あいつと私(1961)

劇場公開日:

解説

週刊読売連載の石坂洋次郎の原作を「都会の空の非常線」の池田一朗と中平康が脚色、「あした晴れるか」の中平康が監督した裕次郎回復後の第一作。撮影は「ろくでなし野郎」の山崎善弘。

1961年製作/104分/日本
原題:That Guy and I
配給:日活
劇場公開日:1961年9月10日

ストーリー

都心から離れた専明大学。ここには若さと明かるさと太陽だけがあった。黒川三郎はそういう学生の中にあって特に野放図でくったくのない男だった。だから、授業中にうっかり「夜の女を買った」と喋ったため、女生徒の吊し上げにあい、プールに投げこまれてしまった。びしょ濡れの三郎を家が近くだという女生徒浅田けい子が父の服をかしてくれることになった。けい子の家は、父親の他は女ばかり七人。三郎を大いに歓迎してくれた。三郎の家は反対に父母と三人暮し、母親のモト子は有名な美容師で、することなすことが並はずれてスケールの大きなスーパーレディ、園城寺という恋人もいる。父親の甲吉はその偉大な夫人のヒップの後にかくれているような気の弱い男だった。だが、みんな型にはまらず個性的でカラッとしていてけい子は感激した。三郎とけい子はこの機会を通じて仲良くなっていった。夏休みが来た。三郎やけい子たち五人のクラスメートは東北地方を廻って軽井沢にある三郎の別荘までドライブを決行した。軽井沢についた晩、突然、モト子が円城寺と弟子の松本みち子を連れてやって来た。けい子は、みち子の三郎に対する態度にふと不審の念を抱いた。女の愛する者への直感だった。問いつめられた三郎は、みち子と以前に関係のあったことを告白した。けい子は泣きながら外へとびだした。後を追った三郎は、泣きじゃくるけい子を強引に接吻した。二人の仲はこれがもとでもっと強力となった。二学期が始まり秋風が吹く頃、モト子の誕生日がやって来た。けい子、円城寺、そして、モト子の昔の友達というアメリカでホテルを経営する阿川が久し振りに日本に帰って来て出席していた。楽しかったパーティも、阿川が三郎に“アメリカでホテルの後を継いでくれ”といったことからパーティはメチャメチャとなった。三郎はモト子と阿川の間に出来た子供だったのだ。翌日、モト子はすっかり元の陽気さを取り戻し、三郎も出生の秘密を知った暗さなどどこにもみられなかった。三郎はけい子と婚約した。将来、三郎とけい子はアメリカに行くかも知れないのだ。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

4.0台詞の密度がシン・ゴジラ超え!

2023年8月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

確かに石坂洋次郎の話は議論のシーンが多いが、こんなに大量の台詞かつ早口とは。よく舌噛まないな。とにかく男も女も皆一歩も引かぬ議論好き。安保世代はこの程度のコミュ力を当然のように持ち合わせていたのだろうか。とは言っても無神経な男を軽蔑しつつ結局惹かれていく女という構造は昔も今も変わらないんだね。それにしても1960年と言えば高度成長期がやっと歩み出した頃。すでにこんなブルジョアが普通に存在したとは、さすが三田文学。学生時代にあんな車乗り回したかったよ。ところどころ鼻につきつつも何か眩しく憧れてしまうのは裕次郎や芦川いずみたち元祖青春スターの爽やかさの所以なのかな。居並ぶ大女優達の若くて可愛い時代を鑑賞できただけでも儲け物か。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
あっきー

2.0金持ちお坊ちゃまの道楽三昧

2020年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

石原裕次郎扮する黒川三郎は、大学のクラスで小遣いを使って夜の女を買っていると発言したので大騒動になった。プールに落とされた三郎は、芦川いづみ扮する浅田けい子の家に立ち寄ってご飯を食べた。その後にデモ隊に合流。大騒ぎさ。金持ちお坊ちゃまの道楽三昧にちょっといらつくところもあったね。芦川いずみはショートヘアでなかなか美形だが、妹役の吉永小百合はやはり可愛さが際立っているね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
重

3.0芦川いづみがキレイ

2020年9月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年9月26日
映画 #あいつと私 (1961年)鑑賞
#石原裕次郎 主演の映画ですが、裕ちゃんの魅力満載というよりも、新しい時代の女性、若者、家族を描いた映画なんだろう
「~してよくってよ」のセリフがよく出てくる
と言いながら、「不潔よ!不潔だわ!」を連呼するようなところもあり、時代を感じる

コメントする (0件)
共感した! 0件)
とし

3.5石原裕次郎と芦川いずみの、開放的な交際と行動力が羨ましい

2020年8月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

・大学生の男女間交際と、安保闘争の映画
  → 観てて楽しくて良かった
・自分の周りに、こういう人達がいなかったので、羨ましい
・今でも、こういう交際している男女がいるのだろうか
  → 男女2人だけでなく、家族が肯定的なのが開放的で凄い
・黒川家も浅田家も、お手伝いさんがいる上流家庭なのに
  勉強・勉強と子供を叱咤しないのが凄い

コメントする (0件)
共感した! 0件)
KEO
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「あいつと私(1961)」以外にこんな作品をCheck-inしています。