劇場公開日 2006年7月15日

幸せのポートレート : 映画評論・批評

2006年7月18日更新

2006年7月15日よりシャンテシネほかにてロードショー

ゲイならではのキャラクター設定が新鮮

TVドラマ「SEX and the CITY/セックス・アンド・ザ・シティ」のサラ・ジェシカ・パーカー主演の恋愛モノかと思いきや、ダイアン・キートン、ダーモット・マローニー、クレイグ・T・ネルソンといった芸達者によるアンサンブルキャストで描くクリスマスシーズンのファミリー・コメディ。都会暮らしだが、実は保守的な堅物女性が、ニューイングランドのリベラルな田舎一家に入り込むとどうなるかを面白おかしく描いている。

「SEX and the CITY」から都会の女性という枠組みだけ借りて、中身は真逆の天然勘違い女になりきっているサラ・ジェシカ・パーカーも見物だが、超リベラルな田舎一家の面々がカラフル。特に聾者でゲイのサッドとそのパートナーである黒人のパトリックはラルフ・ローレンやコーチなどのファッション・ブランドで働いていたというゲイのトーマス・ベズーチャ監督ならではのキャラクターで、このジャンルに新風を吹き込んでいる。その他、映画編集者の放蕩息子ベン、意地悪娘のエイミー、リベラルなストーン家を束ねる両親など一癖も二癖もある面々をしっかりと色分けして描いている。

後半からラストに至るまでのどんでん返しには抵抗を感じる人もいるかもしれないが、秘密を抱えているダイアン・キートン扮する母親の存在が、本作を単なるドタバタコメディになるのを防いでいる。出来ることならクリスマスシーズンに観たかった作品だ。

(編集部)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「幸せのポートレート」の作品トップへ