サマリアのレビュー・感想・評価

メニュー

サマリア

劇場公開日 2005年3月26日
5件を表示 映画レビューを書く

どの愛をとるか

恋愛はボランティアではないと言われるが、ボランティアも愛がなければ出来ない。配偶者や恋人、家族、友人を愛するのは普通だが、稀に、汝の敵や隣人を愛せる人もいる。愛は正しいとされるが、多数の種類の愛の中で、どの愛を取るのが正しいのかは示されない。人を愛するには、その人がどの愛を取っても赦す愛が必要となる。一つの愛は他の愛を裏切る。

ひろち
ひろちさん / 2018年4月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

消化不良 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

題材がすごく魅力的なのに、後半からちょっとわかりにくくなっていった
娘の父が殺人しだす第三章から特においてけぼりに

「弓」の少女がでてきて、相変わらずかわいい、けど
今回は親友役のこもすごくよかった

私は理解力があまりないので、いろんな解説みないと理解できない部分がたくさんの映画だった

まず親友の家族が、瀕死なのにいないし連絡とれないってどういうこと…
二人は女子高生で、学校に通ってるなら学校に問合わせたらいいのに?

少女が親友の死をうけてなぜ自分もたくさんの男と寝だしたのか、
その経緯がはっきりわからなかった
お金返すっていうのは理解できるんだけど

そして父が殺人者になるところも謎

そもそもキリスト教の物語がけっこう要所要所で出てきますが
その元ネタを知らないから、あまりよくわからない…
バスミルダに興味を持って検索してもなんにもでてこない!

解説をいろいろ読むと、少女の価値観を理解できない父親が、独善的に大人の価値観でした結果が殺人~とか
車の運転の描写は父に捨てられ成長が止まった少女が~とか
実は親友は少女のもうひとりの姿で~などいろいろ書いてあって
余計わからなくなった!

少女と親友は実はひとりの人間で、親友なんてどこにもいなかったっていう説はもし本当ならけっこう好きな解釈ですが

途中で2人でプリクラ撮ってたし、作曲家も病院に来てたから、それはないんじゃないかなーと思いました
そのへんがもっとわかりにくく、もしかして同一人物?って思えるような設定だったら楽しかっただろうなー

弓はまだファンタジーって感じで楽しめたのに
この作品は、結局どういうこと?で終わってしまった

とば
とばさん / 2016年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

痛切の極み その表現力に脱帽 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

2014年最後の一本。

 少女売春をテーマにした物語かと思っていると、途中から様子が違うことに気付く。これはそのような社会の表層的な問題を扱っているのではなく、宗教的とも言える人間の原罪とそのつぐないについての話なのだ。
 父親が娘ヨジンに語る「海外トピック」はいつもキリスト教の奇蹟に関係するものである。二人の住む部屋にはなぜかキリストの肖像を思わせる絵が掛けられている。そして、タイトルの「サマリア」は聖書にも登場する古代パレスチナの地名である。

 ヨジンは友人チェヨンの代わりに売春相手を探し、チェヨンの仕事中は見張り役を務める。しかも売春相手の記録と受け取った金銭の管理までも、待っている側のヨジンが行うのだ。
そこまでこの売春に協力していながら、チェヨンが相手の男の職業について語ったり、その男を好い人だと言おうものなら、ヨジンは激しく反発するのだった。しかも、金を稼ぐ目的はヨーロッパ旅行の資金集めなのだが、父親の海外トピックを楽しみにしていて、海外に興味を抱いているのはどうもヨジンの方に見える。
 ある日、ついに警察に売春の現場を押さえられ、逃げ切れなくなったチェヨンは窓から飛び降りて死んでしまう。
 まことに不思議なことに、重体のチェヨンの親の連絡先も分からないような状況なのに、チェヨンの願いの為に、ヨジンはチェヨンが好意を抱いた相手の男を迎えに行くのだ。

 ここまでの二人一組の少女売春の話にはかくも合点のいかないところが多い。他のレビューでも言及されているが、ここに至って、これまでの二人組の売春は、一人の少女の葛藤を二つの人格で語っているのではないかと思いはじめた。
つまりヨジンとチェヨンの二人の存在は、同一人物の二面性について物語っているのではないかと。チェ・ヨンとヨ・ジン、この二つの名はアナグラムではないのか。韓国語は分からないが、アルファベット表記された名前を並べるとその印象を抱く。
 少女に金を払いセックスをする男たちへの気持ちも、ヨジンとチェヨンとでは正反対だ。嫌悪感や怒りを感じているヨジンに対して、チェヨンは、彼らも普通に職業についていたり人間的な温かみがあることを知っている。これも、金で自分の体を好きに弄ぶ汚らわしい男が、ひとたび裸になればごく当たり前のやさしさを持ち合わせた寂しがりやに過ぎないことに、一人の少女が戸惑っているアンビバレンスを表現しているのではないか。

 この少女の売春行為はある一人の客へ恋心を抱くことで終止符が打たれる。お金のための行為をやめたことで、ヨジンの中にいたチェヨンは消える。もはや売春を肯定する存在はヨジンの中にはいなくなったのだ。だからヨジンの中ではチェヨンは死んだことにされる。
 代わりに心の中を占めるものは、愛する人との行為を金銭を得るための手段としてしまったことへの後悔である。彼女はこの後悔から逃れるために、売春を繰り返してきた事実を取り消したいと願う。そこで過去の相手に会ってお金を返すという行為が繰り返さるようになるのだ。

 悲劇はこの取り消しのための行為を父親が目撃してしまうことから始まる。私たちがこれまで見てきたように、ヨジンは売春の罪を償う行為をしているのだが、父親の目にはヨジンが売春そのものを行っているようにしか見えない。
 父親の憤りは、娘に対してよりも、いい年をした分別のあるはずの男たちへ向かう。相手の男たちは、ある者は自死を選び、またあるものはこの父親に痛めつけられる。そして、それが行き過ぎて父親は一人の男を殺してしまうのだった。

 娘と同様に大きな罪を背負ってしまった父親はヨジンと二人旅に出る。
 どのような奇跡が起きればこの二人の罪が消え去るというのだろうか。車に乗った二人は美しい山村にたどり着く。もう二人が街へ帰って元の生活に戻ることなどないだろう。静かで美しい映像に観客は二人の人生の終焉を予感する。

 ところが山道で車が立ち往生したとき、邪魔な石を取り除いて前に進めるようにしたのは娘のヨジンだった。道を誤ることのないように見守るべき父親を、人生の道を誤った娘が助けてくれたのだ。
 その娘に父親は車の運転を教えることにする。黄色いペンキを塗った石で車線をかたどって。そして自らは同僚の刑事に自分の犯した罪を話し、迎えに来るように伝える。
 河川敷の石とぬかるみにタイヤをとられて、難渋しているヨジン。そこへ警察の車が来て父親を連れて行ってしまう。父親が連行されたことに気付いたヨジンは慣れないハンドルを切りながらそれを追う。オフロード仕様の警察車両はすいすいと砂利道を走っていくが、ヨジンの運転する車はなかなかまっすぐに進まない。
 この様子を非常に高いところから俯瞰するショットに、突然父親に置いて行かれた娘の哀切がみなぎっている。2台の自動車を擬人化して、親を追うよちよち歩きの子供のように、この悲しい父子を対比させているのだ。
 この痛切極まりないシーンに、このくらいのテクニックで泣いてたまるものかと観客が抵抗してみたところで無駄だ。ヨジンの運転する車のフロントガラスが雨でずぶぬれになっている次のシーンで、観客はキム・ギドク監督の仕掛けに叩きのめされることになるのだ。もはやヨジンも父親も画面には映っていないのだが、確かにヨジンが泣きじゃくって父を追いかけているのだ。人間が追いかける演技をするのではなく、自動車にその芝居をさせたことで、静謐なスクリーンの中に、観る者を哀しみの果てに連れ去る大きな力が宿る。
 この年の最後にとても素晴らしい一本に巡り会えた。

よしただ
よしたださん / 2015年1月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

キム・ギドク作品二作目だったけど、難しかった。結局何が言いたかったのだろう…。少しずつ歪んでて正しいものが何一つなかった。少女たちの軽いノリで始まった援交から予想のつかない展開で、どこに終着するのだろうと眉間にしわ寄せながら観たけど、何でこんな事になり、何故終わりがここなのか?分からないまま終わってしまった。
飛び降りた彼女は何を思って飛び降りたのか?父親は何故、娘の相手に復讐し娘に問いたださなかったのか?分からない事ばかり…

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2014年12月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

静寂をもって

「春夏秋冬そして春」で知られる韓国の鬼才、キム・ギドク監督が作り上げた極上の青春映画。

女子高生が遊び半分で行ってしまった援助交際から始まる、復讐と再生の物語。素朴な少女二人の悪戯から、その物語を壮絶な殺人劇場にまで昇華させる、キム監督作品のもつ奥行きの深さを存分に味わえる一品となっている。

余計な台詞回しを徹底的に排し、暴力が支配する後半の展開を映像と小さな効果音を使い沈黙の元に描ききる作風は、怒りと悲しみをマシンガンの如く台詞をぶち込んで描いていく主流な韓国映画の作り方とは一線を画す。どちらかと言えば、「間」を重んじる日本映画の雰囲気に近い。

復讐からは、何も生まれない。誰も、幸せにはなれない。その永久不滅の宿命を淡々と描きつつも、静寂の裏側で流れ出す人間の葛藤、不安、そして愛。紋切り型の人間ドラマからは見えてこない喜びが、溢れ出す。

前述の通り振り幅の大きい作品なので、多少目を覆いたくなる描写もあるかもしれないが、それでも目を見開き、飛び込んだ先には、思いがけない驚きと幸せが姿を現し、観客を魅了する。

キム・ギドク作品を味わうならば、まずは今作の観賞をお勧めする。静寂をもって耳をすまして、じっくりと楽しんで欲しい。

ダックス奮闘{ふんとう}
ダックス奮闘{ふんとう}さん / 2011年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi