劇場公開日 2002年10月5日

「修羅の掟と親子愛」ロード・トゥ・パーディション カメさんの映画レビュー(感想・評価)

3.426
12%
53%
29%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5修羅の掟と親子愛

カメさん
2020年9月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.5
サム・メンデスらしいコントラストが利いた渋い映像。ロジャー・ディーキンスとのタッグではないが、色合いや画角は秀逸な部分がある。
ギャングの修羅の掟と、親子愛を対比させ、トム・ハンクス主演らしい、非常にヒューマン系溢れる脚本に仕上がっている。またポール・ニューマンとの贅沢な共演も見物だ。
ただスコセッシのギャング映画を見過ぎだせいか、ギャング道の男臭さは弱い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ
「ロード・トゥ・パーディション」のレビューを書く 「ロード・トゥ・パーディション」のレビュー一覧へ(全26件)
「ロード・トゥ・パーディション」の作品トップへ