ハワイ・マレー沖海戦

劇場公開日

解説

昭和十七年(1942)に海軍省の後援で製作された国策映画で、監督はこの前年、「馬」を発表した山本嘉次郎。1968年1月27日再映。

1942年製作/115分/日本
原題:The War at Sea from Hawaii to Malaya
配給:東宝

ストーリー

昭和十一年、海軍兵学校の生徒、立花忠明は休暇で帰省した。忠明はその時、従弟の友田義一が海軍少年飛行兵を志願しているのを知り、義一の頼みで、志願を許してくれるよう義一の母を説得した。翌年、義一は土浦海軍航空隊予科練習部に入隊、厳しい訓練を受け始めた。昭和十四年、義一は予科練を卒業して海軍飛行隊の一員となり、一人前の操縦士となるための猛訓練が毎日の日課になった。そんな中で義一は親友を夜間訓練で失ったが、親友の死を嘆く間もなかった。日本と英米間に暗い影が忍びよっていたのだ。昭和十六年の秋、義一たちを乗せた空母がひそかに基地を出航して行った。乗組員に行先は知らされていなかった。数日後、乗組員が聞かされたのは、十二月八日未明にハワイ真珠湾を攻撃するという命令だった。その日、空母を飛び立った大編隊は、見渡す限りの雲海の中を進んでいた。突然、雲の小さな切れ目から、真珠湾口が光った。そこには米太平洋艦隊の主力が、静かに停泊していた。やがて、義一たちの雷撃隊、急降下爆撃隊、水平爆撃隊の大編隊の奇襲攻撃が始った……。一方、仏印飛行場では忠明らの中攻大編隊が、「英国艦隊主力二隻発見」の報に飛び立ったが敵艦を発見出来ないままに帰還しなければならなかった。しかし、その後、潜水艦の情報で、再び忠明らは飛行場を飛び立った。やがて、忠明らの編隊は眼下に敵艦を発見、たちまち、激しい戦いが始った。不沈艦を誇ったプリンス・オブ・ウェールズは死闘をつづけながらも、何本もの魚雷攻撃を受けて、ついに艦首から海にのまれていった……。こうして日本は連合国を相手に、第二次世界大戦の真っただ中に歩んでいったのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5純朴な農村青年を皇軍飛行士へ錬成する国策映画は"フルメタルジャケット"どころか"トップガン"ばりの青春譚?!

2022年8月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 戦中当時の海軍省主導の国策映画、ということで皇国史観を背景とした銃前銃後のあらゆる面での戦争全肯定と強烈な精神論を事前に覚悟し、実際相当程度それは有るのですが、一人の飛行機に憧れる農村青年の自己実現とそれに伴う苦悩を描く青春映画の色合いも強く、終盤のミニチュア特撮の爆撃と航空機の迫力も戦後特撮へ繋がる片鱗を感じます。
 今回全編通して視聴してみてまず感心したのが、今の時代でもそれと解るような青春映画としての確固とした外殻を持っている点です。特に主人公義一と同郷の先輩立花との邂逅のシーンは作中時間を経つつ二度繰り返されて丁寧に描かれており、お互いの健闘を称えて互いの高みを目指す姿はまさに夏空のように爽やかです。
 一方で非常に明るく健全過ぎる軍隊生活が描かれており、戦後の作品で見られるような、単なる位階のみならず人間性まで縛り付ける理不尽な縦社会や陰惨な私的制裁は一切描かれていません。
 しかしながら海軍省が国威発揚と志願者募集のために製作した映画、ということなのでそうした暗部を隠すのは当時であればなおさら已む無し、という気もしますし、たしかこの前々年公開の同じ海軍を扱った『海軍爆撃隊』ではその実際の過酷な環境の描写ゆえに志願者が減ってしまったことで本作で巻き返しを、という思惑があったという言説を読んだこともあります。
 全てが美化されているのは間違いないものの、それだけに戦中当時の理想が当時の技術と俳優の粋を集めて形にされた結晶のような趣があり、あらゆる現世の艱難辛苦に耐えて最後の最後に大立ち回りを演じて華と消えていく戦後の任侠映画はこの延長線上に有る、と言えるのかもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
O次郎(平日はサラリーマン、休日はアマチュア劇団員)

2.0海軍省検閲済

2022年8月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

昭和17年に作られた国策映画でミッドウェイ前。
特撮が円谷英二で、さすがによくできている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0「トラ・トラ・トラ!」のスタッフはこの映画を参考にした?

2021年5月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

日本の戦意高揚映画というものは
全てそうなのか私には判らないが、
“海軍省検閲済”と“後援海軍省”と
タイトルバック擬きでの表示があるだけで、
エンディングも含め、スタッフ・キャストが
一切表示されないのには驚かされた。

それにしても、この作品の中での、
神々に守られているという思い込みと
精神論を振り回す軍隊内空気感の描写は、
敗戦した理由を証明しているかのようだ。

“精神論”は力が拮抗している時は
有効でもあるが、国力の優劣に差がある時
の劣る国側にとっては、国民を苦しめる
有害な要素にしかならない。

一部の特撮シーンをGHQが記録映画と勘違い
したとのエピソードは眉唾物だが、
流石に円谷英二、戦闘シーンは
記録フィルムと特撮を併用しつつも、
戦艦が並ぶ真珠湾の俯瞰シーンや、
戦艦が轟沈する場面、
また、米軍機が炎を上げての墜落シーンは、
時代を考えると驚くべき特撮技術だ。

この映画は、
ノンフィクション「黒澤明VSハリウッド」
→「トラ・トラ・トラ!」
→「ハワイ・マレー沖海戦」の流れで鑑賞した
が、注目すべきは、
真珠湾での戦艦雷撃
~飛行場空襲
~戦闘機のドッグファイト
との流れはあまりにも「トラ・…」に
極似していることだ。
「トラ・…」のスタッフは、
この映画をかなり参考にしていたのでは
ないかと想像したのだが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
KENZO一級建築士事務所

4.021世紀の現代においては、第一級の反戦映画になっているように思える

あき240さん
2019年12月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

戦争プロガパンダ映画といえばそれまで
ディズニーだって戦意高揚映画を撮っている
どこの国だって同じことだ

本作が有名なのは特撮による海戦シーンが円谷英二の名を世間に轟かせたことだ
ゴジラで世界的に彼の名前は有名になるが、その技術はほとんどもうこの時代に開発されていたことに気づかされるだろう

本作には美術に円谷にまねかれて東宝に入社した渡辺明が参加したことでも有名
以後、渡辺明は円谷のもとで特撮美術の縁の下の力持ちとなる
実物大の空母の飛行甲板と艦橋のセットを使った撮影の見事さは彼の功績だろう
海軍省の肝いりにも関わらず、撮影には軍事秘密として全く協力を得られず手探りでここまでの美術セットを作り上げたのだから見事なものだ

後年のトラ!トラ!トラ!でオマージュされているシーンも多いことに気づかされもするだろう

とはいえ本作の前半は特撮なしのドラマパートだ
ハワイマレー沖海戦において活躍したパイロット達は、どのようなベストオブベストの若者達だったのか、いかに苦しい訓練を耐え抜いて育成されてきたのかを延々と見せることに半分の時間を割いている
17歳の初々しい原節子の娘振りも観ることができる

後半の半分は攻撃準備に明け暮れる日々を描き、海戦シーンは残りの30分に満たない分量しかない

少し物足りないのは確かだが、記録映像、実物大セット、そして特撮
これらが見事に融合して高い効果をもたらしているのは確かだ

そして戦意高揚のプロガパンダ映画
21世紀の我々の目からみれば痛々しいばかりだが、当時は当然のことながら至ってまじめそのもの
真剣にこのようなベストの人材が高いプライドを持って、全身全霊で戦争に打ち込んでいたのだ
そこにはプロガパンダではない真実がある

それゆえに、それでも勝てなかった、その衝撃の強さを感じる事ができる
時の運でも、戦意の不足でも、訓練の不足でも無い
兵器のレベルも開戦当初は世界最高レベルであったのだ
このような優れた人材を総て戦争につぎ込み、猛烈な訓練を経ても敗戦した、その衝撃の大きさが改めて本作を観ることで伝わってきた
戦火で焼け野原になって放心状態になっただけではない、自信喪失といったものを感じることができるのだ

それゆえに21世紀の現代においては、本作は第一級の反戦映画になっているようにすら思えた

山本嘉次郎監督、円谷英二特撮の戦中に於ける戦意高揚映画は本作の他にあと2作
1944年3月公開の「加藤隼戦闘隊」と同年12月公開の「雷撃隊出動」だ
何故か映画.com にはエントリがなくレビューを書けないのでこちらに記す

前者は陸軍の全面協力で実物の戦闘機や爆撃機、果ては鹵獲した敵機まで実際に飛ばして空中撮影までしている
後者もレイテ沖海戦で沈む直前の本物の空母瑞鶴から本物の九七艦攻が発艦するシーンを始め本物ばかりが登場する
どちらも特撮も素晴らしい
前者には助監督には本多猪四郎の名前もある
併せて観て欲しいと思う

単に戦意高揚映画と切って捨てられない戦争映画としてのクォリティーがある
特に後者は敗色濃厚な戦況を隠そうともしていない
本作製作の1944年11月時点では、もう日本海軍には艦隊戦力は壊滅していたのだ
もう特攻しかないのだというメッセージを放っており悲壮感すら漂っている
そういう意味での戦意高揚映画になっている

山本嘉次郎監督はその中で、米軍捕虜の口を借りて日本に勝つ道理が無いと語らせている
しかも大東亜共栄圏すら南洋の小島の例としてそもそも彼らはそれを望んでいないことまで暴露している
反戦映画といってよい
見事に検閲をかいくぐってみせたのだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ハワイ・マレー沖海戦」以外にこんな作品をCheck-inしています。