劇場公開日 1999年6月5日

「追悼・高倉健 (ほとんど映画のレビューじゃありませんが…)」鉄道員(ぽっぽや) 近大さんの映画レビュー(感想・評価)

3.620
20%
49%
24%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5追悼・高倉健 (ほとんど映画のレビューじゃありませんが…)

近大さん
2014年11月18日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

泣ける

幸せ

高倉健さん死去。
突然の訃報にただただびっくり。

「日本侠客伝」「網走番外地」「昭和残侠伝」などの任侠映画シリーズでスターとなったが、さすがにこの世代じゃない。
映画館で初めて“映画俳優・高倉健”を観、感じたのも、「鉄道員 ぽっぽや」だった。
なので、追悼作品チョイスも自然とこの作品が浮かんだ。(山田洋次とのコンビ作二本も捨て難いが)

廃線間近の北海道のローカル線で、鉄道員一筋に生きてきた乙松。妻が亡くなった日も、幼い娘が亡くなった日も、駅に立ち続けてきた乙松に、奇跡が訪れる…。
一人の男の生き様が心に染み入る、さながら雪国のファンタジー。
この年、最もお気に入りの一本となった。

よく高倉健の演技を、どれ見ても同じと言う意見は多い。
でもでもでも、「幸福の黄色いハンカチ」や「鉄道員」など、もし高倉健でなかったら、あれほどの画になっていただろうか。
僕は高倉健の映画や演技を、“高倉健は何を演じても高倉健だが、やはり高倉健でしか成り立たない”と思っている。
演技派、個性派は沢山居るが、出ただけで画になる人は今の日本映画界にほとんど居ない。
正真正銘の銀幕スター。

寡黙で不器用がほとんどの人が持つ高倉健のイメージ。
実際はユーモア溢れ、悪戯小僧でもあったという。
「幸福の黄色いハンカチ」撮影時、武田鉄矢と桃井かおりを別荘に招き食事を振る舞いながら溜まったグチやストレスを発散させたかと思いきや、実はそれをこっそり録音していて、「昨日こんな事言ってなかったか?」と悪戯したり。(先日武田鉄矢が出演した波瀾爆笑より。これには笑った)

「あなたへ」の宣伝でスマステに出演した際、緊張する香取と草なぎの両名を、「TVタックルのスタジオに行きたかった」とユーモアで和ましたり。

「単騎、千里を走る。」撮影中、エキストラにも謙虚に丁寧に接し、チャン・イーモウ監督は「中国の大物俳優にこんな人は居ない!」と感動したとか。

義理人情に厚く、誰に対しても心遣い、気配りを見せ、大スターなのに壁を作らず。
知り合ったら誰もが好きになると言われた高倉健。
知れば知るほどその人柄に惚れる。
銀幕スターではなく、人としてのお手本。

新作を準備中だったという。
今の今まで健さんを銀幕で見れたのは映画ファンとして喜び。
ご冥福お祈りします。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
近大
としぱぱさんのコメント
2014年11月20日

こんにちわ。
コメントありがとうございます。
遅ればせながらレビュー1000突破
おめでとうございます。
私も700本目のレビューがコメント
頂いた作品でした。

本当に惜しい人を無くしましたね。
思うにTVにあまり出ずに、スクリーンの
中でのみ観ることが出来る貴重な名優でした。
後継者はいないと書きましたが、
今では渡辺謙が少し近いかもしれませんね。

冥福を祈るばかりです。

としぱぱ
「鉄道員(ぽっぽや)」のレビューを書く 「鉄道員(ぽっぽや)」のレビュー一覧へ(全20件)
「鉄道員(ぽっぽや)」の作品トップへ