4日

ベロニカは死ぬことにしたのレビュー・感想・評価

2.412
2%
11%
48%
28%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全12件を表示

2.0映像では

ミカさん
2020年10月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

萌える

原作は未読ですが恐らく映像にしない方が良いものなのかもしれません。病院も職員もステレオタイプでしたが、あんな感じなのでしょうか。行ったことがないので分からないのですが。淡路恵子さんを久しぶりに観れて、それは良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

2.0タイトルなし

hiroさん
2020年3月1日
Androidアプリから投稿

面白くないけど、面白なくもない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hiro

1.0釣られましたか、真木よう子のヌードに

2019年9月3日
PCから投稿

舞台となる精神病院は百年前くらいが規準でしょうか、ロボトミーされてもおかしくない、そう、カッコーのニコルソン並みでしょうか。
こんな映画ですから、真木よう子のしらけた自慰ぐらいでしか釣れない訳です。
釣られた私が言うのも何ですが。
情けない映画です、観たことは誠に遺憾であります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

1.0真木よう子の乳房が観れたので生きる事にした

2019年2月3日
PCから投稿

精神病院が意外と外国仕様。
何故なら、精神療法があるから。
日本は薬物療法だけ。
日本の精神科医は医者の落ちこぼれだから医学に疎い、薬の知識だけ。それで、退院後はヤク中になるのです。
真木よう子は薬物で自殺未遂で入院しますが、死にたいと企画するだけでも強制入院の可能性がある。
真木よう子のマスだけ、オナニーで乳揺らすだけ。
性交ではほとんど見えない。
それだけを楽しみにしていたのだが。
異様に手足が細い。
30秒が無ければ、観ないのに。
死ぬ迄に観なければと思い、今日まで生きてきたのに。
此れからは、護あさな、吉岡里帆のどちらが良いと思いますかケロ、テヘペロ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

3.5真木よう子さんのための映画。

ガーコさん
2017年8月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

原作が洋物なのに、完全に邦画で創り上げている作品に驚きました。

図書館司書として毎日を淡々と過ごす彼女。

そんな毎日にいつの間にか嫌気がさしていたのかもしれません…。

気がついたら大量の睡眠薬を飲んで、精神病院に運ばれていました。

そこで過ごす独特な登場人物に度肝を抜かれました!

あんなに精神おかしいのに、一緒に生活しているという患者たちの設定があり得ない気がしました。

ですが、それ以上にぶっ飛んでいる世界観に置いていかれそうでした。

舞台をみているみたいですね。

真木よう子さんの緩急ある演技が素晴らしいです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガーコ

2.0この映画の良さは、映像美だけ。

2016年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この映画の良さは、映像美だけ。
常にちょっと暗めの色調がいい。
ストーリーは平凡。
人生に失望した自殺未遂の女性が精神科病院に運ばれる。
周りにいる人たちに影響を受け、もう一度人生をやり直したいと思うというもの。
いくら精神病の人とはいえ、周りにいる人のキャラが極端すぎる。
ただただ周りが人生について教えて、それをすべて鵜呑みにしながら受け入れて、そして立ち直っていく。なんと波のないストーリー展開か。
おそらく、

これは本で読むべき物語なのだ。

2010/1/16 @CS

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
うえあおい

2.5ロケ地の選択が良い

k.moriさん
2015年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

パウロコエーリョの原作。原作はまだ読んでいないが、原作のイメージとはいささか違うのではないかと感じられる。

ロケ地は長野中心であるらしいが、どこも非常に美しく表現され、個人的にはこの映画の大きな魅力にひとつ。

真木よう子が美しい、という以上に、魅力的である。彼女が以降女優として成功した理由が分かる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
k.mori

3.5同い年ということで

Chisaさん
2015年10月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

幸せ

退屈な毎日にうんざりして自殺を図ったトワは、ギリギリ一命を取り留めてサナトリウムで目を覚ます。
しかし大量の睡眠薬のせいで心臓に負担がかかり、医師から余命一週間と宣告される。
改めて襲う絶望の中、一風変わった他の患者たちと触れ合ううちにトワの心に少しずつ変化が起こる。

真木よう子ほんと可愛いーーーーー♡♡
今より圧倒的に滑舌がいい気がする。
MOZUとかほんと聞き取るのが難儀だったし。

もう9年も昔の映画か。どうりで若いな。

「若い?・・・もっと若かった頃には、何かを選択するにはまだ早すぎると思ってた。けど今は、変わるにはもう遅すぎるって思ってるの。」

「一度若さを失ったら、あとはずっと下り坂になるだけ。シワが増えて、病気がちになって、誰にも相手にされなくなって・・・いいことなんかひとつもないじゃない。なんでもあるけど、なんにもないから。」

あるよねー。あるある。
28歳。女。いろいろなことがアレな時期。
人生の岐路に立たされて、あっちに行く友達もいればこっちに来る友達もいる。
何が幸せで、自分はどこに行きたかったのか、わからなくなって途方に暮れる時もある。
今後の人生、そう悲観することばっかりじゃないって頭ではわかっていても、誰しもふとした拍子に足を踏み外しちゃう可能性を孕んでいる。

昔、お世話になっていた人に、
「君は大丈夫、食いっぱぐれることはないから」
って言われた。
言った張本人はもうすっかり忘れているだろうし、何を根拠に?って感じだけど、常々ネガティブに飲み込まれそうになるとあの一言が私の中の楽観的な部分を引っ張り出して、元気付けてくれる。
トワも「もっと早く気付いていれば」と言っていたけれど、そういう言葉や経験にいつ出逢えるかで人生変わるんだろうなぁ。

ことばと、生きていく。聖教新聞。

って違うわ✋読んでないわ。

映画じゃなくて舞台でも面白くできそう。
サナトリウムと近くの街しか出てこないしね。
生の真木よう子、見てみたいなぁー♡

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Chisa

2.0なんだろ⁇

erieeさん
2015年8月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
eriee

3.0喜劇

2014年11月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

寝られる

うーん。真木よう子が綺麗なこと以外思い出せない映画。
あと、風吹ジュンのキャラが面白かった。
重い映画じゃなく「喜劇」です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タテスジコ

2.5面白くもつまらなくもない

前菜さん
2014年8月30日
iPhoneアプリから投稿

寝られる

真木よう子、きれいだった。
内容は面白くもつまらなくもなくて、
微妙…だった。
なんか意図がわからん、
ただ原作を読んでないのでちょっと読んでみようかな〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
前菜

2.0ある意味、笑える映画

howhowさん
2010年7月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

寝られる

あらすじも何も知らない状況で見ました。

基本的にはセリフ少なめで、
よくわからないまま始まりました。

なぜそこに居てるの?
どうやって助かったの?
そこは何なの?
この映画はファンタジーとしてみるのか?

とか考えずにありのままを受け止めて見ないとよくわかりません。
(幽体離脱的?なことが出てきます)

中盤になってもどういうストーリー(何がしたいのか?)か解りづらい、
脇役の中途半端な過去話が多くて、だらだらしてるので飽きてくる。

最後になってやっと、「ああ、生きがいを見つけたかったんか」と思ったけど、
その生きがいが自慰行為によって見つかるってどうよ?

何人の人がこの映画を本当に理解できるのかわからないし、
ある意味「笑える映画」かもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
howhow
「ベロニカは死ぬことにした」の作品トップへ