ワサップ!

劇場公開日

ワサップ!
0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロサンゼルスで最も危険な地域、サウス・セントラルを舞台に、パンクロックとスケボーに明け暮れながら自分たちの居場所を探し求めるラテンアメリカ系の少年たちを描いた青春ドラマ。キャストには現地の少年たちを起用し、死と隣りあわせの日々をたくましく生きる彼らの姿をリアルに映し出す。監督は、これまでにも「KIDS/キッズ」「BULLY ブリー」などでストリートに生きる若者たちの等身大の日常を描いてきたラリー・クラーク。

2005年製作/107分/PG12/アメリカ
原題:Wassup Rockers
配給:ファインフィルムズ,ハピネット

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

4.0スケートボードとハードコアパンクとマイノリティーな人種

2020年9月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

楽しい

興奮

「mid90s」を観たついでに久々に鑑賞。「KIDS」や「ガンモ」と共に10代の頃に繰り返し観たユースカルチャー系の作品。

サウスセントラルのゲットー育ちのラティーノ系スケボーキッズ達がスケボーをする為に高級住宅地ビバリーヒルズへ。馴染みのないリッチでセレブリティな白人社会を練り歩き、井の中の蛙達が大海を知ることになる奇妙な一日。ただの遊びが命懸けの社会見学に。有色人種の厳しい立場を身を持って学ぶことになる。LAの夜の街をスケボーで滑走するラストが爽快。そして疲れ果てた朝がやって来る。身も心もボロボロになって地元に帰還する。

劇中のハードコアパンクな音楽が最高にクール。当時サントラを買って聴きまくった。カジュアリティーズのポスターを背にバンド練をするシーンも堪らない。バンドを始めた頃にコピって練習したのが懐かしい。10代の頃に魅せられた作品。スケートボードとハードコアパンクとマイノリティーな人種。ラリー・クラークの撮る絵は大人になって見ても変わらずに美しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アントニオ・バンデラス
すべての映画レビューを見る(全1件)