拳銃は俺のパスポート

劇場公開日

62%
25%
13%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

藤原審爾の原作『逃亡者』を、「帰らざる波止場」の山田信夫と永原秀一が共同で脚色し、「暗黒航路」の野村孝が監督したアクションもの。撮影はコンビの峰重義。

1967年製作/84分/日本
配給:日活

ストーリー

大田原組と島津組は横浜を根城に勢力を争っていた。殺し屋の上村が相棒の塩崎と共に横浜に現われたのは、大田原から頼まれて島津を暗殺するためである。綿密な計画と確かな腕を持つ上村は、ある日、マンションの屋上からライフルで島津を射殺した。上村は直ちに凶器を始末し、塩崎と車に乗ると、羽田空港に向った。高飛びするためである。しかし島津組も黙ってはいず、二人は脱出寸前のところで捕われてしまった。だが、塩崎の機転で逃亡に成功した上村は、大田原の秘書金子の指示で、大田原組傘下の津川組に逃げ込んだ。ところが、それと知った島津組二代目が上村たちのいる渚館を取り囲んだため、脱出は不可能となった。そんな時、上村は渚館のウェイトレス美奈と知り合ったが、美奈は水上生活者からはいあがった薄幸の女で、上村は彼女の暗い面影に惹かれていった。美奈がダルマ船に食事の配達に行くことを知った上村は、ダルマ船で脱出することを計画し、船長を口説き落した。しかし、その頃、塩崎は津川に殺されていた。大田原は上村たちが厄介になり、島津組と手を組んだのだった。島津組はその代償に、マフィア団との密輸交渉権を大田原に譲った。塩崎の死と大田原の裏切りを知った上村は怒り狂い、必死にとめようとする美奈を振り切って、三組の待つ埋立地に向った。上村は手製の時限爆弾を手に持っていた。ちょうど夜が明けようとする時刻、殺し屋や大田原、島津組二代目、津川を乗せたベンツが、上村に向って疾走してきた。しかし、上村ははねとばされながらも、強磁力の時限爆弾を投げつけた。そして数秒後、ベンツはふっ飛んだが、上村は、朝日が昇りはじめた埋立地を、虚し気に去っていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

5.0ベレッタは殺し屋ジョーの旅券

2020年3月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

新文芸坐の宍戸錠の追悼特集にて。

個人的には、日活の宍戸錠主演作品は、結構な良作ぞろいで、裕次郎の次に作品に恵まれていたと思う。

晩年に出たラジオやインタビューなどでも、宍戸錠本人が一番好きな主演映画に本作を挙げていた。

自分もDVDソフトも所有している映画だが劇場での鑑賞は今回が初めて。上映フィルムの状態は傷の目立つところにも有るが悪くない。

初めて観たのは、日活の名場面を集めた映画「アゲイン」で、あの超絶的ラストアクションを見せられたので、のちにテレビ放送で本編を観た時は、小林千登勢のウェットなドラマに違和感だったが、改めて見ると同じ袋小路のはぐれ者達の共感場面として悪くない。

ジュリー藤尾が、銃を撃たずギターで一曲歌うなどの昔の映画であるサービス感も嬉しい。

防弾メルセデスのデモンストレーションをする場面での強敵を連想させる巧みさや時限爆弾を作る際の緊迫感などの新しい試みも良い。

嵐寛寿郎や冷静な敵役の宮部昭夫やお坊ちゃん感のある若い杉良太などの役者陣も豪華。

一番の見せ場は、ラストの埋立地での、日活撮影所にある移動レールを全て使ったと言われる高速横移動撮影のガン・アクションと宍戸錠の素晴らしい体技のアクション、そして防弾車メルセデスとの息詰まる対決の迫力と余計な余韻がないキレのある終わりで傑作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミラーズ

5.0あぶない刑事より20年は古いのに本作の方がかっこいい!

あき240さん
2020年3月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

素晴しい日本のフィルムの傑作
銃器の扱い方の表現などハードボイルドでかつ無国籍な雰囲気は他の日本映画にない味わいがある
宍戸錠の抑制された演技、スタイルの良い体
現代の二枚目は足は長くてもひょろっとしている
いくらジムで筋肉をつけていても、宍戸錠のようなタフさがスーツを纏っているというような絵にはならない
脚本は色々荒いが映像の良さが全てをカバーしている
あぶない刑事より20年は古いのに本作の方がかっこいい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.0スーツ姿の殺し屋ジョー

散歩男さん
2020年2月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

67年モノクロ。日活無国籍アクション。

流れるジャズが実にクール。だが日本製ハードボイルドは所々が叙情的。ジェリー藤尾がギターで哀しげな曲を歌ったりする。脚本は雑で上手くないが、宍戸錠の存在感は一見の価値あり。

バトルの前の道具の念入りな描写とラストの乾いた空気が実にナイス。無国籍映画はこうでなくちゃ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男

5.0ジャパニーズ・フィルムノワールの傑作!です

2009年6月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

政財界の大物を暗殺した殺し屋が、暗殺を頼んだ側と大物側の両方から狙われ、最後に壮烈な対決シーンが...。重厚な演出で定評があった日活の野村孝監督渾身の一本。

 最初の暗殺シーンからラストの対決シーンまで、淡々としていて緊張感のある演出は、本家フィルムノワールの達人メルビルをも超えたか、と思うくらいの迫力。そして何と言っても、あまりしゃべらない殺し屋役の宍戸錠のニヒルな演技が最高!。小林旭の「渡り鳥シリーズ」とは全然違う、大人の男らしさも感じる仕草もたまらない。

 ラストの対決まで、殺し屋が仕掛けをつくったり準備をしたりするシーンは、ほとんどセリフがない。だから見る側も緊張しながらラストまで手に汗握って殺し屋の行く末を見届けようとする。「拳銃は俺のパスポート」は、フィルムノワールならではの静かな空間がいっぱいの、日本映画史上に残るアクション映画である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
こもねこ
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「拳銃は俺のパスポート」以外にこんな作品をCheck-inしています。