プルートで朝食をのレビュー・感想・評価

プルートで朝食を

劇場公開日 2006年6月10日
4件を表示 映画レビューを書く

愛すべき、愚かな人たち。

セクシャルマイノリティ系な映画にしては
すごく、ゆったりとした時間の流れた映画です。
チャーミングでキュートで残酷で、人生を何度もやり直す主人公がとても健気だった。愛すべき、愚かな人たち。

DVDのラベルも鮮やかですてき。

Ayaka
Ayakaさん / 2016年8月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分の居場所を探して ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

20年前に映画ファンに衝撃を与えた『クライング・ゲーム』のニール・ジョーダンが再び《キトゥン》と言う名の女性像を作り上げた。
あの頃では表現出来無かった事も今では自由に出来る時代の為か?ストレートな内容の『クライング…』と比べるとあちこちに枝派が飛ぶストーリー展開になっています。
それでも寓話的な箇所もあり監督としてキャリアを積んで来て成熟した演出を観せてくれます。

だけど少しヴィム・ヴェンダースの有名な‘あのシーン’に似た場面だけはちょっと苦笑しましたが…。

彼女は母親を探すのですが、実際は【自分探しの旅】であり、当時の社会事情から【自分の居場所】を探していると言えます。

そして相変わらず音楽の使い方のセンスの良さは見事ですね。
「フィーリング」や「煙が目にしみる」、「キャラバン」、「慕情」等のあまりにも有名なベタな曲でさえ作品の一部分として溶け込んでしまうのですから。

(2006年6月14日シネ・スィッチ銀座1)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年3月28日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パトリックかわいい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

おかまかわいいよお!そして美しい…
常時どん底なのに何かしら出会いのある彼は
華やかだからか優しいからか…
母親に会いに行く時のサッチャーみたいに保守的で!!と気合を入れる方向性の迷子ぶりに愛しさがこみ上げる…!

れお
れおさん / 2015年1月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ウソをつかれているのを悲しんでる最中よ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「プルートで朝食を」(ニール・ジョーダン監督)から。
女装が趣味の青年パトリックは、自分が孤児であることを知り、
母親を探す旅に出る。
彼(彼女?)には、誰にも打ち明けられないような秘密・悩みを、
親身になって聴いてくれ、いつも心配してくれる女友達がいた。
そんな友人を誤魔化すために彼は旅の途中に電話して
「こっちは、すべて順調よ、そっちはどう?」と話を振ったのだが、
相手は全てお見通しで「ウソをつかれているのを悲しんでる最中よ」
と応えたシーンが気に入ってメモをした。
相手の口調やトーンで、状態を判断するのは、電話でなければできない。
決して、メールなどでは分からないことである。
だから、こんな携帯メール全盛の時代でも、
映画やテレビでは、電話のシーンがよく使われるのかもしれないな。
以前「会話とは合って話すこと」と定義したが、
電話も含まれることと再定義したい。
このフレーズ、調子を崩している友人の、カラ元気を見破ったら、
使ってみようかなぁ、と思っている。

shimo
shimoさん / 2011年9月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi