エリザベス ゴールデン・エイジのレビュー・感想・評価

エリザベス ゴールデン・エイジ

劇場公開日 2008年2月16日
28件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

Only England stand against him. 圧倒的存在感。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ケイト・ブランシェットの圧倒的な存在感が見物だった前作より更に存在感が増した「エリザベス」の続編です。いやいや本作も面白かったです。

何はともあれケイト・ブランシェットですよね。女王としての凛々しさと女性としての弱さを見事に表現していたと思います。メアリー・スチュワートの処刑のシーンでの取り乱しっぷりや、ベスの妊娠を知った時の嫉妬っぷり等貫禄の合間に見せる女性らしさがお見事でした。

ケイト・ブランシェットはもちろんですが、メアリー・スチュワートを演じたサマンサ・モートンも良かったですね。暗殺計画がバレた時のシーン。もうどうしていいのか分からなくなってる感じが凄い伝わってきて印象的です。

クライブ・オーウェンは渋くってカッコいいですね。最近観てない気もしますがお元気なのでしょうか?前作に比べジェフリー・ラッシュがやたら老けてる!そうそう、今ではビッグ・ネームのエディ・レッドメインが出ててビックリしました!まだまだチョイ役な頃の作品ですね。

そして本作でも衣装といいセットといい、豪華絢爛です。戦闘シーンがあっさりしているのは前作と一緒なのですが、本作が重きを置いてるのはそんな所ではないですしね。あくまでも本作はヒューマン・ドラマ。エリザベスの苦悩と決断、そして人間らしさが十二分に伝わってくる大作でした。

しかし、1500年代後半の頃ってスペインが覇権を握ってたんですね。今となってはヨーロッパの中でも影が薄い印象ですが。まぁ、そういったらイングランドも最早大国のイメージがないので盛者必衰を感じます。現在はアメリカも勢いが衰え、日本も衰退している真っ最中ですしね。特に日本は超高齢化し過ぎててホントに未来がない。ヤバいです。そんな事を歴史上の大国の移り変わりを観ながら考えてしまいました。

アキ爺
アキ爺さん / 2019年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クイーンたる美しさに魅力される

個人評価:3.9
ケイト・ブランシェットの神々しさを最も感じられる作品。
前作から約8年後にでた2作目。
前作からさらに気品や貫禄が増し、エリザベス1世を演じるに足る女優だと感じる。他の女優ではこの女王の内なる気品や気丈さは表現できなかったろう。
歴史映画としても楽しめるが、ケイト・ブランシェットの透明感ある美しさを最も表現できている映画だ。

カメ
カメさん / 2018年11月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わたしの名前はエリザベスよ!と言ったのは山田花子

 16世紀のイギリス史はややこしい。なにしろメアリー女王が他にもいるからなのです。この映画に登場するのはスコットランド女王メアリー(サマンサ・モートン)であって、エリザベス1世のの先王ではない。プロテスタントの指導者を次々と処刑した性格は“血まみれのメアリー”とも呼ばれ、カクテルのブラッディ・マリーの語源ともなったほど。

 そしてこの時期の歴史は宗教上の対立なくして語れない。イギリスにおいては、エリザベスの父であるヘンリー8世の離婚問題を機に、法王から独立してイギリス国教会を作ったのが最初であり、ルター派やカルビン派のような庶民に受け入れられる新派ではなく絶対王政を確立するためのキリスト教だった(エリザベス時代にカルビン派の儀式を取り入れたようです)。トマス・モアの処刑にまで発展した王の離婚。そして新しく迎え入れられた王妃こそエリザベスの母親アン・ブーリンだったのだ。この辺りは映画『わが命つきるとも』を観るとよくわかる。

 とにかく国内にも国外にも敵が多いイングランド。しかし絶対王政を築きあげるためには「イギリスと結婚する」と宣言して、ヴァージン・クイーンを名乗らなければならなかった。求婚相手にも動ぜぬ態度をみせつつも、家臣の頭をポカンと殴ったりするところに、彼女の焦りさえ見えるところが面白い。格調高く、威厳を保つ姿。そして華やかな衣装や腹にまで響くような演説をするケイト・ブランシェットは魅力的に映るのですが、ヴァージン・クイーンは嘘だろ・・・などと、前作でジョセフ・ファインズが演じたロバード・ダドリーを思い出す。

 全体的にエリザベス1世が美化されすぎてるような気もするけど、常に暗殺の危険に晒されてるところには感情移入してしまう。ウォルター・ローリー(クライヴ・オーウェン)に惹かれたのも、殺伐とした宮廷で彼ならば守ってくれるんじゃないかと本能的に感じ取っていたのだろうか。ネットで調べてみると、このローリーは探検家として有名な実在の人物ですが、スペイン無敵艦隊で活躍したわけじゃないし、海賊としてスペイン船から略奪を繰り返していたのもドレークという人物。ややこしくなりすぎるので、一緒にしてしまったかもしれません。

 期待していた無敵艦隊との壮大な海戦スペクタクルはいつのまにか終わっていたました。実はエリザベスが魔女で、嵐を呼び寄せたのか?などと想像する暇もなく、エピローグでおしまい。もしかするとトマスによる暗殺シーンが最もスリリングだったのかも・・・

kossykossy
kossykossyさん / 2018年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

む、、、

難しい…私がバカなのでしょうか…説明が足りないと言うか、全然、誰が誰なのかわからなくて…
暗殺や拷問シーンがなんでそうなったのか物語だけではわからない…学生でちょうど昨日授業で習ったのであらすじは分かりますが、これだけ観てもわからないと思います。事前知識は必須。私はこの作品だけ人に借りたので観てないのですが前作もたぶん先に観た方がいいと思います。
ケイト様がお美しいのが救いというか(ケイト様が出てるから観たのだけれど)、ケイト様だからなんとか最後まで見れました。

星道
星道さん / 2018年9月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

冗長な上に説明不足で意味不明

エリザベスというイギリス王女のはなしです。 処女王と呼ばれた中年女性のおばさんが活躍します。

非常に退屈でした。 前半は結婚、 後半は裏切りと戦争、 などのはなしでした。 冗長な上に説明不足で意味不明でした。 後半の戦争のみ、 多少の見ごたえがありましたが、 それも平凡な範囲に留まりました。 もう少しテンポの良いこうせいにして、 人物や世界情勢などの解説を入れなければ、 誰も理解できません。

Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん / 2017年9月23日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

英国の歴史を知らなければ

歴史背景を大まかに把握していれば楽しめます

女子大生
女子大生さん / 2017年6月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イングランドの歴史ここにあり

女性としての戸惑い、喜び、悲しさ、嫉妬、王としての誇り、強さ、恐怖、迷い、すべてここにある。二時間のなかによくこれだけぎっしり詰めて、息苦しさを感じさせない流れが作れるものだ。
わずかな表情のなかに、微妙な変化があらわれて、ケイトブランシェットはこの役で輝いている。何度見ても感情が揺さぶられる。こういう正統派の歴史映画を日本の歴史でもつくってほしい。

マッターホルン
マッターホルンさん / 2017年2月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

綺麗な人

学校の社会科の授業で勉強として
観たのであまり頭にはいってこなかった

主演の女優の人は凄く綺麗でよかった

お金がかかってそうでよく作られていた

s_k
s_kさん / 2014年3月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わたくしにだって・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「わたくしにだって嵐は起こせます!」

あのシーンに痺れてしまった。
黄金時代を築いた女王。
スペインの無敵艦隊を破った偉業。

ケイト・ブランシェットはまさにはまり役だね。

恋愛を求める人には物足りないだろうけど、懸命に女王としての責務を果たそうとするエリザベス、かっこよかったよ。

強い女として自分の中に深く刻まれています。

movietravelar
movietravelarさん / 2013年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

国家元首と一人の女という立場の描き方のバランスがうまい

総合:75点
ストーリー: 70
キャスト: 70
演出: 70
ビジュアル: 80
音楽: 75

 女王は国に責任があると同時に一人の人間でもある。国家の命運を描けば女王としての人間性に日が当たらず、ただの政治・歴史の映画になる。一人の人間として描けば、女王としての立場・義務が無視されてただの人の人生の話になり作品が安っぽくなる。政治的対立・宗教的対立・国際政治・政略結婚・軍事行動・陰謀といったものから、個人的親愛・恋愛・裏切りと心の傷といったものまで、この作品では両方の立場がバランスよく描かれていたと感じた。

 衣装・建物といったものの本物感はかなりのもの。撮影はこだわりが感じられる。映画なのだから当然のことながら動画なのであるが、油絵絵画の紙芝居を見ているようにも思えるようなちょっと重々しい雰囲気やちょっとした芸術性が全体として画面にある。それに合わせ背後で奏でられる音楽は、その画面の雰囲気をでしゃばりすぎないようにうまく盛り上げており、作曲者のバランス感覚に優れているセンスが感じられる。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スケール感が物足りない

ケイト・ブランシェットら主演陣の演技はさすがに巧い。また、エリザベスの衣裳やカツラの豪華さには目を奪われる。
ただ、侍女ベスと知的な海賊ローリーを交えた三角関係や、女王暗殺を企む幽閉中のスコットランド王女メアリーなど話を膨らませすぎたせいか、女王がなぜ身も心も国に捧げていったのか、彼女の外交戦略も含めていまひとつ見えてこない。
また、この作品を歴史スペクタルとするなら、最後の見せ場であるスペインの無敵艦隊との海戦シーンは迫力がなさすぎる。
さらにスペイン軍の上陸に備えた兵士たちに向かってエリザベスが馬上からゲキを飛ばすシーンがあるが、ここでも兵士たちの隊列にまったく奥行きがなくショボい。ただ、馬のタテガミの美しさだけに見入るばかりで、なるほど、この作品の取り得は“美”だけか?と思ってしまう。
画面サイズもシネスコではなくビスタでスケール感が物足りない。

マスター@だんだん
マスター@だんだんさん / 2010年4月2日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

優柔不断は、弱さのあらわれです ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「エリザベス:ゴールデン・エイジ」から。
(シェカール・カプール監督) [原題] Elizabeth Goldenage。
イギリスの映画らしく、言葉がシャレている気がする。
DVDが出たら、もう一度、映像を止めながらメモしたい、
そんな衝動に駆られた作品であった。
その中で、私たちの会話で使えそうな台詞を紹介したい。
エリザベス女王が、お婿さんのお相手選びをしている。
気乗りもしないのに、あの人もいいわね、この人も・・と
決めかねている女王に、侍従が横で呟いた。
「優柔不断は、弱さのあらわれです」
女王として、心の強さを求めているのかもしれない。
この台詞、いつも食べ物、飲み物で迷う私にはグサッときた。
今度、迷ったら、このフレーズを思い出そうっと。
そして私以上に「優柔不断」のあの人にも、教えてあげよう。(汗)

shimo
shimoさん / 2008年9月23日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作に比べたら遥かに劣る

イギリスの歴史をちょこっとでもかじったことのある人なら、この映画で描かれている時代があってこそ現代の世界があるというのがよ~く解ります。いわゆるスペインの無敵艦隊を破って、イギリスは海上の支配権を手に入れ、やがて世界の3分の1を支配することになるのですから。それがモノの流通につながり、まわりまわって日本にも及ぶわけです。

そんな重要な時代の伏線になる戦いを描くならもっときっちりと丁寧に大河ドラマばりのスケールでやってほしかったというのが本音。ストーリーは粗く、演出は脚色しすぎ。しかもエリザベス女王の人格造詣は妙にヒューマニスティックすぎる。あんなもろい人格から一転、スペインとの戦いの指揮をあたかもすべてとった風に演出されても、説得力なし。全体的にチープな中で、一級品のケイト・ブランシェットの演技はただ浮いているだけです。

あんゆ~る
あんゆ~るさん / 2008年8月17日 / から投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

女エリザベス

 偉大なる黄金時代の女王になってるかと思いきや、描かれるのは未だに空閨に煩悶する「女」エリザベス。どろどろとした情念で迷走する話は辛気くさいが、捨て難い味があるのも事実。ケイトが上手いからでしょう。反面相手役のC.オーウェンは退屈な芝居。出番は少ないがフェリペ二世役のジョルディ・モリャが憎々しく上手い。見直した。

 しかし、クライマックスの盛り下がりはどうにかならなかったのか。海戦はしょぼく、オーウェンはトロいし嘘臭い活躍ぶり、有名な女王の甲冑演説シーンは従う兵が少なすぎ!(『ブレイブハート』程度の人は集めろよ)

The Dude
The Dudeさん / 2008年8月8日 / から投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

背景を理解していれば・・・

歴史的な背景をしっかり理解していればもう少し面白く見れたのかも。
ケイト・ブランシェットの映画やね、完全に。

結末とか忘れてもうてるし。

とーま
とーまさん / 2008年7月27日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャリア女性への讃歌☆

ルネサンス期の黄金期を創ったエリザベスの姿を一人の女性として描いた作品でした。ヴァージンクイーンとして結婚もせず、出産もせず、でも人民の母になる、という大義のために身を投じる姿が終始一貫して描かれていました。

そのため、ストーリー性には欠けていて前編の18歳から25歳くらいを描いたエリザベスとの連続性は10年間くらい空いていて、エリザベスの35歳から40歳くらいを描いています。スコットランド女王メアリは既に幽閉されていて、彼女とのバトルもなく、忠臣ウォルシンガムも老年にさしかかり、死にかけています。そんな中でも前作より遥かに成長して、女王としてキャリアを積んで困難にも一人で立ち向かえるエリザベスの姿は賞賛に値するものでした。

とくにアルマダの海戦で迫りくるスペイン艦隊を前に小国の女王として兵を鼓舞する姿は自分はイングランドと共に生き、イングランドのために終始尽くす、という彼女の皆へのメッセージでもあり、一国の君主として理想の姿でした。

・・・でも海戦の見せ場はなく、スコットランドのメアリも自分をあまり主張せず、、、華やかな見せ場がなく、場面は急速に展開。。。

最後のオチが結婚も子供もいないけど人民の母になります、私。
というものだったのでエリザベス個人の人生を描いたものなんだと自分を納得させて帰りました。

miho
mihoさん / 2008年3月26日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ローマの休日

好奇心のある一人の女性、しかし立場をけっして忘れないそして個人としてはせつないものもある。身分の違う体験をしてこれからの人生に役立てていけるものをしっかり掴んだような感じを受ける。

山紫水明
山紫水明さん / 2008年3月21日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

貫禄ですね…。

 何と、前作から10年ですか?!月日の経つのは早いもんですね~。
 歴史が好きな人には、堪らん映画ですね~。吾輩も歴史好きなんですが、今回はあまり予習をせずに観に行ってしまったのが、少々残念だったかな~と。いや、充分面白かったんですが、この時代のことをもう少し予備知識として仕入れてから行っておけば、更に映画を楽しめたんじゃないかなあと思いましたので。
 ケイト・ブランシェットは、前作に続いてホントに適役ですね。“ヴァージン・クイーン”を貫禄たっぷりに演じています。10年前に続いて、今回もこの役で“アカデミー賞・主演女優賞”にノミネートされています。前回の時はグウィネス・パルトロウに負けました(あの時、何でグウィネスだったのか、吾輩未だに理解デキんのですが…)が、今回はどうでしょうか?こうなってくると、「アビエイター」で、お茶濁し程度(吾輩は勝手にそう思ってます(^^;)に獲ってしまった“助演女優賞”ってのが、値打ち無くなってきますな~。
 ところで以前、ウォルシンガム役のジェフリー・ラッシュが『このシリーズの第3作に出演する』って言ったらしいんですが、今回の終わり方なら…ムリじゃん!(^^;

mori2
mori2さん / 2008年3月19日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界史が苦手でも大丈夫です

う〜ん、なんとも壮大で素晴しい映画でした(^o^)
豪華な衣装や舞台セットも素晴しいのですが、お話自体もとても良く出来ていて、飽きる事なく観れました。
エリザベスの女王として、またひとりの女としての苦悩、渦巻く陰謀などが上手く描かれて、とても深みのある作品になっています。
歴史に疎い方でも充分に楽しめます(私も世界史は、イマイチ判ってません(*´Д`*))
そして何と言っても、エリザベス女王を演じるケイト・ブランシェットの素晴しさでしょう!
女王としての風格、知性溢れる姿を見事に演じています。
何処から見ても女王としか見えませんw( ̄O ̄)w
更に、ひとりの女性として恋に悩み苦しみ、そして嫉妬するという人間的な面も見事に表現されていました。

フリーダ
フリーダさん / 2008年3月19日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ケイト様!

とにかくケイトの演技が素晴らしいです!エリザベス女王って、実際にこんな人だったかもしれないと思うぐらいの説得力。
ただ、女王という立場上、誰かを100%信頼することや誰かを愛することはかなり難しいらしい、ということもわかってそこはちょっと女性としては寂しい生き方かと思いました。

ちあき
ちあきさん / 2008年3月15日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

28件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報