劇場公開日 1978年7月8日

人妻集団暴行致死事件のレビュー・感想・評価

3.31
25%
25%
25%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全1件を表示

5.0抑制と省略が行き届いた、ハードな成瀬的作品

2009年6月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

日活ロマン・ポルノ時代の名作の一本なのだが、題名が題名だけにあまり評価されてはいない。しかし、私の中では日本映画の歴史でも、これは名作の一本だ。

名作の理由のひとつは、まったく説明的なセリフがない、状況と仕草だけのきれいに省略された、佐治乾の見事な脚本だ。無鉄砲で甘ったれた若者たちと美しい妻をもつ河舟の主人の関係性を、特に説明をすることなく、物語の流れの中だけで観客に理解させてみせるのは、本当の脚本のあり方として高く評価されていいと思う。この作品の脚本は、「日本シナリオ大系」にも掲載されているので、脚本家を志す人にはぜひ一読をすすめたい。

その脚本を生かした田中登の演出も、ポルノ映画なのにハードなものもなく、淡々としたもので好印象をうける。それでも当時の一般映画よりかは少しハード(今の映画のレベルから観ると一般映画となんら変わりはない)だから、抑制された作品が多い成瀬巳喜男に匹敵する演出力を見せていると言っても、私は過言ではないと思っている。

河舟の主人が室田日出男、無鉄砲な若者のひとりに古尾谷雅人と、名優がそろい踏みなのだが、その二人とも鬼籍の人となった。その意味でも、この作品は貴重だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
こもねこ
「人妻集団暴行致死事件」の作品トップへ