劇場公開日 2005年11月19日

同じ月を見ている : 映画評論・批評

2005年11月22日更新

2005年11月19日より丸の内TOEI1ほか全国東映系にてロードショー

ひと皮向けた窪塚洋介の今後に期待

落下事故から奇蹟的に生き延びた窪塚洋介が復帰第1作に選んだのは、なんと悪役!? とはいえ悪事を働くわけではなく、精神的な弱さと対峠できないイジメられっ子のなれの果てである医大生・鉄矢だ。何もかもを重荷に感じる神経質そうな雰囲気を醸し出しているが、これがぴたりとハマった! 事故直前の妙にハイだったり、ギラギラ感の強かった窪塚には絶対に出せなかった味わいである。人間って変わるものとしみじみ。ひと皮向けた窪塚洋介の今後を占う意味でも重要な作品だ。

鉄矢と心臓病を煩うエミ、不思議な能力を持つドンの3人の成長と愛憎が物語の主軸で、そこにさまざまな人々が絡む。癒し系のドンを香港スターのエディソン・チャンが演じたが、裸の大将のような衣装でも輝くかっこよさが難点だ。また主演の若手よりも、ドンと関わるヤクザ役の山本太郎やヤブくさい医者役の松尾スズキが印象に残ってしまうのは、深作監督の志向が故・欣二監督と同じくヤクザ映画に向いているせいだろう。雨のシーンやヤクザの乱闘シーンに妙に力が入っているが、もっと主人公3人の心理を描くことに情熱を注ぐべきではなかったか? 情感をすくい取れない観客もいることを前提とした演出も必要であろう。

(山縣みどり)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「同じ月を見ている」の作品トップへ