空中庭園のレビュー・感想・評価

メニュー

空中庭園

劇場公開日 2005年10月8日
5件を表示 映画レビューを書く

秘密にすべきことを話すということは、 話した方はラクになるけれど、聞いた方はつらい。

絶対に秘密を作らない家族。
理想だけど、知らない方がいいこともある。
秘密にすべきことを話すということは、
話した方はラクになるけれど、聞いた方はつらい。
本当に大切なことは、墓場まで持っていく。
自分の出生決定地なんて、親だけが知ってる秘密のままでいいんだ。

うえあおい
うえあおいさん / 2016年7月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

記念すべきAmazon Movieデビュー作

京橋絵里子(小泉今日子)は、子供の頃に自分の母親に大切にされなかった経験から、自分の家族には「一切の秘密を持たない」ことを義務付け、いつも笑顔を絶やさず、完璧な母親を演じていた。
家族も表向きはルールを守り、聞かれたことは包み隠さず答えていたが、実は夫には不倫相手が2人いたり、娘と息子は学校をサボりがちだったりと、偽りだらけだった。
そんな中、夫の不倫相手の1人が、息子の家庭教師として京橋家へやってくる。
ルールとは関係ないたった1人の部外者の登場により、家族の秘密がことごとく明るみに出され、いつの間にか嘘で塗り固められていた京橋家は粉砕される。
積み上げてきた理想が全て崩れ去っていき、絶望と孤独と憎悪を感じる絵里子。
しかし、押し殺してきた本音を漏らすようになったことで家族関係に変化が生まれ、自身の母親との過去にもついに向き合う。
それまで自分をがんじがらめにしてきた「思い込み」から解放されたときに絵里子の目に映る新しい家族の姿とは...

ずっしりくる映画だった。。。
いろいろ思い当たる節が多すぎて宇宙人くん宇宙人くん宇宙人くん

思い込みって、本当にあるから怖いよね。
全く疑うことなく持っていた自分の記憶を、たまたま人に話してみたら「え?それ違うよ?」って言われて、でも違うって言われてもだいたいの場合すぐには納得できなくて、何人かに聞いたり、証拠となるものを見たりして、やっと思い込みだったって気付く。
さらにそれに付随して他のいろんな記憶まで間違っていたことに気付いたりして、じゃあどこまでが正しい記憶なの?みたいな感覚になるわけ。

例えばAさんが自分のこと嫌いだったっていう記憶があったとして、Aさんとのやりとりは全部それを前提として成り立っていたのに、そもそもAさんは自分のこと嫌いじゃなかったっていう事実を急に知ってしまって、前提が崩れ去って、え?ってなるみたいな。

ほんとに怖いよ。記憶の改ざん。
私は思い込み激しい方だって改めて思った。
「家族の幸せのため!」って勝手に計画とかルールを決めて、高い理想を掲げて、その遂行に必死になって視野が狭くなって、人の意見を素直に聞き入れられなくて、発狂する、って絵里子と全く同じじゃん。
ま、発狂するところまで行くほど私は芯が強くないんだけどね。良くも悪くも。

ルールってある意味では大事なことだけど、ちょくちょく見直さないと変な方向に行っちゃう。
例えば小学生くらいまでは「秘密禁止!」で良くても、思春期になったらそれは通用しない。
ダメって強く言えば言うほど相手は反発するし、反発できなければ隠れてやろうとする。

いやー嘘はいけないね嘘は。
いつでも自分に正直でいたいけど、そうもいかないからなぁ。

定期的なルールの見直し。

これが差し当たって非常に重要と悟りました。

エンディングは原作と違ったような?
ゆうても原作あんまり覚えてないんだけど、ハッピーエンドじゃなかった気がする。
どこまでも救い用のない終わり方でなおさらゲッソリしたような記憶が。
これも無意識的な改ざんだったりしてな。

演出はすごいドラマチックというかエキセントリックだった。
数回あった血がいっぱい出るシーンは、現実なのか空想なのか曖昧でけっこう好きだった。
ラストの絶叫、私はもっとぎゃあああああああああああっていう断末魔の叫びっぽいのが好きだけど、でもきっとああいうタイプの女はああいう叫び方をするんだ、って妙に納得。

家族の闇。
子育ての闇。
私は越えていけるのかな。

Chisa
Chisaさん / 2015年10月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

監督に猛省を ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ごく普通のベッドタウンのマンションに暮らすごく平凡な一家には常に笑顔を絶やさない母親が居る。
母親は絶対的な‘王朝’を築き上げていた。
それは実に整然と作られた【庭園】や、家族が一同に食事するテーブルの上にある照明の【笠】は引っ越して来た時から彼女の‘心の監視カメラ’の如く存在し、家族の誰にも‘鍵’は持たさず‘秘密’は許さない。それは過去の自分と照らし併せて【家族を守る】とゆう強い意志の表れからで有り、住んでいるマンション自体がまるで‘王朝’の様でもある。
しかしこの家族は単に‘家族’を演じているだけに過ぎず、現に娘がナンパされる辺りから(入れ墨が象徴的だ!)崩壊し始め、誕生日の【王朝絵柄】を思わせるケーキを前にして遂に笑顔は消え失せ崩壊する。
この場面での緊張感は、その長回しと共にまるで『家族ゲーム』の横一列の食卓を意識しているかの様な演出である。
そして‘家族’とは‘母親’とは何か、見えない物が見えて来た時に‘王朝’の象徴だった【庭園】に人間の体内で一番大切な‘命の水’が降り注ぎ浄化されるのだ!

小泉今日子が素晴らしい。コンビニで振り返り笑顔を取り戻す場面は凄い。

最後に事件を起こした監督に猛省を。

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年3月30日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私、道徳って、恥の概念のことだと思うの ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「空中庭園」(豊田利晃監督)から。
角田光代さん同名原作の映画化、とあって楽しみに鑑賞した。
印象に残っているのは「道徳」に関する部分。
特別出演の永作博美さん扮する、変な愛人が一気に話すシーン。
「人間を人間たらしめているのは、恥。
恥を感じない人間は、猿と変わらない。
恥ずかしいと思うから、服を着るんだし、恥ずかしいと思うから、
人前でセックスしたりしないのよね。
私、道徳って、恥の概念のことだと思うの。
禁煙のバスで煙草を吸わないのは、なんで?
若い子の素足にいきなりしゃぶりついたりしないのはなんで?
恥ずかしいからでしょ? そんなことしたら。
だから、最も始末が悪いのは、恥という概念がない人間、
あんたのようなとろけた奴よ」
恥ずかしい、という気持ちが日本人に残っていれば、
日本の道徳は、またまだ捨てたものではないのだけれど。
偉人の話や感動の話を聞かせるのも確かに「道徳教育」だけど、
「恥ずかしい」という感情を、国民に教え直すことが、
道徳教育の一歩である気がしてならない。
家族の間でも「恥」という概念をもち、接することが大切だし、
「親しき仲にも礼儀あり」って、家族にも通用する言葉だと、
改めて認識した映画となった。
家族にとっても恥ずかしくない、夫・父親・息子でいたい。

shimo
shimoさん / 2013年6月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

秘密を持たない不自然さ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

小泉今日子という女優の魅力が改めて解った気がする。様々な監督が彼女を起用するわけだ。儚げな外見の下に隠れる狂気・・・。そんな女性をこともなげに演じられる彼女の儚げな外見の下にある確固たる情熱。アイドル時代には見られなかった大人の女性の“不確実さ”、それが女優・小泉今日子だ。本作に登場する“家族”は「秘密を持たない」のがルールの仲の良い家族。思春期の子供たちの前で、ラブホでエッチした経験を語れる両親。幸福な家庭像だが、何か違和感をぬぐえない。秘密のない人間など本当にいるのだろうか?案の定それぞれ大きな秘密を抱えていることが次第に明らかになり、何とか取り繕おうとしている母(小泉)は次第に追い詰められていく。母親に虐待され、学校でイジメられていた彼女の夢は「幸福な家庭を作ること」。それだけのためにあの手この手を駆使して、今の地位を築いた。家族の揃う食卓を整え、ベランダでガーデニング。完璧な笑顔(この笑顔が空恐ろしい)の裏に蠢く憎しみ・・・。しかしそれらの憎しみが「記憶のすり替え」によって自分自身を追い詰めていることを彼女は気付かない。赤い血の雨の降る心象風景の空中庭園(ベランダの庭)で絶叫する彼女の狂気を前に、私はただただ祈った「家族が、誕生日プレゼントを持ってもうすぐ帰ってくるから、どうか早まったことをしないで!」と。本作を観ると、人が「秘密」を持たないことの不自然さがよく解る。人は誰もが「秘密」を持っている。「秘密」を持つことによって、人に対しての配慮や思いやりが生まれる。「秘密」を持たないあけすけな心は、大切な人の心もすり抜けて行ってしまうのだ・・・。

Chemy
Chemyさん / 2011年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報