劇場公開日 2006年11月3日

手紙のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全59件中、1~20件目を表示

1.5あらすじから連想されることしか起きない

2019年10月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

重くて良い話なのは分かってるんだから、映画なんだからもっと手練手管駆使して演出して面白く見せましょう。

ミスもありましたし。初めて会った人が、前から知ってるかのようにチラっと横顔見たから何かあるのかなと思ったら、普通に初対面だったという…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジンクス

3.0電気屋さんの会長の言葉がズシンと響いた

mittyさん
2019年10月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mitty

4.0重いテーマ

2019年10月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

杉浦直樹が出で来た辺りからの展開以降、言葉に出来ません。ただ、ただ目頭が熱くなるばかり

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おのもん

0.5とても嫌なストーリーです

2019年9月30日
PCから投稿

映画の品質以前で申し訳ないんですが、そても気分が悪くなる物語なんです。
東野圭吾にはこんな小説が多いんです。
何を訴えたいのか、よくわからないんですが、とても陰鬱でやりきれなくて意気消沈して胃が痛くなる話なんです。
とても不幸な気持ちになるので、私は、偏見ですが、嫌いなんです。
映画はみんな熱演されていて、すいませんが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.5これが現実

光陽さん
2019年6月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

これが現実なのでしょう。
主人公の親友と妻子の存在が唯一の救いでしたが、とてもやりきれない思いになりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
光陽

4.5私は実際に家族に犯罪者がいます。この映画のようにテレビで騒がれたり...

こなさん
2019年6月7日
iPhoneアプリから投稿

私は実際に家族に犯罪者がいます。この映画のようにテレビで騒がれたりネットで晒されるような規模のものではない軽犯罪でしたが、それでも人と付き合っていくことや将来結婚する時などに不安はあります。現実にこのような差別や葛藤がある人は思ったより多く、思ったより生きにくいです。色んな人に見て欲しいし、絶対泣くので次の日 用事がある場合は目が腫れるので注意しろよな!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こな

3.0ラストの小田和正の曲が流れるタイミングは狙いすぎw 役者がちゃんと...

やまはさん
2019年5月29日
iPhoneアプリから投稿

ラストの小田和正の曲が流れるタイミングは狙いすぎw
役者がちゃんと役者をしてる映画で見応えがあります

沢尻エリカはなんだかんだで女優の中ではトップクラスに演技が上手かっただけにもったいない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
やまは

3.0世間はこういうもんだと思う。 自分も周りに重犯罪者の親族なんて人が...

ハルさん
2019年5月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

世間はこういうもんだと思う。
自分も周りに重犯罪者の親族なんて人がいるとまともに接する気にはならないだろうしそれが普通。
悪いのはその人じゃないと分かってても何かあると結局あの人の親族は犯罪者だから〜とか思うだろうな。
もちろん山田側の人は可哀想。
答えは出ないけど考えさせられた問題だった。

終盤、遺族の人がもう終わりにしようと赦してくれて決着つきましたみたいになったけど、問題は遺族にまだ恨まれてる事じゃなくて世間からはられたレッテルだろう。
遺族から赦しを得たからといって世間からのレッテルは消えないし消せないし何片付けた感じにしてんだよ東野アホか。
もしくはそんなのどうでもよくて兄弟の復縁の話だったとしたら構成がおかしい。
沢尻のやり過ぎ感あるけどまぁああいうスーパーお節介女いるだろうな。
あとこの頃の沢尻かなりかわいい。
ギャルっぽいより清楚な感じの時の方がだいぶかわいい。
真剣に観れたからそれなりに観入った。
ラストに小田和正のあれを持ってくるのはさすがにせこい。
サビを玉山号泣にぶつけろよタイミング悪いな。
文句は書いたけど話は面白かった

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハル

5.0原作で嫌な思いをして、映画で口直し

2019年4月3日
PCから投稿

東野圭吾は差別を肯定する人です。
容疑者xでは浮浪者は殺されて当然とされた。
映画では犯罪者の受刑者玉山鉄二を拒否する山田孝之の物語が、誰にでも受け入れられる展開で描かれている。
途中で出てくる、吹石一恵との物語。
被害者遺族の吹越満の物語。
それぞれに切実ですし、理解できる。
でも、感情的に受け入れられるものではない。
それを観て、想いのたけを吐き出すのは容易い。
遺族の想いも当然ですが、加害者の家族も被害者である。
それが原作者のはかけていた。
映画は、それがわかるんだ、負の連鎖は終わりにしよう。

とにかく沢尻エリカと山田孝之の演技は自然と涙が出て止まらなくなります。
沢尻エリカは関西弁も自然です。
多分、彼女は平成で世界最高の女優だと断言出来る。
原作で無視されたテーマが、差別にどのように向き合うか、最短距離なんてない、正面から、誠実に全力で、闘い、ああ。
最後の、慰問漫才は、本当に泣いたで。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

4.0泣けました

REIKAさん
2019年1月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
REIKA

5.0作品のメッセージ

MKT777さん
2018年12月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

加害者、加害者家族、被害者家族の葛藤がどうしようもないくらい辛く、救いようも無い。
いつまでたっても続く負の連鎖は、逃げることすら出来ない。
そんな中にある色々な愛の糸に感動してしまう。自然と涙が出ていました。
この映画を観て、どのようなメッセージがあるのか考えました。
おそらく根幹はシンプルで、「どんな辛い事があっても犯罪をしてはいけない」という事なのかと。
人は生きていく中で人との摩擦は避けられない。
いつ魔が差して悪い事をするか、それは誰にもわからないし、自分にいつそれがやってくるかもわからない。
ほんの少しの気持ちで罪を犯したとしても人を殺す結果になってしまうかもしれない。
自分を抑制する事は凄く大事な事でそれは凄く難しい。
でも、もしそんな時が来てしまった時、この作品の事を思い出し、自分の愚かな行為が家族に対して永遠に絶望を与え続けるという事が頭をよぎれば、あるいはその手を止められるかもしれない。
この作品は素晴らしい。
原作は小説であると思いますが、私はまだ読んだ事がありません。小説を読むのには時間が掛かる人もいて、手に取る事がない人もいると思います。
ですが、映画であれば2時間ほどです。
必ず見る価値はあると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
MKT777

4.5凄かった

shoko_j_さん
2018年12月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

来週から亀梨和也主演でまたドラマをやるということで、予習がてら鑑賞しました。
弟の進学費用のために強盗殺人という罪を犯してしまった兄、そして殺人犯の弟というレッテルを貼られて一生生きてかなくては行けない弟、服役しても、謝罪しても、被害者や加害者、マスコミ、全ての人がその事件忘れない限りは罪が許されることは無いんだろうな、と考えさせられました。
最後のシーンは涙無しでは見られませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shoko_j_

4.0苦しくも現実と向き合う

chichiさん
2018年11月29日
iPhoneアプリから投稿

犯罪者、窃盗や暴行ではなく強盗殺人を犯してしまった兄を持つ主人公の苦しみを描いた作品。
故意に起こした殺人ではなくとも罪人は罪人。
また罪人の家族も同罪とみなされ排除される社会。SNSで住所や家族も晒される現代社会はもっと酷な時代だとは思う。
作中にもあるけど、差別のない社会はないし差別のないところへ逃げるのではなく向き合うしかないとは思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chichi

4.5愛憎を描いた名作

Takehiroさん
2018年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

手紙(2006)

犯罪者の家族につきまとう世間の冷たい仕打ち。差別。そんな中でも見捨てずにいてくれる、友人(尾上寛之)や後に配偶者(沢尻エリカ)になる人。犯罪者とその家族の手紙のやり取り。犯罪者(玉山鉄二)は弟(山田孝之)への大学の資金を得たくて殺人を起こしてしまった。弟はその間に犯罪者の家族ということから幾多ものひどい仕打ちを世間から受ける。そして、弟は妻と愛娘を守るために詫びながら絶縁の最後の手紙を出すのだが、それだけでは終わらない。犯罪者の家族も含めての償いとはなんなのか。辛く厳しく重いヒューマンドラマ。それでも希望を失わせない、愛と憎しみを考えさせられてしまう名作だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takehiro

5.0役者の演技に涙

2018年8月19日
iPhoneアプリから投稿

弟を守るために犯罪を犯してしまった兄
身内に犯罪者がいるということでひっそりと生活してきた弟
玉山鉄二さんと山田孝之さんの切なく、そして意を決して行きていこうとする演技に涙しました。

そして、その弟の事情を知りながらもその人を愛し続けた由美子を演じた沢尻エリカさんの暖かい演技にもほろり。関西弁には違和感を感じましたが(笑)、さすが魅せる女優さんです。

何度も観てしまう大好きな映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
のりすけ

4.5ラスト

2018年7月16日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
プーヤン

5.0

愛純さん
2018年6月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

罪は決して消えない 家族 被害者 その家族
償っても消えることのない大きな罰
でも逃げても消えないならそこで踏ん張るしかない
山田さん沢尻さんの大きな愛に涙が、とまりませんでした。
罪を犯した人にも愛は必要だと思った

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
愛純

5.0こんなに泣くか…

Helenaさん
2018年1月1日
iPhoneアプリから投稿

自分でも驚くほど泣きました。
内容も最後も分かっているのに…
特にラストシーン。もうみなさん本当に演技が上手い。

小説を読んでからの映画でしたが、とても上手くまとめられていると思う。

内容は確かに暗く、重い。犯罪者ものでハッピーエンドにするのはほぼ不可能(本人が開き直っちゃえば別だが笑)。でもそれなりに現実的で様々なメッセージが込められてる。

語りだしたらきりがない。
邦画の中でも大好きな映画の1つです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Helena

4.0山田孝之

2017年12月24日
Androidアプリから投稿

東野圭吾×山田孝之

陰がある役をやらせたら、
本当に、日本一だと思います。

玉山鉄二も良かった。

ドラマ『白夜行』
に続き、ずっと大号泣
でしたが、

小田和正の曲。
エンドロールで
流して欲しかった。

最後、歌の主張が
邪魔でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
☆ペニクリNH★

3.0玉山さん・山田さんに見入りました

bruさん
2017年11月20日
Androidアプリから投稿

泣ける

悲しい

玉山さんの最後のシーンは、凄かった。
それを見ている山田さんも凄かった。あのふたりの直接ではない、掛け合いが本当に脳裏に焼き付いて離れません。

沢尻エリカさんの関西弁が気になりました。話の最中も気になって気になって。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bru
「手紙」の作品トップへ