「雨の日の貯水タンク」仄暗い水の底から みつまる。さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「仄暗い水の底から」 > レビュー > みつまる。さんのレビュー
メニュー

仄暗い水の底から

劇場公開日 2002年1月19日
全11件中、6件目を表示
  •  
映画レビューを書く

雨の日の貯水タンク

邦画特有の湿っぽいホラーですが、緊張感に満ちたストーリーに思わず引き込まれてしまいます。
寂れた団地を舞台にしているせいか、そこはかとなく昭和の時代の匂いがプンプンしますね。
中田秀夫監督の"水"に対しての並々ならぬこだわりは、ここでも健在でした。
母の愛は海よりも深しを感じさせるラストシーンが、何だか物悲しい気持ちにさせてくれます。

/ 2015年6月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報