卓球温泉

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
8%
25%
59%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

家出した専業主婦が、卓球を通して、寂れた温泉地を復興させるまでを描いた人情コメディ。監督・脚本は「唐獅子姐御」の山川元。撮影を「CURE]の喜久村徳章が担当している。主演は「新居酒屋ゆうれい」の松坂慶子。

1998年製作/110分/日本
配給:東宝

ストーリー

家事に追われるだけの毎日を過ごしていた42歳の専業主婦・藤木園子は、生活に行き詰まりを感じて相談したラジオ番組のDJ・かなえにたきつけられて、初めての家出を決行した。彼女が向かったのは、かつて夫と訪れた山間の竜宮温泉。ところが、そこは客足が鈍り、今やすっかり寂れた温泉地に様変わりしていた。しかも、彼女が投宿した蓬莢屋は、実はそこの跡取りであるかなえの考えで、間もなく閉鎖されることが決まっていたのである。どんどん寂れていく竜宮温泉。そんな温泉町の起死回生の策として、ある日、卓球による町興しの案が高田屋の若主人・公平から出された。初めはただの客だった園子も、町の人たちとの触れ合ううち、その町興し作戦に一肌脱ぐことになる。卓球が得意な彼女は、「卓球大会」を企画。大会に向けて、町の若い衆に卓球の指導まで買って出るのであった。にわかに活気立つ竜宮温泉。そして、いよいよ大会当日。かなえの計らいでラジオの生中継がされることになった会場に、園子の夫・哲郎が姿を見せた。彼は、園子の家庭での存在の大きさに気づき、彼女を追ってきたのだ。そこで、ラリー競技に参加することになった園子と哲郎。ふたりは、かなえ・公平ペアと優勝を分け合い、同時に夫婦の絆を取り戻すことに成功する。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

2.0内容以上に窪塚にびっくり

soさん
2016年11月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

特に真新しさもないけれど、
普通に普通の映画としてよかった。

というか、窪塚洋介出てた。
ヨースケっていう名前でやってたの?
まさかこの映画から
ピンポンにつながる伏線だったのか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
so
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る