劇場公開日 2002年7月20日

ピンポンのレビュー・感想・評価

3.756
22%
56%
18%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全56件中、1~20件目を表示

2.5ピンポンパン

光陽さん
2020年5月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

原作が少年向けコミックというのが納得のストーリー。
すごくつまらないというわけではないですが、大人の僕からするとちょっと子供っぽい映画にように思えてしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
光陽

3.0豪華キャストの怪演

2020年4月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

興奮

ピンポンというコンテンツは、原作の漫画はもとより、映画化もアニメ化も成功したという珍しい事例。

ということは聞いたことある。

漫画は読んでないしアニメも見てない、映画は昔みたはずだけどほぼ記憶にない。

名作と名高い映画を改めて見ました。

第一印象は、ペコみたいなのは見るのはいいけど、実際の友達にはしたくないって感じました。

端的に言うとウザいキャラ。笑

でも、もしも現実世界でもあのキャラで世界のトップレベルだとしたらめちゃくちゃかっこいい。

出てくるキャラの豪華キャストっぷりがすごい。

中村獅童も出てたのね。

孤高の天才だけど、ちょっと線が細いね。

あとはスマイルなんて調べてみたら、ドラクエユアストーリーのミルドラースの声やってたのはウケた。

青春スポ根映画として完成度高いよ。

願わくば、ペコとスマイルの試合をもっと見たかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りんたろ

4.5【”ヒーロー見参!” ペコもスマイルもチャイナもドラゴンもアクマもイメージ通りのキャスティングに驚いた作品。息詰まる卓球映画の傑作でもある。】

NOBUさん
2020年3月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

 松本大洋の”ピンポン”は当時、偶に読んでいた。私は、松本大洋の作品が好きなのである。

 で、その実写版が公開されるという情報は知ってはいたが、当時、窪塚洋介もARATA(現在の、井浦新さんね。)もアイドル的存在で(ARATAは少しポジションが違ったかな・・。)、逡巡したが公開後暫く経ってから鑑賞することに。

 宮藤官九郎が脚本なので、かなりストーリーを独自解釈してくると思ったら、意外や意外、原作に忠実に物語は進んでいく。

 各キャラクターも
 ・ペコ(窪塚洋介)
 ・スマイル(ARATA)
 ・チャイナ(サム・リー)
 ・ドラゴン(頭をそり上げた中村獅童:怖いです・・。)
 ・アクマ(大倉孝二:余りに原作のアクマに似ていてビックリ。”劣等感と諦観を抱えながら、ペコ、スマイル側に立ちつつ、ドラゴンの葛藤にも心情を寄せる男の姿にである。個人的に大倉さんのベストアクトの一つである。”)

 が、原作と絶妙にマッチングしていて、非常に面白く観賞した。

 更に、映像にも当時の邦画としては、効果的なVFXが使われていて、実に面白い。(特に試合シーン:今作の監督、曽利文彦氏は、ジェームズ・キャメロン監督の”タイタニック”でCGを担当したそうである。(当時の資料より。))

 ”右ペン、表ソフト”を使うペコが、高く飛翔してスマッシュを決めるシーンや、バタフライジョー(竹中直人)の回顧シーンでの美しき緑色の羽などで特にそれを実感出来る。

 公開日から大分ずらして劇場に行ったので、”黄色い嬌声”は落ち着いており、作品そのものをじっくりと堪能した作品。

<今作後、ARATAは井浦新と役名を変え、今や邦画を支えるポジションを築き、窪塚洋介も様々な分野で卍LINE名義で活躍していたが(”へルター・スケルター”では下衆な役が合っていたね・・。)、マーティン・スコセッシ監督の”沈黙-サイレンスー”に抜擢された(態度が悪くて、一度落ちているそうだが・・)辺りから、映画界でも再び本格的に活躍しはじめたのは、嬉しい限りである。>

<2002年8月 劇場にて鑑賞。その後、2度程度DVDにて鑑賞。
 松本大洋の原作は、頻繁に読破。(すいません・・)>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

0.5とにかく嫌です

2019年10月29日
PCから投稿

じんましん出てきた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.5いい出来。原作も是非!

CBさん
2019年10月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

子供の頃から一緒に卓球をやってきた、ペコ、スマイル、アクマの3人が、高校卓球でそれぞれの道を行き、成長する話。

やっと、観られた。
ペコとドラゴンに関しては、いい出来だねー
二人の試合の終盤は、窪塚さん、中村さんの表情を筆頭に、原作のいいところを、かなり描けていると感じた。
ペコは、ドラゴンを高いところへ実際に連れて行っている感じだし、ドラゴンの「ここは、いい…」というセリフも見事に決まっている、(歌舞伎俳優は、決めゼリフは、やはり上手だ!)

ただ、2時間の映画に集約するために、それ以外はかなりを圧縮。スマイルの覚醒をかろうじて描き切っているくらいか。

この映画を観た人には、是非、原作も楽しんでほしい!
映画では、時間の制約から入りきらないエピソードの数々を読んで、作者である松本さんが描き出す、敗者への静かな思いを、感じとってほしい。
なぜなら、脇役が負けた時のちょっとしたエピソードにこそ、原作者松本さんの優しさは溢れているので、是非お楽しみください。
例えば、コン(チャイナ)にスコンク(0点で負けること)で敗れた無名の男の、「海、行くか…」というセリフを味わってほしい。そんなことは一言も描いてないのに、「そうだよな。どんなヤツも、自分なりに一所懸命やってきたんだよな」と思い起こさせるこのシーンは、主役から遠く離れたところのワンシーンでしかないけど、松本さんの真骨頂だと思う。

繰り返しになるけれど、このシーン、残念ながら映画にはありません。

他にも、アクマの努力とどうしようもない苦悩、バタフライジョー(コーチ)の天才しか味わえない悩み等、あふれかえってます。

そして、それなりにイカツイのに、最初から最後までずっと冷たくてかつ頼りないキャプテンが、最後の試合の前にかける最高のセリフ! こればかりは、漫画全5巻(55話)を読んだ人だけが味わえる至福の体験だと思う。

さあ、みんな、原作を読もう!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
CB

3.5中村獅童さんの存在感!

かつさん
2019年10月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
かつ

4.5キャラ強すぎ!卓球に興味でる

2019年10月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

楽しい

卓球に全く興味がないのにのめり込める!
窪塚洋介さんのぶっとんでる感じがいい!

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
llHappy Worldll

5.0どこを批判すればいいのか

ツチヤさん
2019年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

演者、映像、音楽、脚本、再現度
もっとこうすればいいのにが全く無い。

原作を知らない人も楽しめる。
私は見たあと原作を読んで、松本大洋のファンになりました。

原作漫画実写映画化の期待値を上げた張本人。
笑えて熱くて泣けて体の芯から何かがこみ上げてくる。
絶対に見て後悔しないです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ツチヤ

3.5色褪せることのない傑作

hsuさん
2019年9月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

役者さんたちの演技が素晴らしい。癖の強いキャラクターたちを見事に演じきっている。特にペコを違和感なく演じている窪塚洋介は凄い。映像や劇伴も2002年公開の作品ながら全く古臭く感じない。王道の要素がふんだんに盛り込まれていながら他とは一線を画す異質な青春映画。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
hsu

4.0「漫画実写化は駄作」の常識をぶっ壊した作品

といぼさん
2019年8月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
といぼ

3.0キャスティング最高w

2019年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

単純

興奮

ほぼキャスティングで成功してますね。
原作は知りませんが、面白かったです。

窪塚洋介サンの最初のシーンで「I can fly!」と飛ぶシーンで・・ドキッ!!
あの事件を思い出したのですが、この映画の2年後なんですよね。
なんの因果でしょうかね・・(;´∀`)

配役、脚本、映像、音楽・・どれも良かったです。
特にペコ(窪塚サン)とオババ(夏木マリさん)がキャラ立ちまくりで最高でしたね(≧∇≦)b

単純にスポコン映画として楽しめるけど大きな感動はなかったし
これを保存版にしたいとまでは思わなかった(´・ω・`)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
▼・ᴥ・▼ Leo★/R

4.0いいキャスト結集

U-TAさん
2019年3月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

幸せ

松本大洋原作に 窪塚 井浦新 クドカン 獅童 荒川良々
がいい時期に集まったのではないか
夏木マリもいい味
卓球シーンのCGも見事
音楽もサントラが欲しくなった。
今見ると 当時日本には勢いがあったなあと感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
U-TA

4.5渋い。

2019年2月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

渋い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シネマ小僧

3.0おかっぱ

kossyさん
2018年11月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

おかっぱ頭の窪塚とスキンヘッドの中村獅堂。なぜだか評判いい映画だけど、どうもストーリーがピンとこない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.5面白い

2018年11月23日
iPhoneアプリから投稿

が、永久保存版では無い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

4.0今見るとさらに、面白いかも。

fukui42さん
2018年11月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

見たいなあ、でも何となくコメディっぽい気もするし・・・。と長い間迷っていました。
あれから16年(そんなに経つのか!)。今見ると「あ、この人出てる!」と、新しい発見もありました。

まずは内容。高校の部活で「個人戦」がメイン。なんとなく「ちはやふる」でのかるたとり姿と、今作のラリーの応酬が重なって見えました。
登場人物もクールなスマイルは、ちはやの太一っぽい気が。

試合に負けていろんなことに腹が立ち、ラケットを床にたたきつけて退部するペコ。その挫折からいかにして立ち上がるか。ちょっとスポ根物っぽい後半からが、がぜん面白かったです。
スローモーションを多用したラリーシーン、ルール知らないのに手に汗握りました。

卓球練習場の店主オババの夏木マリさんや、高校顧問の竹中直人さん。濃すぎ(笑)。ナイスサブキャラ。

他にもさらっと、私が大好きな津田寛治さんや佐藤二朗さん。
出てるのを知らなくて「あら?」って発見もうれしい。
何気に当時子役の染谷将太さんとか。←気が付かなかった。
で、スマイル役がどこかで見たことある・・・。
エンドロールにARATAとあって。ググったら井浦新さんなのね。

役者さんの登竜門的な作品にもなったようですね。

気分すっきりな1作でした。今見てよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
fukui42

3.0アニメは観た事ある

ノビさん
2018年11月19日
Androidアプリから投稿

ペコのキャラは漫画だから活きるんだと思った。
やっぱり実写で「愛してるぜ」とか言っても違和感しか覚えない。

スマイル急激に強くなりすぎだし、ペコも同じ。

まぁそれは仕方ないけども。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ノビ

4.5ラリーは続く

2018年11月19日
PCから投稿

笑える

楽しい

幸せ

インターハイをベースにした体育会系部活の映画なのに、”卓球”でなく、『ピンポン』。
 どこか、温泉地の”ピンポン”を思わせる。
 ギャグ映画かと見まがうような、こてこてのキャラクター。でも、ギリギリのところでギャグ映画ではなく、”青春”映画を満喫させてくれる。
 そんなぬけ感と絵にかいたような熱血のバランスが心地よい。

今でこそ、スポコン系のアニメも多く、様々なキャラが登場するが、この頃はまだ『エースをねらえ!』や『ドカベン』の変形バージョンが多かったように記憶する。
 そんななかでの、このへんてこりんなキャラ=ぺこが面白い。窪塚氏善戦。ギャグ映画的キャラとみると、もっと振り切ってもいいようにちょっと中途半端な面もあるが、これ以上アクを強くすると、”青春”映画からはみ出してしまう、という微妙な役どころを好演。

と、窪塚氏を絶賛したいが、その上をいく、ARATA氏と大倉氏と荒川氏。

 ARATA氏も、大倉氏も、これまた一歩間違えれば、薄っぺらい役に成り下がるけれど、この二人の存在・活躍がこの映画を印象深いものにしてくれている。
 スマイルの、熱くなりたい気持ちを隠したクールさ。「先に行くよ」は、演じ方によってはどうしようもない人物になってしまうのに、ドライでクールなのにどこかウェット。「ヒーロー」復活を待ち望む姿にうまくつながる。
 悪魔も、彼の存在があるから、勝負事の厳しさに対峙しながらも、卓球=ピンポンが好きで好きでたまらない気持ちを掻き立ててくれ、あのラストの感動に共感できる素地を作ってくれる。
 漫画5巻を映画一本にまとめたとか。だからか、人物の背景(なんで愛称が”悪魔”なんだとか、どういう生い立ち・家族をもっているんだかとか)や、気持ちの変化などは丁寧に描かれていない。要所要所を描く。なのに、描かれていない時間をこの二人がどう過ごしてきたかがなんとなく想像できてしまう。
 なんてすごい役者なんだ。

 それに比べると太田キャプテンは最初から最後まで、人のいいキャプテンでほとんど変化がない。でも、あのぬぼーとした透明な存在がいたからこそ、作りこまれたベタなキャラクターが浮かずに、映画の中に納まる。そんな存在感を出せる役者。希少価値!

 もちろん、ドラゴンとかおばばが脇をがっちり占めているから、成立する映画でもある。

 何気に、チャイナとそのコーチが、解説者の役割を果たしてくれて、彼らのおかれた位置をわかりやすし、物語を引っ張って行ってくれる。

 竹中氏が出てきた時点で『シコふんじゃった』『shall we ダンス?』と重なり、存在を封印したい気持ちになる。他の役者はいなかったんだろうか?尤も「バタフライジョー」なんて、竹中氏を充て書きしたのかもしれない。

いじめにあっていたというスマイル。
窮地を救ってくれるだけがヒーローじゃない。
そんな自分の相手を一生懸命してくれるぺこ。そして悪魔。
そこが居場所だった。

でも、なれ合いにはなれずに、それぞれがそれぞれの道を行く。
少年は、いつか青年になり、外の世界に飛び出す。

「この星の一等賞になりたいんだ」
とはいうものの、
打ち負かすための”卓球”ではなく、
どんな変化球でも悪玉でも打ち返してくれる相手がいて続くラリー。
そんなラリーを楽しむための”ピンポン”。
永遠に続くような気がした。

東京国際映画祭で無料屋外上映にて鑑賞。
 英語字幕付き。日本語と英語表記ニュアンスに「そうくるか」と、そこも面白かった。
 仕事帰りに、さわやかな映画をありがとう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とみいじょん

3.0試合がリアル

2018年7月9日
PCから投稿

最近ミックスを観たので今さらながらピンポンを鑑賞。
漫画を読んでないのでそれぞれのキャラクターに入り込む事は無かったですが試合シーンが良かったです。
元卓球部ですがあのラリーはお見事!!と思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
フラニー

1.5実写にする必要があったのか?? 登場キャラがもろに漫画。(漫画が原...

へまちさん
2017年12月30日
iPhoneアプリから投稿

実写にする必要があったのか??
登場キャラがもろに漫画。(漫画が原作だけどもう少しなんとかならなかったの)
全然感情移入できない。原作ファンは納得だったんでしょうか。
不快な青春ギャグ作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
へまち
「ピンポン」の作品トップへ