「非キリスト教圏には難解。」ダ・ヴィンチ・コード awahiraさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ダ・ヴィンチ・コード

劇場公開日 2006年5月20日
全79件中、9件目を表示
  •  
映画レビューを書く

非キリスト教圏には難解。

無実の罪で逃げてたらキリスト教のタブーを暴いちゃったよ。

原作未読。まず難解。この映画でタブーとされることも、非キリスト教圏の我々としては「ふ〜ん、大変だなぁ」くらいにしか思えない。だから、登場人物に本当の意味で感情移入できない。その上で、長いんだこの映画。3時間くらいある。単純にサスペンスとしては、どんでん返しとかもあるからつまらなくはない。ただ長すぎて飽きてしまう。もう少しコンパクトにできなかったのかな・・・アクションとかの見せ場が無いという意味で、小説向きの話なのかな。
「天使と悪魔」の方が面白かった気がする。

awahira
さん / 2018年11月24日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報