サイボーグでも大丈夫

劇場公開日

サイボーグでも大丈夫
13%
61%
13%
13%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督が、精神クリニックを舞台に患者同士の恋を描いたファンタジック・ラブコメディ。妄想病患者の青年イルスンが入院している新世界精神クリニックに、自分のことをサイボーグだと信じる少女ヨングンがやって来た。イルスンは彼女に興味を抱き、その行動を観察し始めるのだが……。主演は人気歌手のRain(ピ)ことチョン・ジフンと「箪笥<たんす>」のイム・スジョン。

2006年製作/107分/韓国
原題:I'm a Cyborg, But That's OK
配給:東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2006 CJ ENTERTAINMENT INC & MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

2.0パク・チャヌクでも大丈夫?

kossyさん
2021年10月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 『オールド・ボーイ』や『復讐者に憐れみを』等のパク・チャヌク監督。チャヌクにしては異質な内容だ。精神病棟の映画なども数多くあれど、ここまで風変わりなキャラは見たことがない。

 ヨングン(スジョン)の祖母が大根ばかり食べていたせいで認知症患者として保養所に入れられたときからヨングンはおかしくなった。冒頭のラジオを作る工場での出来事はインパクトあったけど、精神病院に入ってからの展開はずっと同じ調子。後ろ向きで歩く男だけは面白かったけど、他のキャラは面白みがない。

 結局は恋愛映画に発展するのだが、同じく軽度の分裂症患者イルスンが拒食症のヨングンに食事させることに奮闘する。だけど、サイボーグと信じている彼女に対して、食べ物をバッテリーに蓄える装置を背中に埋めるとか、そんなの健常人じゃなきゃ思いつかないでしょ・・・あのシーンではイルスンが医者に見えてしまった(笑)。

 まぁ、ファンタジックな世界ではあるし、妄想の中で、マシンガンのように指から射撃するシーンはチャヌクらしい。ただそれだけ。

 そんな中でもイルスン役のチョン・ジフン=ピ(Rain)が歌うヨーデルがなかな良かった。イム・スジョンの素顔は可愛いんだけど、映画では金髪まゆげで気持ち悪い・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5ラジオ

JYARIさん
2021年6月6日
iPhoneアプリから投稿

ファーストシーンが最高だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

4.0あら可愛い。 この監督、なんだかんだでラストは優しいよな。

2020年5月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

あら可愛い。
この監督、なんだかんだでラストは優しいよな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まるぼに

3.5やっぱりパク・チャヌク

αさん
2007年9月18日
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
α
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る