劇場公開日 2007年4月14日

クィーン : 映画評論・批評

2007年4月10日更新

2007年4月14日よりシャンテ シネにてロードショー

英国をより深く理解したい人には打ってつけ

派手な見出しに釣られて東スポを買ったら、中身は朝日新聞だった――。本作品はそれ位、良い意味で裏切ってくれる。“ダイアナ元妃の事故”が題材だが、描かれているのはスキャンダラスな事故の真相ではない。王室初の試み、元ロイヤルファミリーの国葬を営むことになった彼らの混乱ぶりだ。これは、立派な英国史である。その視点が新鮮だ。

振り返ればダイアナ妃誕生以来、女王は憎まれ役としてダイアナ版「シンデレラ物語」に存在していた。だが、しばし規定外の行動を起こす嫁に頭を抱える姑の気持ち、いや、50年以上も英国を司ってきた女王の立場を考えた事はあっただろうか。王室の伝統を頑なに守ろうとし、かつ、国民に動揺する姿を見せまいと苦悩する。当然、女王の胸の内はフィクションだが、緻密なリサーチを基に書かれた脚本とヘレン・ミレンの威厳ある演技が説得力あり。すっかり女王に共感し、ダイアナ元妃の見方まで変わってしまいそうだ。

それにしても、英国王室と言えばタブロイド紙の格好のネタだが、映画にまでしてしまうとはその勇気に恐れ入る。だが、決して王室に対する尊敬の念は忘れない。立憲君主制を執るお国柄はもちろん、そんな国民性までもがまるわかり。英国をより深く理解したい人には打ってつけの作品である。

(中山治美)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「クィーン」の作品トップへ