「煮込み料理の傑作」ラブ・アクチュアリー odeonzaさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

ラブ・アクチュアリー

劇場公開日 2004年2月7日
全76件中、10件目を表示
  •  
映画レビューを書く

煮込み料理の傑作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

恋愛も様々あるのは承知していたつもりでしたが、これだけ幅広くコラージュされると圧巻です。英国流の皮肉や本音は付き合うには面倒臭いですが嫌いではない自分にむしろ驚いています。
挿入曲も素晴らしい、「恋人たちのクリスマス」の歌のシーンは最高です。小学生の息子が想いを寄せるジョアンナ、お父さんも恋愛指南に懸命です、そしてなぜ息子が熱をあげているのかが説明なしに理解できてしまう脚本、演出は秀逸です。
ストイックな恋と本能的欲情を対比でなく織り交ぜる、完璧な人、残念な人たちにも目を向ける、小学生から熟年まで恋愛力学の不思議さを垣間見ることができます。ポルノ俳優たちが意外にもうぶなのは皮肉でしょうか、良く煮込まれています。

odeonza
さん / 2018年10月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報