ピンポンのレビュー・感想・評価

メニュー

ピンポン

劇場公開日 2002年7月20日
44件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

渋い。

渋い。

kam
kamさん / 2019年2月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おかっぱ

おかっぱ頭の窪塚とスキンヘッドの中村獅堂。なぜだか評判いい映画だけど、どうもストーリーがピンとこない。

kossykossy
kossykossyさん / 2018年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い

が、永久保存版では無い。

@Jankichi@
@Jankichi@さん / 2018年11月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今見るとさらに、面白いかも。

見たいなあ、でも何となくコメディっぽい気もするし・・・。と長い間迷っていました。
あれから16年(そんなに経つのか!)。今見ると「あ、この人出てる!」と、新しい発見もありました。

まずは内容。高校の部活で「個人戦」がメイン。なんとなく「ちはやふる」でのかるたとり姿と、今作のラリーの応酬が重なって見えました。
登場人物もクールなスマイルは、ちはやの太一っぽい気が。

試合に負けていろんなことに腹が立ち、ラケットを床にたたきつけて退部するペコ。その挫折からいかにして立ち上がるか。ちょっとスポ根物っぽい後半からが、がぜん面白かったです。
スローモーションを多用したラリーシーン、ルール知らないのに手に汗握りました。

卓球練習場の店主オババの夏木マリさんや、高校顧問の竹中直人さん。濃すぎ(笑)。ナイスサブキャラ。

他にもさらっと、私が大好きな津田寛治さんや佐藤二朗さん。
出てるのを知らなくて「あら?」って発見もうれしい。
何気に当時子役の染谷将太さんとか。←気が付かなかった。
で、スマイル役がどこかで見たことある・・・。
エンドロールにARATAとあって。ググったら井浦新さんなのね。

役者さんの登竜門的な作品にもなったようですね。

気分すっきりな1作でした。今見てよかった。

fukui42
fukui42さん / 2018年11月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アニメは観た事ある

ペコのキャラは漫画だから活きるんだと思った。
やっぱり実写で「愛してるぜ」とか言っても違和感しか覚えない。

スマイル急激に強くなりすぎだし、ペコも同じ。

まぁそれは仕方ないけども。

ノビ
ノビさん / 2018年11月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラリーは続く

インターハイをベースにした体育会系部活の映画なのに、”卓球”でなく、『ピンポン』。
 どこか、温泉地の”ピンポン”を思わせる。
 ギャグ映画かと見まがうような、こてこてのキャラクター。でも、ギリギリのところでギャグ映画ではなく、”青春”映画を満喫させてくれる。
 そんなぬけ感と絵にかいたような熱血のバランスが心地よい。

今でこそ、スポコン系のアニメも多く、様々なキャラが登場するが、この頃はまだ『エースをねらえ!』や『ドカベン』の変形バージョンが多かったように記憶する。
 そんななかでの、このへんてこりんなキャラ=ぺこが面白い。窪塚氏善戦。ギャグ映画的キャラとみると、もっと振り切ってもいいようにちょっと中途半端な面もあるが、これ以上アクを強くすると、”青春”映画からはみ出してしまう、という微妙な役どころを好演。

と、窪塚氏を絶賛したいが、その上をいく、ARATA氏と大倉氏と荒川氏。

 ARATA氏も、大倉氏も、これまた一歩間違えれば、薄っぺらい役に成り下がるけれど、この二人の存在・活躍がこの映画を印象深いものにしてくれている。
 スマイルの、熱くなりたい気持ちを隠したクールさ。「先に行くよ」は、演じ方によってはどうしようもない人物になってしまうのに、ドライでクールなのにどこかウェット。「ヒーロー」復活を待ち望む姿にうまくつながる。
 悪魔も、彼の存在があるから、勝負事の厳しさに対峙しながらも、卓球=ピンポンが好きで好きでたまらない気持ちを掻き立ててくれ、あのラストの感動に共感できる素地を作ってくれる。
 漫画5巻を映画一本にまとめたとか。だからか、人物の背景(なんで愛称が”悪魔”なんだとか、どういう生い立ち・家族をもっているんだかとか)や、気持ちの変化などは丁寧に描かれていない。要所要所を描く。なのに、描かれていない時間をこの二人がどう過ごしてきたかがなんとなく想像できてしまう。
 なんてすごい役者なんだ。

 それに比べると太田キャプテンは最初から最後まで、人のいいキャプテンでほとんど変化がない。でも、あのぬぼーとした透明な存在がいたからこそ、作りこまれたベタなキャラクターが浮かずに、映画の中に納まる。そんな存在感を出せる役者。希少価値!

 もちろん、ドラゴンとかおばばが脇をがっちり占めているから、成立する映画でもある。

 何気に、チャイナとそのコーチが、解説者の役割を果たしてくれて、彼らのおかれた位置をわかりやすし、物語を引っ張って行ってくれる。

 竹中氏が出てきた時点で『シコふんじゃった』『shall we ダンス?』と重なり、存在を封印したい気持ちになる。他の役者はいなかったんだろうか?尤も「バタフライジョー」なんて、竹中氏を充て書きしたのかもしれない。

いじめにあっていたというスマイル。
窮地を救ってくれるだけがヒーローじゃない。
そんな自分の相手を一生懸命してくれるぺこ。そして悪魔。
そこが居場所だった。

でも、なれ合いにはなれずに、それぞれがそれぞれの道を行く。
少年は、いつか青年になり、外の世界に飛び出す。

「この星の一等賞になりたいんだ」
とはいうものの、
打ち負かすための”卓球”ではなく、
どんな変化球でも悪玉でも打ち返してくれる相手がいて続くラリー。
そんなラリーを楽しむための”ピンポン”。
永遠に続くような気がした。

東京国際映画祭で無料屋外上映にて鑑賞。
 英語字幕付き。日本語と英語表記ニュアンスに「そうくるか」と、そこも面白かった。
 仕事帰りに、さわやかな映画をありがとう。

とみいじょん
とみいじょんさん / 2018年11月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

試合がリアル

最近ミックスを観たので今さらながらピンポンを鑑賞。
漫画を読んでないのでそれぞれのキャラクターに入り込む事は無かったですが試合シーンが良かったです。
元卓球部ですがあのラリーはお見事!!と思いました。

フラニー
フラニーさん / 2018年7月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実写にする必要があったのか?? 登場キャラがもろに漫画。(漫画が原...

実写にする必要があったのか??
登場キャラがもろに漫画。(漫画が原作だけどもう少しなんとかならなかったの)
全然感情移入できない。原作ファンは納得だったんでしょうか。
不快な青春ギャグ作品だった。

へまち
へまちさん / 2017年12月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

試合のシーンは迫力があって滅茶苦茶アツくなれました! 窪塚陽介の可...

試合のシーンは迫力があって滅茶苦茶アツくなれました!
窪塚陽介の可愛げのあるキャラクターもツボでした。
個人的にスーパーカーが大好きで劇中の音楽もとても良かったです。
元々の原作がある作品を映画の枠に収めるためには仕方がないことかもしれませんが、少しストーリーや登場人物の内面の描写が雑だったかなあってところが少し残念でした。

だま
だまさん / 2017年12月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役者がハマっている

漫画原作では相当な当たりだと思う。窪塚洋介がハマりすぎている。他の俳優陣もアクの強い松本大洋キャラを見事に演じていてすごい。
ペコの挫折がもっと描かれていたらよりよかった。スマイルが急に強くなったりするのも少し違和感があった。漫画原作だから仕方ないがいかんせん詰め込み過ぎてる感はあった。
スマイルの「先に行くね」というシーンが良かった。あの映画で最も大切なシーンだと思う。それをさらりの描くバランス感覚はセンスいいと思う。
あと夏木マリがよかった。

minto
mintoさん / 2017年12月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

面白かった! 登場人物を応援したくなる映画。 キャラクターが皆独特...

面白かった!
登場人物を応援したくなる映画。
キャラクターが皆独特だけど違和感なく実写映画として溶け込んでいて、観ていて心地よかったです。

ししまる
ししまるさん / 2017年11月2日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アイキャンフライ

今更だけどやっと見た。
ユーキャンフライ!

スライム
スライムさん / 2017年11月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「さん」くれろ

好きなセリフ。ペコのあの自由な感じが好き。

キクさん
キクさんさん / 2017年10月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

窪塚と音楽の魅力

アマゾンプライムで視聴。
話題の映画「ミックス。」を見聞きするとこの映画を思い出してしまう。

当時はVFXに惹かれたが、いま観ると(当然)感動はない。
しかし当時大人気だった窪塚洋介が、事件をきっかけに露出が無くなり、それ故この映画の彼が新鮮&クールに見えた。
あと音楽が良いね。音楽は色褪せない。

あと、浦沢直樹氏の「20世紀少年」を想像してしまったのは僕だけか。

hooponopono
hooponoponoさん / 2017年10月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

邦スポ根最高峰

高校卓球を舞台に幼馴染の2人、ペコとスマイルの友情を描いた邦画のスポ根映画の最高峰。

主演に当時人気絶頂であったろう窪塚洋介、その相棒に井浦新。さらに脇を固める大倉孝二、中村獅童、夏木マリ、安定の荒川良々に奇才竹中直人。素晴らしい演技派を揃えた上に脚本がクドカン、劇伴がSUPERCARと個人的日本の良いところが詰まった作品!笑

原作ほぼ未読ながら松本大洋の癖の強い絵柄は印象が残っていて、まず驚くのがこの癖の強い原作を実写にしたのに違和感がほぼ無いこと。
昨今、原作レイプと称される実写映画が多いがこの作品は大当たりといっていいほど全役者が全キャラクターにぴったりハマっている(原作知らない人間がいうのもおかしいが笑)

窪塚洋介のあの奔放な振る舞いや喋り方はペコにピッタリだし、井浦新は鼻歌すら違和感なく演技としてこなしている。
さらにその2人をそれぞれ指導するオババこと夏木マリとバタフライジョーこと竹中直人らベテラン勢の演技も素晴らしい。
特に夏木マリは夏木マリにしかできないような、普通の女優がやったら臭すぎて観ていられないような笑、味のある演技をこれでもかと披露する。
竹中直人はいつも通り竹中直人なのだが、その中でもスマイルを懸命に指導しようとする不器用な姿がどこか可愛らしくもありハマっていた。まさに愛しいオバさんとおっさん指導者たち笑。

敵役も魅力的だ。
2人の共通の幼馴染、佐久間ことアクマ。
卓球歴はペコと同じ程度でスマイルよりも長く、より高みを目指して名門海王学園に入学。初年度の地区予選にてペコに圧勝するもスマイルの才能に嫉妬、憧れの先輩風間からはまったく認めてもらえず、卓球の道を諦めてしまう。
しかしやさぐれたペコの背中を後押しするくっさいくっさいセリフが最高にカッコ良く見える美味しいキャラクター。こちらも大倉孝二にとってのハマリ役だった。

さらには辻堂学園にやってきた中国からの留学生、孔ことチャイナ。スマイルの才能に破れかけ、対風間戦では圧倒的な差を見せ付けられる始末。決して弱くはないのに最初ペコを圧倒する以外に見せ場がない笑。
しかし1年後のペコ戦でのラストのセリフ。
「風間によろしく」が最高に潔くカッコいい!
咬ませ犬としか言いようがないがあえていうなら最高の咬ませ犬!である!笑

そして現役高校生最強のスキンヘッド、ドラゴンこと風間。海王学園の主将として2年連続のインターハイ優勝を牽引する張本人。
常勝のプレッシャーに押しつぶされそうになり、試合前はトイレに篭ったりと繊細な部分を見せもするが、いざ試合となれば狂人のような笑みと身体能力と圧力で相手を圧倒。
たった一つしか変わらないペコに対して小僧っ!!!!と罵る姿や笑止!!!などおよそ高校生らしくないどころか現代人らしくもない発言が似合いすぎるハゲを中村獅童が熱演。
ネタ要素満載だが純粋に強く、作中のラスボス的人物して君臨する。

とにかく窪塚洋介の奔放な演技が最高の作品。IWGPの窪塚キング好きな人には絶対に観てもらいたい作品。

2014年09月30日(火)1回目
2015年12月30日(火)2回目
2017年05月20日(土)3回目@目黒シネマ窪塚洋介特集

オレ
オレさん / 2017年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

もう15年も前の作品だったのか ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作は読んだけど、あのキャラが苦手でハマらなかった。
実写映画化してもどうなん?くらいに思って見た。
今、改めて見たら、キャラクターも見慣れると馴染んでくる。
ただ、ペコの台詞が無味乾燥な雰囲気で漫画で読んだ時ほど、感銘は受けなかった。
悪くない青春映画だけど、危うさにヒヤヒヤしながら、楽しむ作品です。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2017年6月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館、VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

in the USAもうたいなよ

スーパーカーの音楽が非常に良い。キャスティングがよくてみんなハマってた。
ペコとスマイルはもちろん、佐久間と風間、夏木マリのかっこいいおオババもカッコいい。

yonda?
yonda?さん / 2017年5月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった! なんども何度も繰り返し見た。 エンドロールで流れる曲...

面白かった!
なんども何度も繰り返し見た。
エンドロールで流れる曲を聴きながら
テンションが上がりっぱなしだった。

文た
文たさん / 2017年2月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

I can fly! 私生活でもやっちゃいましたよね、窪塚くん。ま...

I can fly!
私生活でもやっちゃいましたよね、窪塚くん。まずはこの冒頭に大爆笑。変人窪塚の変人演技、ハマりすぎです。もう絶対に演技じゃなく地です。

私的には好きになれない部分もありました。タバコのシーンとか、脚の怪我とか。まあ、才能のない奴はそれでも勝てないってことか。厳しい現実なのでしょうが、切ないですね。
原作の良さがあっての高評価って感じがします。読んでみたい。

笑止、とか叫ぶ中村獅童の大袈裟なポーズ、顔芸、それこそ笑止。究極のギャグでした。

はむひろみ
はむひろみさん / 2016年11月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い( ^ω^ )

リオオリンピックでの活躍は、この映画や原作が影響してただろう( ^_^)/~~~

イーグルスとジャスと蕎麦が好き
イーグルスとジャスと蕎麦が好きさん / 2016年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会、VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

44件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報