グッドモーニング,ベトナムのレビュー・感想・評価

グッドモーニング,ベトナム

劇場公開日 1988年10月8日
3件を表示 映画レビューを書く

マシンガン

トーク。劇中みんな笑ってたが笑えなかった。伝わらないアメリカンジョーク。しかし喜劇の中の悲劇って強烈な印象を与える。行きつけのバーが爆破された後のDJシーン。上手すぎる。ロビンウィリアムズ。もっと観たかった。

がい
がいさん / 2015年1月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

This Is R.Williams

これが彼なんです。
退屈な日常に花とクソを添える道化師、ロビン・ウィリアムズ。
彼のおかげで笑顔になれた数知れずの人たち、国を越え世界中に笑顔を与える。
ほんとにありがとう。
彼の墓の前で感謝を伝えたい。

かんだい
かんだいさん / 2014年9月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

自由人と他の立場の人々との価値観の違い

総合:75点
ストーリー: 75
キャスト: 75
演出: 75
ビジュアル: 75
音楽: 75

 自由の国アメリカといえどもまだベトナム戦争時にはこんなにお堅い検閲がされていたのだなと思わせる作品。

 とにかく価値観が違う。ロビン・ウィリアムズ演じるエイドリアン・クロンナウアーの生き様は自由に楽しく。たとえ戦争中のベトナムに来ても自分のやり方を変える気はない。元々そんな戦争とか政治とか国境とかは関係ないのだろう。街に出れば女の子に目がいくし、軍規に縛られたお堅いだけの放送よりも聞いて楽しい放送が好きだし、アメリカ人だろうがベトナム人だろうが人は人としてみなす。だからこそ厳しさの中に楽しみが欲しい戦場の兵士の支持を受ける一方で、アメリカと軍の利益を守りたい一部のがちがちの軍人からは目を付けられ嫌がらせを受ける。
 だがやはり厳然と存在するベトナムとアメリカとの立場の差。人としていい人であっても、単純に交流するには埋め難い溝があることがある。外国人に家族を殺され友人を殺され国を破壊され搾取された人々にとって、今猶自国にやってきて同胞を殺している外国人を素直に受け入れられないのはやむを得ない。またベトナム人から彼の行動を見れば、すぐに自国の女に声をかける憎たらしい男に見えることだろう。
 そんな現実を突きつけられるとやはり衝撃はある。だから限界に突き当たるのはむしろ当然のこととはいえ、やはり物悲しさがあるのも事実。華やかなスター扱いもあった後、お気楽だった彼が現実に直面し立ち去る際に残す一抹の寂しさが、この時代の背景を語っている。

 ロビン・ウィリアムスの喋りは本人の即興だそうで、なかなかうまいものだと思う。これがつまらなければ彼が人気DJと言っても真実味がないわけで、その意味で充分に健闘しているし見所となっている。軍の都合など関係なく大統領を冗談のネタにしておちょくるのも笑える。これなら確かに人気が出るだろうなと思わせる。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi