「「貝」」私は貝になりたい クラシコイタリアスタイルさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「私は貝になりたい」 > レビュー > クラシコイタリアスタイルさんのレビュー
メニュー

私は貝になりたい

劇場公開日 2008年11月22日
全22件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

「貝」 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人類の歴史は、戦争の歴史である。

どこかで聞いたような台詞であるが、本作は、その戦争の中に生きた一人の兵士に焦点を当てたものである。

我々は日々、情報に触れている。
それは新聞であったり、ニュースであったり。
その中で我々は、◯◯人が死亡、といった表現をよく目にする。

情報時代の我々にとって、
時にそれは単なる数字に見え、そこに、何らかの感情を抱くことさえない時もある(残酷なことではあるが)

しかしそこには確かに、我々が知らない、その人の生きたストーリーがあったはずだ。
そして、その人の生きたストーリーの周りで、想像も絶するほどの絶望、そして悲しみが生まれている。

しかし、高度に情報化された社会においては、そうした側面に、個々人が焦点を当てることも少なくなりつつある。

そういった背景の下、本作は、そのアンチテーゼとしての意味合いも、少し含まれるのではないだろうかと私は思う。

マクロな視点ではなく、よりミクロな視点から見たなら、戦争というものの恐怖、絶望、そして悲しみ、そうしたものがより分かるのではないだろうか。

本作は、そうした、ひとえには表せぬ感情や嘆きを、様々な形で表現している。
そしてそれは、これからの新たな世代へと伝えられていくべきものでもある。

それは今後人類が、舵を切っていく上で、進むべきではない方向を指し示してくれる原動力となってくれるのではないだろうか。

人間の内面、そうしたものに触れ、伝えていかなければならないことを表現した作品。
これには、文句のない高評価です。

注:私は、この映画を見たことはありません。

クラシコイタリアスタイル
さん / 2018年7月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報