劇場公開日 2004年1月10日

ミスティック・リバーのレビュー・感想・評価

3.669
19%
58%
20%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全51件中、1~20件目を表示

4.5三者三様の人生

tiso jackさん
2021年2月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

怖い

若草物語のようなスタンドバイミーのような、それぞれの生活を描きつつ最後は収束する、まさに映画のお手本といった構成であった。

加えて演技、音楽、映像、演出どれを取っても超一級であり、改めてクリントイーストウッドの監督としての才能を感じざるを得ない。

娘が殺された父の気持ち、子供の頃の闇を抱えた生き辛さ、友を信じつつも真実を求める気持ち、そのどれもに感情移入し、没頭し、世界に入り込まされ、怒涛の2時間が過ぎてゆく。
見終わった時には誰の視点で何を感じたか、是非誰かと話し合うことをお勧めする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tiso jack

4.5ジミーは悪人か

2021年2月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ボストンの幼なじみではあるが、今は疎遠となっている三人が主人公。
デイブ(ティム・ロビンス)は子供の頃変質者に拉致され、いたずらされた経験を持つ。
ショーン(ケヴィン・ベーコン)は女房に逃げられた刑事だが、毎晩無言電話がある。
ジミー(ショーン・ペン)は服役経験があり、娘が殺される。
どうしようもない大きな力が働き、悲劇へと突き進んでいく。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0永久保存版🙆‍♂️

2021年2月15日
iPhoneアプリから投稿

クリント・イーストウッド監督の代表作の1つ。脚本も素晴らしいが、俳優陣の演技がとにかく素晴らしい。最初のシーンから完全に引き込まれた。バラバラの点が、徐々に繋がり一本の線となり、ラストに向かって急激に加速して行く感じが最高だ。重厚な感じも良い。間違いなく歴史的名作の1つに挙げられる作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
@Jankichi@

3.5ミスティック・リバー

2020年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

アメリカサスペンスっぽい展開。
真実分かってもまだ難解なところも。
「人生は小さな選択で決まる。」
ショーン・ペンの演技が良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ABCD

3.0難解でした…

shinさん
2020年10月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ストーリーだけを追って評価出来るような単純な映画ではないような気がしました。多分、文化や宗教的な背景、アメリカに根付く社会的な問題…等々を理解していないと分からないことが多いんじゃないかな。

大きなクライマックスもなくセリフや俳優人の表情で暗喩的に語らせる。イーストウッドの作品、豪華俳優人。当時、映画館で観たときは、それだけで無条件にいい映画だなーなんて思っていたような気がするけど、いま改めて観ると、録画したものを何度も行ったりきたりしながら、理解しようとしたけど、まあ単純に語れる作品ではないですよ。

イーストウッドの作品はつい深読みしたくなる。

だけど、当時のチラシにあったもうひとつのスタンドバイミーはちょっと違う気がしますよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shin

4.5タイトルなし

lilyroseさん
2020年10月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD

デニス・ルへイン の同名小説を
クリント・イーストウッド が映画化
.
1つの殺人事件を通して
四半世紀ぶりに再会した幼なじみの3人
消せない過去・嘘・疑い
やるせなさが残る結末ですが
何度でも観てしまいます
.
.
アカデミー賞ノミネート作品
ショーン・ペン 主演男優賞受賞
ティム・ロビンス 助演男優賞受賞

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
lilyrose

3.0子供の頃の幸せと

2020年5月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

悲しい

難しい

まだコロナウイルスがおさまらない平日の昼間
どこかの家犬か朝から延々と吠え続けるそんな時に観る映画なのかも
出だしからドンよりと湿っぽく暗い感じで、それは終わることがなかった
1人は表の世界へ 1人は裏の世界へ
もう1人は闇の世界へ

私の妻は度々後ろ向きに生きているのかと思う時があります
不安でたまらずいろいろ悩み石橋を叩いてもなおかつその橋を渡らない、そして後ろを振り返っては後悔をする難儀な性格なのだ
どれだけ考えても答えは出ずどうしたら良いかも分からなければサイの目で決めてしまうのも一つの手じゃないかな
考えることは悪くないし何も考えないのはむしろ良くない、だからといって考えすぎるのはどうだろう
どうにもめんどくさく身動きが取れないしね

たとえどんなに後悔しても僅か1秒でも戻ることは不可能なのだから考えるなら今から先をどうするかが重要だとそう思うんです
有り余る怒りが滾った時はどうすればいいのだろう
それが正しいと誰が言えるのだろう

表と裏と闇にはそれぞれに向かう方向があって交わる部分よりもそうでないことの方が多いだろう
子供の時はそんなもの何も関係なしにただただ楽しく遊んでいたのに歳を重ねただけで何が変わっていくのか
学んで経験すればするほど悩みが増えるのかな

あぁ、まだ犬が吠え続けてる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カルヴェロ1952ll

4.5さすがオスカー監督でした。

よしさん
2020年5月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

少女惨殺事件を背景に、少女の父親、捜査する刑事、彼等の幼馴染の男性が繰り広げる群像劇。

クリントイーストウッドが監督を務める秀作です。サスペンスとしても、人間ドラマとしても評価できる作品でした。
「娘を失った父親」、「恋人を失った少年」、「過去のトラウマから抜け出せず苦しむ男性」、そして「彼等の家族」。彼等の怒り、悲嘆、苦しみと愛情。それらの感情を、映画全体から感じることが出来ました。
サスペンスとしても秀でていると感じました。無理なトリックや設定はなく、でも意外性もあり、そして悲しい結末。
正直、私はクリントイーストウッドは俳優としては余り好きな俳優ではなかったので、監督作品も避けていたように思います。
ただ、この作品はもちろん、「15時17分、パリ行き」等を鑑賞すると「流石オスカー監督」だと感じざるを得ませんでした。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
よし

3.5BS12字幕版鑑賞。 イーストウッド得意の後味悪い系ということで大...

2020年2月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

BS12字幕版鑑賞。
イーストウッド得意の後味悪い系ということで大いに期待した…が、これは私には今一つだった。

これはないわ、の嵐。
・信じたれよ、嫁!しかも絶対言ってはならない相手に言う?
・ジミー、お前もちょっと考えたら、デイブの話が信じられるのわかるやろ。
・ショーンの無言電話はなんなん、最後に顔出しされても何の感慨もなし。
・犯人分かってもこれまた何の驚きもなし。

これは、後味悪いというより理不尽に過ぎる。エンディングもそう。ショーン、アホなポーズ決めるより捕まえんかい!
ことに進展も遅いので中盤はほんと寝そうになりました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
はむひろみ

4.0引き込まれるペンさんの演技

サラさん
2020年1月24日
iPhoneアプリから投稿

再鑑賞。キャストの演技が素晴らしい作品。ジミーの娘が殺害された事は気の毒ですが、警官ショーンの「〜へも..」の一言から推測すると巡り巡って自然に報いを受けるかたちになってしまったんだと思います。そうするとやはりデイブ1人が不憫に思うのです。また将来巡り巡って今度はジミーの次女がなんてこともあるかもしれませんね。そしてジミーの奥さんは1番恐ろしい本当のボスだな。口の聞けない弟レイが父親と同じ名前で少々ややこしいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
サラ

4.5救いのない話しで現実的だった。 終盤ジミー手下のバルとニックが大人...

yonda?さん
2020年1月19日
スマートフォンから投稿

救いのない話しで現実的だった。
終盤ジミー手下のバルとニックが大人デイヴに酒を誘う場面。車に乗り込み助手席の男が振り返るのは冒頭シーンの子供デイヴが車に乗り込み助手席の男が振り返るシーンと被ってる。
これは死んだな、とすぐ思った。
妻役のマーシャゲイハーディンの疑惑・怯え・嘘・後悔、ブレンダン役のトムグイリーの怒り・暴力の演技がリアルだった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
yonda?

4.0この腐った世界を告発する残酷な映画

nanaさん
2020年1月2日
PCから投稿

クリントイーストウッドはグラントリノがまったく自分に合わず、苦手で食わず嫌いをしていた監督。
彼は愛国者でありリベラルな思想の持ち主との評判である。
映画をみるものとしても避けては通れない監督でもあり、見る必要があった。

そしてミスティックリバーである。
評判は良いが前情報はトレーラーのみで挑んだ。キャッチコピーは大人のスタンドバイミー。
さて、確かにいままで見たこともない映画を見せてくれるがなんともどういった感想を抱くのが正解なのか、非常に悩む映画体験となった。

これが自由の国、民主主義の国、キリスト教の国、銃の国、白人の国、犯罪大国アメリカ。
親友の3人組のうち偶然に1人が不幸にも性犯罪の犠牲者となり、他の2人も簡単に割り切れるものでもなく、それぞれ深いトラウマを背負うことになる。
事件をきっかけに3人の人生はもう交わることなく、トラウマを乗り越える機会を失った。
事件はそれぞれの生き方へ影響し、犠牲者は魂のないゾンビ、1人は犯罪の世界で生き、1人は町を離れ警察官となった。

過去の友人の肉親の死は、内在していた相互の感情を強く揺さぶりトラウマを再度眼前に呼び覚ます。
「もし自分が犠牲者だったなら」「もし自分でないものが犠牲者だったなら」、言いようのない感情が親友であったはずの友人への疑心暗鬼となる。
それぞれの生き方が不幸にも事件をきっかけに折り重なり、癒せなかったトラウマを強く呼び覚まし、過去の犠牲者の友人による殺害で幕を閉じる。
逃げられない「もし自分が犠牲者だったなら」「なぜ親友が犠牲者であったのか」という自責の混じった強迫的反芻により、人生を生きることができない友人2人の、河の底に流れていた「もし犠牲となった友人が死んでいたら」という悪魔的妄想がついに表出し、ある意味2人の共犯関係によって殺害されてしまう。友人の1人、しかも事件の被害者は殺そうとしている友人の前で、最後に「青春をみたから」と言った。それは残されることになる2人にも共通の妄想であったことだろう。
友人がさらわれた通りで残った2人が清々しい表情をして人生を歩み始める描写は、3人の救いようのない無意識なレベルまで到達する深く根ざした心的トラウマが、犠牲者が「最初からいなかったことにした」ことでしか癒されないものであったのだろう。

それぞれの妻の役割と男の関係も残酷である。
犠牲者は復讐の悪魔となり、妻に裏切られ悪魔に売られ、殺害者は悪魔である妻に許される。
警察官の妻ははたして悪魔かマリアか。
警察官は自らの生き方を選び「共犯者」を捕まえるのか。それとも悪魔の道を行くのか。自ら妻に謝った意味、口を聞かなかった妻が戻った意味は果たして。

この複雑な世界において犯罪者は犠牲者であり犠牲者は犯罪者である。
人が人を裁くとは本質的に悪魔的行為であるのか。

ただ遊んでいただけの子供たちの人生を、犯罪しかもそれが教会によると作中示唆させるほどの残酷さにより、修正不可能なまでに破壊させた、なんとも言い表せない社会の不条理、やるせなさ、切なさ、腐った世界。その子供たちは大人になったら悪魔であった。

最後のシーンでは警察官の生まれたばかりの子供だけが白く輝いていて希望を示唆する。
なんとも残酷な設定でこの腐った世界に生きる大人たちへの告発に満ちた映画である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
nana

3.0役名おかしい

2019年4月29日
iPhoneアプリから投稿

重厚、色々考えさせられて疲れる
内容自体は非常にわかりやすく描かれてる
一番わかりにくかったのが、ケビンベーコンがショーンで、ショーンペンがジミーなこと

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン

3.0自分には釈然としない内容

佐ぶさん
2019年3月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

アメリカでは、各登場人物の行動に一定の理解が出来る人が多いのだろう。理解があれば悲劇として観られる。教訓にもなる。
しかし自分からみると、偏見の塊のような連中が馬鹿な行動を重ねて酷い結末に帰結しただけに見える。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
佐ぶ

4.5最初の場面から飽きさせない

はるさん
2019年2月3日
Androidアプリから投稿

映画の間、ずっと予想できない展開が続いて、あっという間の2時間余りでした。
クリント・イーストウッドって、情け容赦ない監督さんだなって思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はる

3.5まあ普通位(笑)

hide1095さん
2019年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

まあ普通位の映画でした(笑)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
hide1095

4.0演技力演出力の高さ

2018年12月4日
iPhoneアプリから投稿

まず名優3人の凄まじい演技力には世界観にどっぷりと浸からせる力がある。
物語の骨格がはっきりとしていて、なんでこうなっちゃうんだろうと考えても、確かに自分がこの人物ならこの行動をとってしまうかもな。というように、ツッコミどころが無いとても緻密な映画。見応えあり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
レオニダス

5.0三人の幼なじみと三組の夫婦の物語

あき240さん
2018年11月13日
Androidアプリから投稿

見終わった後に残るこの圧倒的な重さ
良い映画を観た余韻がこのように重い映画は久しぶりだ
その重さは胸が張り裂けそうなくらいだ
自然と涙が一粒でた

三人の幼なじみ、25年の時の流れは三組の夫婦に変わる
一組は夫を理解出来ず信じず、夫は妻を頼ることをあきらめており互いに孤独
もう一組は、互いに弱った時には助けあい、致命的な間違いであっても動機が感情として納得できさえすればそれを許し肯定してあげられる本当の夫婦
最後の一組は妻が家出状態、意志疎通すらままならない
頼れる存在は妻ではなく仕事の相棒
結末だけでなく取り巻く人間関係の重さがそうさせるのだ

三組三様、誰しも自分のパートナーとの関係性を投影してそのシーンごとに彼らの痛みが共有されてしまう、本作の重さはその重さなのだ

出演者全員が素晴らしい名演で物凄い
その中でもショーンペンとティム・ロビンスの熱演は見物だ
演出もカメラが俯瞰して天から見下ろす視点が効果的に使われる
特にデイブが車で連れ去られる繰り返し は強烈な印象を残した

人生を半ばまで来て、パートナーと長く暮らしていてこそ本作の重さはより重くあなたの心に伝わるはずだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

1.0偏見の塊だ

2018年10月13日
PCから投稿

心の傷が、犯罪、それも殺人に繋がるなどとゆうことを馬鹿のひとつ覚えみたいにやるアホの監督。
私はこの映画の数十倍酷い目にあったが、人を殺そうとも思わない。
他にもそんな人はどこにでもいる。
能天気な境遇の人間はそうゆうことがよくあるように、型に嵌めた記号論のような考え方をする。
心に深い傷がない人にははなからわからないのだろう。
本当にダメな映画だ。
これだけの役者を揃えながら、この体たらく。
ショーンペンの典型的なヤクザ。
トムロビンスの少年時代の性犯罪被害のトラウマの描き方など、本当に胸クソ悪くなるな。
おまけに、ろうあ者に対する差別感半端なく深い。
最後まで観た自分の忍耐力に感心するわ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシン

4.0全体的に重くて暗いし見た後モヤモヤ感が残ったが、イラク戦争の風刺と...

2018年9月29日
iPhoneアプリから投稿

全体的に重くて暗いし見た後モヤモヤ感が残ったが、イラク戦争の風刺として描かれている点と他のイーストウッド映画同様、善悪をはっきりと描かないという点を考えて思い返すと比較的スッキリします。

1つどうでもいいが気になったのは幼馴染達が30代半ばという設定のようですがそうは見えません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
コーヒー
「ミスティック・リバー」の作品トップへ