劇場公開日 1988年12月24日

童年往事 時の流れのレビュー・感想・評価

3.61
11%
67%
22%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全1件を表示

3.0「小津映画の香り微か。」

2018年5月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

台湾の映画は、あまり見ないが、以前エドワード・ヤン監督作品「台北ストーリー」が懐かしく、今回は侯孝賢監督作品を拝見した。アハという青年の成長を通して描いた作品。これも「台北~」と同じく、上映時間が長かった。アハの成長を淡々と描いたものであった。彼の作品に、小津を敬愛した作品があると言われるが、この作品においても、カメラワークと言い、カメラの被写体においては、いわゆる「小津の香り」というものが感じとれた。特に、子供の演技から感じ取れたような気がする。退屈させないドラマの運び具合といい、作品の流れが心地よいものに仕上がっている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
突貫小僧
「童年往事 時の流れ」の作品トップへ