トゥームレイダー2のレビュー・感想・評価

トゥームレイダー2

劇場公開日 2003年9月20日
12件を表示 映画レビューを書く

飽きない面白さ。

ちょっと最後のほうは?だったが、全体的に飽きない面白さ。様々な国に行った気分になれるのはこの手の映画の良いところ。

masayan_yade
masayan_yadeさん / 2018年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ララって。

一作目の時も思ったけど、ララってどんだけ金持ちなんだ?

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2018年10月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

二番煎じ2

真新しい事なし。見応えなし。

Ryuta
Ryutaさん / 2018年7月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それなり

楽しめる。

MaK
MaKさん / 2018年1月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作よりも大幅にスケールアップはしていたが、期待とは違う方向に・・・

前作よりも全ての面でパワーアップ、中身スカスカだったストーリーも、よりドラマチックに構成されて、普通なら見応え十分なはずなのですが、何でかなぁ・・・中身スカスカだった前作の方が、まだ面白かったような気がしてなりません。
勿論、それなりには楽しめたのですが、どこか漂うこれじゃない感、とは言っても私はゲーム版については全く知らないので、元ネタと比べてどうこうと言う訳ではないのですが、期待していたものとはちょっと違かったかなぁ。
まあ好みの問題かもしれませんが、このシリーズらしさが失われた気がして、もう一つノリ切れませんでした、これも監督がサイモン・ウェスト→ヤン・デ・ボンに変更された影響なのでしょうか。

おそらく資金は大幅アップ、アクションシーンもド派手になって、大作感は強くなっていましたが、アンジェリーナ・ジョリーの見せ方が前作とは決定的に違うんですよね、このシリーズの最大の売りは間違いなくアンジーの魅力&ララ・クロフトのキャラクターだと思うのですが、その良さがどちらも損なわれてしまったのは何とも勿体無い。
前作のアンジーは衣装もエロくて、若干動きに重さは感じたものの二丁拳銃で戦う姿や肉弾戦に何だかんだで興奮したものですが、本作の衣装は全然エロさを感じられず魅力なし、まあアクション自体に関してはキレは増していましたが、期待していたものとは路線が変わってしまって、思いのほか興奮することなく終わってしまいました(鮫とのアレは好きでしたが)。
ある意味ちゃんとした映画になってしまった分、逆につまらなく感じてしまったところもあったのかなぁ。

相変わらずララ・クロフト無双状態だったのは、まあこれはこれで楽しめました、ただ今回は前作の反省を生かしてなのか、元恋人テリー役にジェラルド・バトラーを配し、メインキャラを二人にして物語が推移していきましたが、これがねぇ・・・一番の何か違う感に繋がった原因なのかな、甘ったるい恋心もあってかララ・クロフトのイメージが一気に崩壊、テンポも悪くなって、微妙にノリづらくなってしまいました。
前作のダニエル・クレイグが中途半端なキャラだったので、今回はこう言う展開にしたのでしょうが、でもこれも何か違うんですよね、ララ・クロフトの内面を描いてより深みが増したと言えば確かにそうなのですが、人間味が増したことによって魅力が半減してしまったら元も子もないような・・・。

しかしこの頃のジェラルド・バトラーは、まだ微妙にマッチョでは無かったんですね、そんなテリーとの結末も、見せ方がちょっと微妙だったかなぁ。
あとクロフト家の執事とエンジニアも、前作以上に完全におまけ状態になってしまってそこも残念でした。
話自体はスケールアップして世界を駆け回りそれなりに見応えはあったんですけどね、でも終盤のよく分からない化け物もなんだか中途半端だったし、パンドラの箱も・・・まあ何にしても、全然見れないって程ではないのですが続編としては正直成功とは言い難い内容だったかなと思いました。

スペランカー
スペランカーさん / 2017年12月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

一作目の方が好きだな

一作目の方が好きだな

こな
こなさん / 2017年9月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作同様、 墓荒らしをしません

トゥームレイダーとは [墓荒らし] という意味です。 前作同様、 アンジェリーナ・ジョリーというおばさんがてきと戦いながら遺跡の宝を探すはなしです。 そして、 前作同様、 墓荒らしをしません。 タイトル詐欺です。

ストーリーは ありきたりですが、 前作よりは だいぶましになったという印象です。 てきとのアクション シーンを大幅に増加したからでしょう。 傑作と呼べる映画では ないものの、 一定以上の品質は確保されており、 充分に楽しめる作品でした。

Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん / 2017年8月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やはり続編、1作目よりは見劣りするがそこそこは楽しめる。

やはり続編、1作目よりは見劣りするがそこそこは楽しめる。

tsumumiki
tsumumikiさん / 2015年9月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ソツなく仕上げているが、

かつては娯楽性の高いオリジナル作品の『スピード』と『ツイスター』を立て続けにヒットさせたヤン・デ・ボンが、ある程度の興収がカンタンお手軽に見込める人気シリーズの続編を撮るまでに、成り下がってしまったことに失望させられた。
ずっこけオカルトホラー『ホーンティング』のダメージから一向に復調の兆しが見られないのが残念である。

2015年8月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

再度地上波でやっていたので、dTVと併せて 今作はパンドラの箱を生... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

再度地上波でやっていたので、dTVと併せて

今作はパンドラの箱を生物兵器として使おうとする敵と

ギリシャの地中海から始まり、
イギリスの屋敷
上海
香港
アフリカ
と世界中を駆け巡るのも好きな理由の一つ

印象的なシーン
・山岳地帯での兵隊流な戦闘、ロープでの脱出
・上海でのヘリにジャンプ
・香港での超高層ビルからのモモンガ脱出
・アフリカ、生命のゆりかご直前のまるでディズニー(イバラの道)みたいなシーンでの影の番人
・生命のゆりかごの洞窟がゲームっぽかったところ

前回観たとき同様、ララのアクション<魅せるスタントて印象が強かった

最後のアフリカでの〆は実に考古学系ぽくてよかった

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回のララ・クロフトが狙う財宝は、アレキサンダー大王が隠した“パンドラの箱”。しかしこれを生物兵器として悪用しようとする悪の天才科学者ライスも、この財宝を狙っていた。

前作に比べて肉弾戦のアクションが少ない気がするが、冒険のスケールがでかくなってる

2015.1.5 DVD
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

りょん
りょんさん / 2015年4月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女優の

カッコ良さを鑑賞するだけの映画。

肉ネ~ム
肉ネ~ムさん / 2015年1月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

飽きさせず続く派手なアクション

総合:75点
ストーリー: 65
キャスト: 80
演出: 80
ビジュアル: 80
音楽: 65

 とにかく派手にかっこよく美しく見せることを追求した娯楽活劇映画。

 前回同様に主人公のアンジェリーナ・ジョリーも映画のためにかなり鍛えている様子ではまり役、これもこの映画の魅力だろう。映画ならではの現実無視した飽きさせない必要以上に派手な見せる活劇を追求している。

 シリーズものは多くがより大げさにしようとして無理をしすぎて新作の度に質が落ちるものだが、これは最初のものに負けていない。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

12件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi