シュレック3 インタビュー: 監督クリス・ミラー&製作アーロン・ワーナーが語る製作の裏側

ホーム > 作品情報 > 映画「シュレック3」 > インタビュー > 監督クリス・ミラー&製作アーロン・ワーナーが語る製作の裏側
メニュー

シュレック3

劇場公開日 2007年6月30日
2007年6月26日更新

前2作を全米史上に残る大ヒットに導いたアンドリュー・アダムソンから監督の座を引き継いだクリス・ミラーと、彼とともに本作を製作したプロデューサーのアーロン・ワーナーが来日。eiga.comのインタビューに応じてくれた。(編集部)

監督クリス・ミラー&製作アーロン・ワーナー インタビュー
「シュレック自身が大人になり、ある種の“脆さ”がリアルに描かれているんだ」

製作アーロン・ワーナー(左)と監督クリス・ミラー(右) 製作アーロン・ワーナー(左)と監督クリス・ミラー(右)

――今回は、“おとぎの国のバトル・ロイヤル”が描かれるということで、前2作にも増して多くのキャラクターが登場します。本作はお2人の共同脚本ということですが、脚本はどのように書き分けたのですか?

アーロン・ワーナー(以下、AW):「前2作を監督したアンドリュー(・アダムソン)がアイデアを出してくれたんだけど、そこまで細かい設定は決まってなかった。そこで、僕らは毎日シーンごとに家へ持ち帰って書き足して、次の日お互いが書いたものを修正する、という作業をメールでやりとりしながら行った。できたものは絵コンテのアーティストたちに渡すんだけど、彼らからもアイデアが戻ってくるから、要するにいつもグループで作業していた感じだね」

――最終的にシナリオを1つにまとめるのは大変だったのでは?

クリス・ミラー(以下、CM):「最終稿ができたのは映画が完成したときだ(笑)。実写のように撮影稿があるわけじゃないし、各シーンを絵コンテアーティストに渡したり、セリフを書き換えたりしてるので、全て同時進行で動いてたんだ。だから実際には順序立てて作っていない。結果的に全貌が見えてきたのは、ほとんど映画が完成に近づいてからだね。僕たちの仕事は、作品を大きな絵(流れ)で把握することでもあったんだ」

――来日記者会見のときに、記者から「シリーズの持ち味であるブラックユーモアが薄れたのでは」と指摘もありましたが……。

少し大人になったがゆえに苦悩することが増えるシュレック 少し大人になったがゆえに
苦悩することが増えるシュレック

AW:「特に毒の要素が減ったとは思わない。これは自然なストーリーの流れじゃないかな。ただ、単純にシュレック自身が大人になってきたので、ある種の“脆さ”みたいなものがリアルに描かれている。でもそれが話をつまらなくしたとは思わないよ。ほかのキャラクターはいつも通り毒を出しているしね」

CM:「ストーリーに何が一番合うか選択していった結果、今回のような展開になったんだ。どんな展開かは見てのお楽しみだけどね」

――アーサー役でジャスティン・ティンバーレイクが初参加。彼との仕事はどうでしたか?

ジャスティン演じるアーサー(中央・右)も要チェック! ジャスティン演じるアーサー(中央・右)も
要チェック!

AW:「ジャスティンとはすごく仕事がしやすかったよ。彼の俳優としてのキャリアは始まったばかりだけど、いつも真剣に取り組むし素質もあると思う。実は、レコーディングとジャスティンのツアーの時期がかぶっていて、彼は当時ものすごく忙しかったはずなんだ。でもレコーディングブースに来ると彼はいつもニコニコしていて、『シュレック』シリーズに参加できて嬉しいっていうのが伝わってきたし、いわゆるスター気取りなんてことは一切なかったよ」

――マイク・ミッチェル氏が監督に決定した「シュレック4」の展開と、“長ぐつをはいた猫”のスピンオフについて、現時点ではどこまでプロジェクトが進んでいるのですか?

AW:「僕たちは“長ぐつをはいた猫”には、全く関わってないんだ。現在作成中なのは確かだけどね。『シュレック4』については、マイクがすでに作業に取り掛かっていて、どういうストーリーにするか詰めているところさ。今後の展開に関して今言えることは、『全く予測できないストーリーになる』っていう一言だけだ」

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

第1作目から飛躍的に進んだ技術的進歩を実感
映画評論

CG業界を常にリードしてきたスタジオ、PDIの作品だ。「CGにとって、もう不可能な表現は何も無い」と思うほど技術的進歩を実感できる。炎や煙のシミュレーションは完璧だし、人間キャラの表情は実際に皮膚の下に筋肉があるようにリアルに感じられ...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

シュレック3[Blu-ray/ブルーレイ] シュレック3 スペシャル・エディション[DVD] シュレック3 スペシャル・エディション[DVD] シュレック ベストバリューDVDセット[DVD]
シュレック3[Blu-ray/ブルーレイ] シュレック3 スペシャル・エディション[DVD] シュレック3 スペシャル・エディション[DVD] シュレック ベストバリューDVDセット[DVD]
発売日:2018年2月2日 最安価格: ¥1,500 発売日:2014年11月21日 最安価格: ¥1,944 発売日:2018年2月2日 最安価格: ¥1,000 発売日:2018年12月5日 最安価格: ¥2,739
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全8件)
  • 2作目までとは毛色が違う 単純なストーリーにコメディ多めだった前作までとは異なり、きちんとしたストーリーを入れている代わりに笑いが少なくなったのが本作。 個人的には前作より好みだが、シュレックファンには微妙かも。 ...続きを読む

    やぶうちへび やぶうちへびさん  2019年2月9日 18:48  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 飽きない ずっとずっと昔にテレビでやってたのを撮り溜めておいたのをやっと見た。 やっぱり面白い映画! 飽きずに見られました。 ...続きを読む

    えりんこ えりんこさん  2015年1月25日 22:29  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • いまさらですが、三作目は、なんだかつまらなかった。 シュレックが他のCGアニメと違ういいところは、人間のキャラクターがたくさん出てくるところだと思います。 それも、本物か?と勘違いするようなすごい技術で作っている人間のキャラクター。 シュレッ... ...続きを読む

    Push6700 Push6700さん  2013年9月12日 18:51  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 九月の恋と出会うまで 運命は変えられるのか? 高橋一生&川口春奈が初共演「九月の恋と出会うまで」で問う
  • インタビュー 翔んで埼玉 ディスり上等! 二階堂ふみ&GACKT「翔んで埼玉」に刻んだ耽美な“愛”
  • インタビュー サムライマラソン 佐藤健&森山未來が驚き、戸惑い、試行錯誤を繰り返した時代劇の現場とは?
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報