劇場公開日 1987年11月21日

「似ている男」永遠の1/2 kossykossyさんの映画レビュー(感想・評価)

3.01
0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0似ている男

kossyさん
2018年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 婚約者と別れて以来、ツキが回ってきたと思い込んでいた。娼婦に声をかけられ、「あなた、わたしとは初めてではないよね?」。競輪でもかなり儲けたし、出戻りの良子(大竹)ともすんありベッドイン。しかし、似ている男と間違われ、ボコボコにされてしまう。

 似ている男・野口修治の幻影を追いかけながらも、良子との蜜月を過ごす宏。そんなところへ女子高生のいづみ(中嶋)が現れる。彼女もまた修治を追いかけていたのだ。ペテン師ぽい人物の修治の相手が女子高生という設定はイマイチだけど、中嶋の可憐さに免じて許してしまう。

 似ている男によるトバッチリはそれほど面白くないし、中途半端でもある。もしかして時任による二役で結末を迎えるかと思えば、これが全く似てない男。背格好は一緒だ(この野口が実はSABU監督という驚き)。

 「いつまでたっても何かの半分なんだよな」というタイトルの意味。これが似た男の存在によって意味を深めてくるけど、良子による「この人、本当に言いたいことを言えない」というのも彼の性格を表している。これを考えるとラストの傘のシーンも意見が二通りに分かれることも、どちらかというと明るい方向に進むと思う。彼女の性格からしてついていくだろ・・・

 バツイチという言葉も生まれていなかったバブルの初期。「出戻り」なんて言葉が使われていたのも懐かしいが、そのバツイチという言葉が大竹しのぶと別れた明石家さんまが使ったことから流行したというのも面白い(?)。

 『ファイト・クラブ』『シークレット・ウィンドウ』『シャッター・アイランド』と比べるなんてのはおかしいぞ!

ヌード:田中こずえ、大竹しのぶ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
「永遠の1/2」のレビューを書く 「永遠の1/2」のレビュー一覧へ(全1件)
「永遠の1/2」の作品トップへ