軍事アナリスト小川和久&「FAKE」森監督、「アイ・イン・ザ・スカイ」が象徴する“戦争の合理化”に警鐘 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月29日 > 軍事アナリスト小川和久&「FAKE」森監督、「アイ・イン・ザ・スカイ」が象徴する“戦争の合理化”に警鐘
メニュー

軍事アナリスト小川和久&「FAKE」森監督、「アイ・イン・ザ・スカイ」が象徴する“戦争の合理化”に警鐘

2016年11月29日 15:00

世界情勢や軍事史絡めて本作を解説「「A」」

世界情勢や軍事史絡めて本作を解説
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ヘレン・ミレン、故アラン・リックマンさん、アーロン・ポールの共演で、軍事用の無人戦闘機(ドローン)を使った現代の戦争の裏側を描くサスペンス「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」の公開記念トークショーが、11月28日に東京・渋谷のユーロライブで開催。ゲストの軍事アナリストの小川和久氏と「A」「FAKE」で知られるドキュメンタリー監督・森達也が意見を戦わせた。

ナイロビに潜伏しているテロリストを捕獲するため、イギリス軍のキャサリン・パウエル大佐(ミレン)は国防相のベンソン中将(リックマンさん)と協力して、ドローンを使った英米合同軍事作戦を指揮している。そんななか、標的のテロリストが大規模な自爆テロ計画を準備していることが判明し、英米軍は“民間人を巻き添えにしてもテロリストを爆撃するか否か”という究極の決断を迫られる。

小川氏と森監督は、「非常に重い映画。人間が永遠に悩む問題に対し、1つの答えを突きつけているから重い。重いからこそ評価が高い」(小川氏)、「色々なジレンマが戦争にはあると感じたが、本作はまず理屈抜きに無茶苦茶面白い。傑作だと思います」(森監督)と本作のクオリティを絶賛する。それぞれに「命令を下す側(指揮官)」「命令される側(ドローン・パイロット)」の立場に分かれてシミュレーションを開始。小川氏が「躊躇(ちゅうちょ)なく攻撃を命令しちゃう。躊躇しているのは、当事者じゃないから。(テロリストを攻撃した場合に巻き添えになってしまう)少女の目を見ないようにして命令を下すだろう」と答えたのを受け、森監督も「パイロットだとしたら押します。こうした事態も含めて、メンタルトレーニングしていると思う。どっちがましかという話ですよね。すさまじいプレッシャーや引き裂かれる思いはあるし、映画を見ていてもパイロットには感情移入した」と感想を絡めて語った。

小川氏は、同じくドローン戦争を題材にした「ドローン・オブ・ウォー」を引き合いに出し、「『ドローン・オブ・ウォー』で強調されたのは、パイロットは常に躊躇するという点。本作では、人権意識をどう整理するかを今一度考えられた」と語りつつ、映画「ブラックホーク・ダウン」でも描かれたソマリアの将軍の捕獲作戦の失敗が転換期となり、「人的被害を避ける」ためにドローンの投入が加速されたと解説した。小川氏の言葉に聞き入っていた森監督は「戦争は最大の矛盾。人類は進化しているのに、なぜ今だに戦争をしてしまうのか。ジレンマの集大成が、ドローンによって表れてしまった」と考察。「人を殺す実感がない」(森監督)ドローン投入に象徴される“戦争の合理化”に警鐘を鳴らしていた。

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」は、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」や、オスカーに輝いた「ツォツィ」のギャビン・フッド監督がメガホンをとり、「キングスマン」や「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」でも活躍するコリン・ファースが製作を務めた。12月23日から全国公開。

(映画.com速報)
FAKE ディレクターズ・カット版[DVD] FAKE ディレクターズ・カット版[DVD] 最安価格: ¥3,972 「ゴーストライター騒動」で世間を賑わせた佐村河内守を追ったドキュメンタリー映画。
A[DVD] A[DVD] 最安価格: ¥4,044 オウム真理教を扱ったドキュメンタリー映画。テレビディレクターだった森達也監督が、オウムを絶対悪として描くことを強要するプロデューサーと衝突し、自主制作として本作品を完成させた。教団広報担当者荒木浩氏にスポットを当て、オウム内側と外側の現実を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi