デビッド・クローネンバーグのシーバース

20%
50%
20%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

 モントリオール郊外にある島で、寄生虫を人間の内臓に同化させようという実験が行なわれていた。その結果、被験者となった少女は島の男性たちと関係を持ち、そのあげくに凶暴化する。彼女と関係した男性たちも寄生虫に取り付かれ、肉体を乗っ取られてしまう。蔓延する怪現象の行く末は? 鬼才クローネンバーグがのちにハリウッドのヒットメーカーとなるアイバン・ライトマンと組んで送り出した残虐ホラー。

1975年製作/87分/カナダ
原題:Shivers

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • ジェーン・ドウの解剖
  • エンド・オブ・トンネル
  • ブリムストーン
  • アルカディア
  • トレジャーハンター・クミコ
  • ジュピターズ・ムーン
  • オッズ
  • ブルー・マインド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

2.5クローネンバーグ流、ゾンビ映画

2020年10月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

怖い

興奮

ある意味、羨ましいような風景が、嫌、男も女も乱れ飛ぶ大乱行大会に!??

断面的に忙しない場面のカット映像に、繋がりが微妙に複雑な印象も?

ヒーローもヒロインも存在しない、バッドエンドが待ち受けるはずなのに、笑ってしまえる終わり方。

思ったよりグロ描写は控え目に、クローネンバーグの変態性がエロい!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

4.0恐怖の色情狂軍団

rさん
2016年10月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

クローネンバーグ初期の傑作。

まるで包茎チン◯みたいな寄生虫によって、理性が崩壊した人間たちは、本能が赴くままに性と暴力を暴走させてゆく。

ラストの皮肉めいた絶妙なシークエンスは独特の後味と余韻を残させる。

肉体的・精神的にもグロい本作だが、時折出てくるスローモーションのカットの美しさにハッとさせられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
r

4.0初のメジャー作品

2011年11月30日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波、VOD

怖い

知的

シーバース(1975)

原題:Shivers
  :Frissons
  :The Parasite Murders
  :They Came from Within
  (公開場所・時期で、異なる原題が多数。後2つ思い出せない😣)

製作国:カナダ

監督:デヴィッド・クローネンバーグ

撮影:ロバート・サード

キャスト
ポール・ハンプトン…ロジャー
ジョー・シルヴァー…ロロ・リンスキー
リン・ローリイ…フォルシーサ看護婦
アレン・マジコフスキー…ニコラス

全てが揃い快適な生活が約束されたスターライナー島にある巨大マンション。
内陸と橋一つで結ばれたそこはまさに陸の孤島。
新たな入居希望者が訪ねて来た朝、15階の一室では1人の男が少女に襲い掛かっていた…

クローネンバーグによる初の商業デビュー作品。

日本での劇場公開はなく、TV放映が最初でした。

その時のタイトルがこれ

「SF人喰い生物の島/謎の生命体大襲来」

💣💣💣💣💣ドカーーーン‼

凄いセンスです😓

本作は大襲来でもなければ、人喰い生物でもありません😓

完璧な詐欺タイトル😓

…でも観ちゃうんだよなぁ😅
テレ東マジックに引っ掛かってしまう自分がチト愛らしい😅

さて、TV放映に際し、凄まじいタイトルを付けられた本作ですが、冷静に考えてみると、TVで放映出来た事自体が奇跡です💦

だってこれ、とある生物に寄生された人間は、露骨な色情魔になっちゃう作品なんですもん😨

ドスケベがドスケベを増やして行く😓

あっという間に巨大マンションは色情狂とド変態が渦巻く素敵なパラダイス😅と化してしまいます😨

露骨なセックス描写はないものの、全編淫靡な雰囲気が漂います。

冒頭でのオッサンと少女のバトルからして卑猥。
争う最中にスカートがめくれ、露わになる太ももと下着…😓😓😓
冒頭だけでも、その淫靡さがメチャンコ伝わってきます。

クローネンバーグ曰く「社会で抑圧されている人は囚われの身であり、エロくなる事で人間性を取り戻す」んだそうです😅

本作に関して、ゾンビ物と捉えている批評が多いですが、「巨大マンションの住民が暴徒と化し、棟全体が無秩序状態に陥る」という設定は寧ろ、高層マンションの住人が食人鬼へと変貌するJ・G・バラードのSF小説「ハイ-ライズ」からの影響が大きいと思われます。
監督は後に同作家の「クラッシュ」も映画化しておりますし、多分バラード好きです😂

粗削りながらも、監督の嗜好は健在。
物質としての「肉」に異様な迄の拘りをみせ、その「肉」が持つ「内部」構造を徹底的に剥き出しにしようとするスタンスはこの頃から垣間見る事が出来ます。

廃盤になった国内DVDは90分。
米国で発売された110分版での再発を強く望んでいます

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かもしだ
すべての映画レビューを見る(全3件)

他のユーザーは「デビッド・クローネンバーグのシーバース」以外にこんな作品をCheck-inしています。