「音と映像の絶妙な表現」ミルコのひかり シンコさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ミルコのひかり

劇場公開日 2007年9月8日
全2件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

音と映像の絶妙な表現

 テープレコーダーで集めた音の物語。
 シャワーの音は雨の音に、手のひらを指で叩くと滴が落ちる音に、唇を鳴らして蜂の羽音に……。
 それらを繋げると、雨が上がって、蜂が花に舞う、みずみずしいストーリーができ上がったのです。
 鮮やかな映像のイメージが立ち上がり、ぞくぞくするほどの感動を覚えました。

 空のドラム缶を吹くと竜の鳴き声に、工場の機械の音が恐ろしいお城の轟音に、ミルコは様々な音を創造していくのです。
 目をつぶっていても、生き生きとした世界が繰り広げられていきました。

 この映画は、音の美しさを教えてくれると共に、枠に捕らわれず可能性にチャレンジしていく、自由な精神の発揚を描いています。

シンコ
さん / 2008年6月17日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi