ディア・ハンター

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ディア・ハンター
32%
48%
15%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ベトナム戦争で心身に深い傷を負った男たちの苦悩と友情、そして戦争の狂気を描き、第51回アカデミー賞で作品賞、監督賞、助演男優賞など5部門を制した戦争ドラマ。1974年の「サンダーボルト」で長編監督デビューし、2作目の監督作となった本作で大きな成功を収めたマイケル・チミノがメガホンをとった。主演のロバート・デ・ニーロ、本作でアカデミー助演男優賞を受賞したクリストファー・ウォーケン、これが遺作となったジョン・カザールらに加え、当時デビュー間もないメリル・ストリープが出演。ストリープもアカデミー助演女優賞にノミネートされた。60年代末、ペンシルバニアの製鋼所で働くマイケル、ニック、スティーブンたちは休日になると鹿狩りを楽しんでいた。やがてマイケルたちは徴兵され、ベトナムへ。彼らは戦場で再会するが、捕虜となり、残酷なな拷問ゲームを強要される。マイケルの機転で脱出に成功するが、その後ニックは行方不明に。マイケルは彼を捜すが……。日本では1979年に劇場初公開。2018年、製作40周年を記念して4Kデジタル修復版が公開。

1978年製作/184分/PG12/アメリカ
原題:The Deer Hunter
配給:KADOKAWA
日本初公開:1979年3月17日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第36回 ゴールデングローブ賞(1979年)

受賞

最優秀監督賞 マイケル・チミノ

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) ロバート・デ・ニーロ
最優秀助演男優賞 クリストファー・ウォーケン
最優秀助演女優賞 メリル・ストリープ
最優秀脚本賞 デリック・ウォッシュバーン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)1978 STUDIOCANAL FILMS LTD. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0The Strangest of the Vietnam War Movies

2020年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

The Deer Hunter is unpredictable. For the first hour which is a wedding scene, I was beginning to wonder if I had been misinformed that this was a Vietnam War movie. The war act comes into play as a metaphor with the Russian roulette game. It's grim and you can see where Vietnam War movies pulled their gruesomeness cues, but The Deer Hunter lives in its own imaginative universe. Somewhat bizarre.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

4.5タイトルの意味はなんだろう?

2021年7月8日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ジョニーデブ

0.5まったく名作ではない。

2021年6月19日
スマートフォンから投稿

友人達との乱痴気騒ぎ、結婚式の前半1時間は苦痛。戦場シーンも雑。ラストも締まりがない終わり方。ダメな映画はダメと言いましょう。白人による意味不明で気の狂ったアジア人という差別が表れているロシアンルーレット。どっちかが死ぬなんていうあんな賭けやるアジア人いないって。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ブロディー署長

5.0【”人生がこうも変わるとは・・”ヴェトナム戦争に人生を翻弄された若者たちの姿を、狂気性横溢するシーンを絡ませながら、哀調溢れたトーンで描いた作品。生死を賭けた友情が心に沁みる作品でもある。】

NOBUさん
2021年6月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館、TV地上波

泣ける

怖い

難しい

ー アメリカの田舎町の製鉄所で働く、マイケル(ロバート・デ・ニーロ)、ニック(クリストファー・ウォーケン)、スティーヴン(ジョン・サヴェージ)、スタン(ジョン・カザール)らは、平日は溶鉱炉の熱も厳しい職場で働くが、休日は皆で”鹿狩り”に山岳地帯に足を運ぶ、”仲間”である。ー

◆序盤
 ー スティーヴンとアンジェラの結婚式が”君の瞳に恋している”が華やかに流れる中、延々と続く。 お祝いする、マイケルを始めとしたスティーヴンの友人達。そこには、ニックの美しい恋人リンダ(メリル・ストリープ)もいる。ー

 ◇初見時は、この結婚式のシーンが、長く感じた。(というか、殆ど覚えていない)
  ここまで、長くなくても良いんじゃない?とさえ思った。
  が、2度、3度と観るうちに、マイケル・チミノ監督が、このシーンで様々な事を暗示していた  事が分かる。

・ヴェトナム出征を控えた、マイケル(ロバート・デ・ニーロ)、ニック(クリストファー・ウォーケン)、スティーヴン(ジョン・サヴェージ)は、ヴェトナム戦争の悲惨さも知らずに、酒に酔いしれている。
 だが、カウンターでは、グリーン・ベレーの男が独り酒を呑んでいる。挨拶するも、帰ってきた言葉は”糞くらえ!”である。

 ・スティーヴンとアンジェラのワイングラスに、赤ワインが注がれるが、酔ったスティーヴンは、数滴、真っ白なスーツにこぼしてしまう。真っ白なスーツに赤いワインが沁みの様についてしまう・・。

 ・マイケルは、酔った勢いで、ニックの美しい恋人リンダを誘う・・、が・・。

 ・一方、ニックはマイケルに”何かあったら、俺を必ずこの地に戻してくれ・・”と真面目な顔で頼む。
 ー この数シーンだけでも、この後のヴェトナムでの、彼らの運命が暗喩されている事が分かる。ー

 ◇翌日、マイケル達は、鹿狩りに出掛け、マイケルは見事な大鹿を仕留める。

◆中盤
 ー いきなりの、ヴェトナム戦争真っ只中から物語は始まる。
 ヴェトナム農民の家は焼かれ、塹壕は焼かれ・・。
 そして、マイケル(ロバート・デ・ニーロ)、ニック(クリストファー・ウォーケン)、スティーヴン(ジョン・サヴェージ)はベトコンの捕虜となり、ロシアンルーレットを強要されている。ー

 ◇ディア・ハンターと言えば”ロシアンルーレット”と言うくらいの、緊張感と狂気が尋常でないシーン。
 六発の弾倉に一発だけ弾丸を入れ、腕で弾倉を回し銃を卓上で片手で廻すベトコンの兵。捕らわれた三人は、”ロシアンルーレットをさせられる。”ベトコン達は、”どちらが死ぬか”に賭けている。

 ・このシーンでの、ロバート・デ・ニーロ演じるマイケルの尋常でない精神力と判断力。水牢に入れられたスティーヴンの疲弊した状態を見て、”弾倉に三発入れろ!”とベトコンに言い、銃口を頭に向け引き金を引く。
 ニックは、引き金を引くが銃は頭をそれ、マイケルは三発の弾丸で、ベトコンを殺し、ニックとスティーヴンを助け、流木に掴まって川を下っていく・・、が離れ離れに・・。
 ー ニックが、余りに過酷な経験をした事で逃亡後、神経を遣られている事が分かる、ニックのロシアンルーレット賭博のシーン。ー

◆後半

 ー 二年後、マイケルのみ、街に戻り、英雄視されるが、浮かない顔。
   リンダ(メリル・ストリープ)とも再会し、従軍しなかった、スタン(ジョン・カザール)らと、久しぶりに鹿狩りに。ー

  ◇マイケルは、大鹿を仕留められる距離まで近づくが、”敢えて”的を外し、大空に向かって大声で”OK?!(字幕では、”これでいいか!”)と叫ぶ。
 ここは、大変、重要なシーンである。
 マイケルは、”敢えて”大鹿を仕留めなかった事で、未だ帰還していない、スティーヴン(ジョン・サヴェージ)とニック(クリストファー・ウォーケン)を”ロシア正教の主”に、故郷に彼らを返してくれ!と言っていると、私は解釈した。

 ・そして、マイケルは、両足と左足を失いながらも、車椅子で生きていたスティーヴンと、再会し、喜び合う。 ーあんなに、幸せそうだった、アンジェラは、ショックの余り、会いに来ない・・。ー
 そこで、スティーヴンがマイケルに言った”毎月、サイゴンから金が、送られてくるんだ・・。”
 ”ニックだ・・”

 ・再び、混乱を極めるサイゴンに飛ぶマイケル。且つての、賭博屋に金を渡し、漸く会えたニック。
 だが、精神に異常を来している且つてのベトコンが撒いていた赤い鉢巻きを頭に巻いたニックは、マイケルが分からない・・。
 マイケルは、大金を積み、ニックの記憶を取り戻すために、命を懸けたロシアンルーレット
卓に付く・・。”愛してる”とニックに告げ、引き金を引くマイケル。
 そして、ニックは”何かを思い出したかのように””一発だ・・”と口にし・・。
 ー 二度目の鑑賞時から、このシーンは、涙腺が・・。ー

<ラスト、ニックの棺が、ロシア正教会から運び出され、ニックの友人たちが再び集まり、(そこには、スティーヴンとアンジェラもいる・・)、皆で”God Bless America”を歌いながら、”ニックに・・”と声を揃え、グラスを上げるシーンで、画面は静止画に。
 見事な物語構成と、ラストシーンである。
 哀感溢れるメインテーマも、素晴らしき作品である。>

<大昔、TV吹き替え版で鑑賞 あの恐ろしきベトコンに強要されたロシアンルーレットのシーンのみ記憶にあり>

<2019年3月    4Kデジタル修復版 伏見ミリオン座で鑑賞 鑑賞記録なし
 フライヤーにコメントのみ、殴り書き>

<2021年6月15日  別媒体にて再度鑑賞>

コメントする (コメント数 5 件)
共感した! (共感した人 6 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全63件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る