CANDYのレビュー・感想・評価

メニュー

CANDY

劇場公開日 2003年6月21日
1件を表示 映画レビューを書く

ニュアンスで盛り上げるお洒落エロティズムの代表作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

丸顔でタレ目で金髪がキュートな女子高生がイカレた男達と出くわす珍道中を描いた喜劇。

ポップな音楽とファッション、陽気なセックス描写を大胆に取り入れた手法は、“オシャレ系エッチなラブコメディ”の元祖と謳われているが、意外と性描写は極端に少ない。

むしろ、設定お構いなしにナンセンスギャグの串刺しで突き進むエキセントリックな世界観が強烈だった。

純真無垢な女の子に、男男共が理不尽な要求をしては裸にし、困らせていく展開は、日本人として『ハレンチ学園』etc.の永井豪の漫画に近い印象を受ける。

リンゴ・スター、ウォルター・マルソー、ジェームズ・コバーン、マーロン・ブランドetc.男性ゲストがみな豪華でかつ、全員ぶっ飛んだキャラクターなのが今作の大きな特徴。

特に頭を怪我した父親を手術する病院の滅茶苦茶なシチュエーションは、今作が持つ不条理な狂気を象徴している。

大トリで登場したマーロン・ブランド演ずる教祖に至っては、説法の一語一句全てが理解不能で衝撃的だった。

ちょうど彼は度重なるトラブルでハリウッドから干されていた最中だったから、破れかぶれな言動は映画界に対する苛立ちそのものにも思え、感慨深かった。

では最後に短歌を一首

『扉開け 甘い誘惑 解き放つ 愛にイカレし 天国の詩』
by全竜

全竜
全竜さん / 2011年2月21日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報