殺しの烙印

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
17%
44%
22%
11%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

新人の具流八郎がシナリオを執筆し、「けんかえれじい」の鈴木清順が監督したアクションもの。撮影は「続東京流れ者 海は真赤な恋の色」の永塚一栄。

1967年製作/91分/日本
原題:Branded to Kill
配給:日活

ストーリー

プロの殺し屋としてNO3にランクされている花田は、五百万円の報酬である組織の幹部を護送する途中、NO2とNO4らの一味に襲撃された。花田の相棒春日は倒れたが、組織の男の拳銃の腕前はすばらしいもので、危うく危機を脱した花田は、その男を無事目的地に送り届けた。仕事を終えたあとの花田は緊張感から解放されたためか、妻の真美と野獣のように抱き合うのだった。ある日、花田は薮原から殺しの依頼を受けた。しかも、四人を殺して欲しいというのだ。花田は自分の持つ最高のテクニックを用いて、次々と指名の人間を消していった。しかし、最後の一人である外国人を殺すのに手間どり、結局失敗してしまった。殺し屋に失敗は許されない。組織は女殺し屋美沙子を差向けてきた。家に逃げ帰った花田に妻の真美が拳銃を向けた。真美も殺し屋だったのだ。九死に一生を得た花田は美沙子のアパートに転げこんだ。そんな花田を美沙子は射つことが出来なかった。その夜、二人は殺し屋の宿命におびえながらお互いを求めあった。やがて花田殺しに失敗した美沙子は組織に捕われ、彼女を救いに行った花田は組織の連中と対決したが、そこに現われたのは、かつて花田が護送した男大類だった。大類こそ、幻の殺し屋といわれるNO1なのだ。大類は対決の場所として後楽園ジムを指定した。花田は腕は大類の方が一枚上であることを悟り、捨身戦法で対決しようと覚悟した。それが効を奏し、大類は花田に倒されたが、花田も大類の一弾を受けていた。ジムの中によろめき立っている花田の前に美沙子が現われたが、すでにその見分けのつかない花田は彼女を射った。そして花田も、「NO1は誰だ!」と絶叫してその場に崩れ落ちていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0映像の斬新さを楽しむ映画

あき240さん
2020年3月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

物語はなんとなくある
だがそれを追い求める映画ではない
映像の斬新さを楽しむ映画だ
こんな斬新なフィルムノワールの映画を日本の誰が他に撮れるというのか
いや世界を見渡したっていやしない
ヌーベルバーグの監督達が高く評価するのは当たり前だと思う

だけど、プログラムピクチャーとして一定の興行成績を収めることを求める立場なら何を考えてるんだとなるのは当然かも知れない
特典映像の宍戸錠のインタビューで、鈴木清順監督は本作でプログラムピクチャーの監督として落第の烙印を押されたと語っている

白米を炊飯する匂いに勃起するという設定が、無国籍の中にあって、映像的に辛うじて日本につなぎ止めている
これはアニメのルパン三世にも通じる工夫だろう

宍戸錠も素晴らしいが、やはり真理アンヌの印象で頭の中が一杯になってしまう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.0エースのジョーも清順には敵わなかったのか…

Haruさん
2020年2月5日
iPhoneアプリから投稿

宍戸錠が死んで、矢作俊彦が追悼文をA新聞に掲載した。だから観たんだけれど…鈴木清順が監督だとは思わなかった。相変わらずのわけのわからない映画になってしまっていたし、宍戸錠の苦笑が目に浮かんだ。
女に惚れてはいけないんじゃないのかエースのジョー。しかしこの情けなさがやけにしっくりくりしていたので鈴木清順はやっぱり凄いのか?はたまた、宍戸錠が間抜けなのか?いずれにしても、宍戸錠の役者としての行末をピタリと当ててしまった様な気がした。
痛みはやがて笑いになるのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Haru

2.0追悼・宍戸錠

kossyさん
2020年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

2.5まさに異端

mimiccuさん
2018年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

・飯の臭いが何より大好きなナンバーワンを目指す殺し屋が依頼に失敗して命を狙われるハードボイルドアクション
・唐突な展開に大胆な濡れ場、幾何学なカットの挿入などの癖のある映像の連続で一度は見る気を削がれるが、それが後々味になるのが鈴木清順の映画
・真里アンヌのエキゾチックな顔ぢからが画面に映える、裸の艶かしさも抜群
・水道管をはずして管の中から銃弾を撃ち込む、フロントガラスまるで無視の銃撃戦、火あぶりにあうアンヌ、殺しとセックスのサンドイッチ

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
mimiccu
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る