「中谷美紀でなければ」嫌われ松子の一生 さくさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

嫌われ松子の一生

劇場公開日 2006年5月27日
全47件中、41件目を表示
  •  
映画レビューを書く

中谷美紀でなければ

小説は読んでいたが劇場まで足を運べずにいた作品。
中谷美紀でなければここまで松子という人間を愛らしく、バカらしく演じる事はできなかっただろうと思う。

松子にはぞっとするほど共感することも多く
それゆえ、見ることを拒むところもあったのだが
やはり中谷美紀
見るものを暖かな気持ちにしてくれた。

幸せとは何なのか、愛に生き愛に死に
ただ愛されたかった、ただ愛されていないと思っていた、それだけの小さなことが
松子の人生を支配し人生をただそれだけのために費やした。

そんな彼女の悲しくもおかしく、そして美しい人生は
女優、中谷美紀によって輝いた。

さく
さん / 2010年3月12日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報