草の乱のレビュー・感想・評価

メニュー

草の乱

劇場公開日 2004年9月4日
2件を表示 映画レビューを書く

郡上一揆のあと

また一揆か?と思ったがグレードアップした内容で神社での決起から
飛び出して行く様は人数も凄く(制作費から考えても)多くてちょっとビックリした。

詳しく紐解かれない歴史を映画化した形ではあるが、郡上一揆を観て数年後にこの作品がでたので「似たような…」と思ったがこういった内容の作品はまず製作されない。
普通にメジャーで公開される作品ではない。
小説でヒットしたカッコいい集客が見込めるテロ映画は幾らでも作られるが…。
流行らないこの内容ではあるが熱くるしいくらいの思いは伝わる。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2019年4月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:映画館、試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

隠れた歴史を知りたいなら ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

隠れたというか、意図的にあまり話題にされないが、けっこう日本史としては重要だろう、ということがかなりある。

秩父事件を描いたこの映画その秩父事件が最大の武装蜂起となった、自由民権運動に単を発する一連の反体制活動
体制側からすればテロ、と考えただろうが

とか知ったかぶりしてますが私も秩父事件というものをほとんど知りませんでした。
この映画をみてしばらくしたころ
日暮里駅近くに谷中墓地という広い墓地があるんですが、これがけっこう有名人や徳川家のお墓があるちょっと特殊なところで
どこに誰が葬られてるか、案内板があるんですね。

それである区画に
加波山事件により死罪となった数名のお墓がある。
ちょっと名前忘れたが
加波山事件?死刑?なんかただ事じゃないなあと
そこから少しずつ調べ始めました。

加波山事件というのは明治初期、自由民権運動弾圧で悪名だかい三島県令爆殺未遂事件
秩父事件はその後に起こった主に農民による武装蜂起です。
うーん。何しろマイナーになってる歴史だから説明も難しいな(笑)

まあ、要するに明治維新のあとまず元武士による反乱があって、その後重税やらに堪えかねた農民や自由民権運動家による反乱もいくつかあったんですね。

この映画自体はあまり分かりやすいとは言えないが、明治維新後はそんなにきれいごとばかりじゃない、犠牲になった人間が山ほどいる
ということに気づくとっかかりとしてのいい作品だと思います。

なんかうまく説明できんな〜
ちなみにこの神山監督のこれの前の映画
「郡上一揆」
はあまりにバツが悪いいわゆるバッドエンド鬱エンドすぎておすすめしない

この「草の乱」もバッドエンドなんだが、歴史上重要なことだと思うのでみるべき
特に埼玉人はみるべき、誇りに思うべき。

守銭奴
守銭奴さん / 2018年3月1日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報