プルートで朝食を

劇場公開日:

解説

「クライング・ゲーム」「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のニール・ジョーダン監督が、「ブッチャー・ボーイ」のパトリック・マッケイブと再びコンビを組んだコメディドラマ。舞台は60~70年代のアイルランドとイギリス。女装が趣味の青年パトリックは、自分が孤児であることを知り、母親を探す旅に出るが……。主演に「28日後…」のキリアン・マーフィ。リーアム・ニーソン、スティーブン・レイらジョーダン組の常連が共演。

2005年製作/127分/イギリス
原題:Breakfast on Pluto
配給:エレファント・ピクチャー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第63回 ゴールデングローブ賞(2006年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) キリアン・マーフィ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C) Pathe Production Limited 2005

映画レビュー

4.0キリアンビューティー

2022年6月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

幸せ

私はこの作品が好き過ぎて3回も観て
しまった。 キリアン君の顔と声とスタイルと表情の美しさと切なさ儚さが、
私のツボに嵌ってしまったのです。
何年か前に観た時はこれ程心落ちして
いなかったのに不思議です。
不条理と自分の世界の違和感、
暗いのにコメディ。
せっかくやっと出会ったかのような
同世代マッチョ男は直ぐに消滅
幼馴染との友情は永遠
ニールジョーダンはいつも泣かせてくれる お馴染みのレイさんは老けましたが
健在 マジシャンで味わい有り
素敵な忘れられない作品ありがとう。
ニールさんキリアン君また違う作品で
楽しませて下さい。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ミズバショウ

4.0冥王星で朝食を

2022年6月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1960~70年代のアイルランドとイギリスが舞台のコメディだけど、ホロッとさせてくれる。
主人公は捨て子の男の子だったが、小さいときから女装が大好きだった。
大きくなって自分を捨てた母親を探しにロンドンにやって来る。
主人公は自分の運命を呪うことはなく、受け入れざるを得ないことを知っているのが涙を誘う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン

4.5チョコとバラ

2022年5月28日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
GAB I

4.0 オカマの主人公を気色悪いと言ってたインディアンのバンドメンバー達であったが、彼らのバンド名が“モーホーズ”というのはどういうわけだ?!

2020年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 冥王星(プルート)が太陽系の惑星じゃないと定義されて早2ヶ月。それ以前にこの映画を観ていたら、まだ太陽系の家族なんだという気持ちにもなったのでしょうけど、今は違います。革命気運も高まっているアイルランドにあって、主人公のパトリック・キトゥン(キリアン・マーフィ)はどこか自分の存在が宇宙の彼方にあるような性格の持ち主。かつての友達も革命戦士になっているし、簡単に言うと“浮いてる”のです。

 シリアスは嫌だ嫌だと言いつつも否応なく爆弾テロに巻き込まれたりする波乱万丈の人生。そもそも教会に捨てられて普通の家族に育てられたにも拘らず女装癖が身についてしまった経歴の主人公なのです。家を飛び出してからは母親探しのためにロンドンへと向かうのですが、複数の男性を渡り歩く経歴が面白かったです。特にスティーヴン・レイが演ずるマジシャンのエピソードは不気味なアングラ系の映画に変化したような独特の雰囲気、母親にたどり着く直前の覗き部屋で働く姿も面白い。男に純粋に尽くす性格は『嫌われ松子の一生』をも思い出してしまいます。

 しかし、彼の脳内は銀河系の彼方に飛んでいってしまっているので、爆弾犯と間違えられてもMの性格になったりして、「もっと牢獄にいたい」と言ってしまうほど。基本的には人を傷つけることなんて出来ない平和主義者のようなので、男たちを困らせてしまうけど憎めないキャラ。何とか母親に会わせてあげたいと応援したくなってきます。そして、最初はメイクもひどいものだったのに徐々に女らしくなっていくキリアン・マーフィが凄い。ラストには完全に綺麗な女性となっていました。

 オープニングから大ヒットしたルーベッツの「シュガー・ベイブ・ラブ」。全編に渡り懐かしい曲のオンパレードでしたが、シルバー・コンベンションの「フライ・ロビン・フライ」が流れたときにはどんな選曲してるんだとビックリしてしまいました。『慕情』とか『南太平洋』を知っている方ならもっと楽しめるのかも・・・

【2006年10月映画館にて】

コメントする (0件)
共感した! 2件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る