劇場公開日 2017年4月1日

  • 予告編を見る

「心の失明」乱 everglazeさんの映画レビュー(感想・評価)

3.618
20%
45%
30%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5心の失明

everglazeさん
2016年5月14日
iPhoneアプリから投稿

権力への欲望と執着、逆心、猜疑心、虚栄心など、真価を曇らせる人間の愚かさを、壮大な時代劇で描いております。騎馬隊は迫力ありました。
繰り返し大量に流された血の上に成り立つ権威という点は、戦国時代という設定故に特に強調されていたように思えます。
太郎(黄色・一)、次郎(赤色・二)、三郎(青色・三)と衣装と旗で色分けしているので、とても分かりやすいです。

残念なのは、大殿がゾンビにしか見えなくて何度も吹き出しそうになったこと、血液がペンキのように赤過ぎること、核心を突く台詞を放つ道化師役が、戦国時代としてはあまりに無礼で浮いてしまったことでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
everglaze
「乱」のレビューを書く 「乱」のレビュー一覧へ(全18件)
「乱」の作品トップへ