ディア・ハンター

劇場公開日

  • 予告編を見る
ディア・ハンター
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ベトナム戦争で心身に深い傷を負った男たちの苦悩と友情、そして戦争の狂気を描き、第51回アカデミー賞で作品賞、監督賞、助演男優賞など5部門を制した戦争ドラマ。1974年の「サンダーボルト」で長編監督デビューし、2作目の監督作となった本作で大きな成功を収めたマイケル・チミノがメガホンをとった。主演のロバート・デ・ニーロ、本作でアカデミー助演男優賞を受賞したクリストファー・ウォーケン、これが遺作となったジョン・カザールらに加え、当時デビュー間もないメリル・ストリープが出演。ストリープもアカデミー助演女優賞にノミネートされた。60年代末、ペンシルバニアの製鋼所で働くマイケル、ニック、スティーブンたちは休日になると鹿狩りを楽しんでいた。やがてマイケルたちは徴兵され、ベトナムへ。彼らは戦場で再会するが、捕虜となり、残酷なな拷問ゲームを強要される。マイケルの機転で脱出に成功するが、その後ニックは行方不明に。マイケルは彼を捜すが……。日本では1979年に劇場初公開。2018年、製作40周年を記念して4Kデジタル修復版が公開。

1978年製作/184分/PG12/アメリカ
原題:The Deer Hunter
配給:KADOKAWA
日本初公開:1979年3月17日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第36回 ゴールデングローブ賞(1979年)

受賞

最優秀監督賞 マイケル・チミノ

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) ロバート・デ・ニーロ
最優秀助演男優賞 クリストファー・ウォーケン
最優秀助演女優賞 メリル・ストリープ
最優秀脚本賞 デリック・ウォッシュバーン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)1978 STUDIOCANAL FILMS LTD. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0前半が長い

2019年8月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

結婚式を含む日常生活で1/3過ぎてからが、地獄の始まり
そこにいたら正気を失いそうな展開(ロシアンルーレット)がいきなり始まる。
ベトナム戦争のシーンは少ないが、助かり方1つで1人の人間が壊れるほどのショックを与える戦闘は理由があってもすべきではない。
地元に残った友人たちからすれば、英雄扱いだったマイケル、1人だけヘリで先に帰還して仲間を捨てた気分になったニック、両足を失ったスティーブン…三人の対照的なその後はいたたまれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪

3.0壮絶・・・

2019年4月19日
PCから投稿

これまた壮絶なドラマ・・・。
序盤の陽気な結婚式のシーンや鹿狩りのシーンが嘘ののように思えるほどの壮絶な中盤から終盤にかけての展開。テンションや明暗のギャップがありすぎてなんだかとてつもないものを見た気がします・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子

4.0ロシアンルーレットが怖すぎ

2019年3月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

戦争に行く前はどんちゃん騒ぎで楽しんでた男達が帰ってきたら変わってしまう苦悩の話。
.
この3時間という長さの内訳は1時間は戦争行く前のパーティーの様子、次の1時間は戦争の様子、最後の1時間は戦争から帰ってきた様子の3時間。
.
最初の1時間はほとんど男達がバカ騒ぎしてるだけだから何を見せられてるんだ感があるけどたぶんこれを1時間分やることで後の戦争の場面、帰ってきてからのギャップを際立たせてるんだろうな。
.
何より、この映画の肝はロシアンルーレット。銃押す時の緊張感もうずっとハラハラする。
.
初めの時は怖くておせなかったニックが最後にあの死に方をするのはほんとに皮肉。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せつこん

1.5

2019年2月17日
iPhoneアプリから投稿

肌に合わぬアメリカの精神性が終始映されているが、ここぞという場面ではギリシャ悲劇の高みに近づく。
この機を逃したからこそ、今日の銃声がある。
何十年経っても虚しく映るという意味では永遠の作品といえる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろっぺ
すべての映画レビューを見る(全51件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る