ハリー・ポッターと賢者の石 : 映画評論・批評

ハリー・ポッターと賢者の石

劇場公開日 2001年12月1日
2001年11月15日更新 2001年12月1日より丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にてロードショー

ライバルは「指輪」じゃなくて「スター・ウォーズ」?

画像1 (C) 2001 Warner Bros. All Rights Reserved.

ハリポタの特徴は、英国的な児童文学ファンタジーの伝統と、アニメ的な(おたく的な)軽さ/俗っぽさを融合させたこと。ポケモンやパワーパフガールと同時代のポップな学園ファンタジー。日本製マンガ/アニメと同じ文脈に置いてもほとんど違和感がない。

その意味で、クリス・コロンバスの映画版は英国の歴史と伝統を(あるいは原作の英国っぽさを)リスペクトしすぎている気もするが、アメリカの観客にとってはまさにそれがファンタジーなのだと思えばこれはこれで正解か。

いずれにしても、主役3人のキャラを完璧に掴んだ時点で、この映画の成功は約束されている。ダニエル・ラドクリフのハリーはもちろん、ロン(ルパート・グリント)もハーマイオニー(エマ・ワトソン)もすばらしい。

お子さま映画にもファミリー・ムービーにもせず、万人向けの作品に仕上げた手腕は賞賛に値する。

難点は、少々長すぎるのと、原作に忠実過ぎること。小説で読んでも説得力がなかったクィディッチのルールなんか、映画で見るともっと説得力がないもんなあ。1本の映画としては、クライマックスが著しく盛り上がりに欠け(チェスの場面はダメすぎ)、竜頭蛇尾の印象もあるが、シリーズ第1作としてはとくに致命的な傷にはならない。ジョン・ウィリアムズの音楽ともども、すでにインスタント・クラシックの風格だ。ライバルは「指輪(ロード・オブ・ザ・リング)」じゃなくて「スター・ウォーズ」?

(大森望)

関連コンテンツ

特集

「ハリー・ポッターと賢者の石」ロンドン・プレミアレポート(1)
特集

レポート:森山京子ロンドンで、「ハリー・ポッターと賢者の石」のワールド・プレミアを取材してきたゾ。会場のオデオン座があるレスター・スクエアは、広場の周囲にぐるりと映画館が並んでいる、東京で言えば歌舞伎町みたいな所。広場はもっと大きいけ...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全44件)
  • 60 チェスやクィディッチが布石として使われてるのはいい感じ。最後のチェスでロンがあそこまで体を張るのと、ハリーがそれを受け入れたのはなぜか?勇敢とはいえさすがに急な感じがした。ラストの優勝発表のシー... ...続きを読む

    D Dさん  2018年9月2日 13:38  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 魔法 観ていて楽しいし、ワクワクします。 特にホグワーツの校舎内、魔法を使うシーンなど初めて観たときの衝撃といったら… (余談) エマワトソンすごい可愛い♡一目惚れ)少しあどけない感じがまたいい ... ...続きを読む

    BOOK BOOKさん  2018年5月5日 20:04  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • やっと!やっとこさ! ハリポタに初めて触れたよ!ホグワーツとは何たるか初めて知りました。難しくなくて、すっと入れる展開とCGを駆使してなかなかの映像、もう絶対かなわないけどこれなら映画館の3Dで観たかったよ!面白かっ... ...続きを読む

    きいろ きいろさん  2018年2月13日 00:23  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ザ・プレデター ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊る 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi