劇場公開日 1958年3月1日

「怒涛のどんでん返し」情婦 everglazeさんの映画レビュー(感想・評価)

4.229
49%
45%
5%
0%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5怒涛のどんでん返し

everglazeさん
2020年1月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

アカデミー賞ノミネート作品。

心臓が悪く退院したばかりで皮肉たっぷり毒舌の法廷弁護士が、殺人容疑をかけられた男の弁護を引き受ける話。

前半が冗長で、要は捜査不足なのですが、公判中に次々と新事実が出て来て、中盤過ぎた辺りから一気に話が進みます。

推理の面白さは勿論、軽妙なやり取りも楽しめます。お色気要素は殆ど皆無ですから、邦題がイメージ的なズレを生じさせていると思いますけど、誰が「情婦」に当てはまるのかを後々考えたくなります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
everglaze
「情婦」のレビューを書く 「情婦」のレビュー一覧へ(全29件)
「情婦」の作品トップへ