ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ
ホーム > 作品情報 > 映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」
メニュー

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ

劇場公開日

解説

コリン・ファースとジュード・ロウの主演で、1920年代にアメリカ文学の名作を数多く手がけた実在の編集者と37歳で生涯を閉じた小説家の人生と友情を描く。アーネスト・ヘミングウェイら世界的な作家を見出した編集者マックスウェル・パーキンズの元に無名の作家トマス・ウルフの原稿が持ち込まれた。その才能を見抜いたパーキンズはウルフを父親のように支え、処女作「天使よ故郷を見よ」をベストセラーへと導く。更なる大作に取り組んだ2人は、昼夜を問わず執筆に没頭し第2作を完成させるが、ウルフは「この本をパーキンズに捧げる」と献辞を付け足し、ヨーロッパへと旅立ってしまう。パーキンズ役をファース、ウルフ役をロウが演じ、ガイ・ピアース、ドミニク・ウェスト、ニコール・キッドマン、ローラ・リニーが脇を固める。監督は英ロンドンの劇場ドンマー・ウエアハウスで芸術監督を務め、本作が長編映画初監督となるマイケル・グランデージ。

作品データ

原題 Genius
製作年 2016年
製作国 イギリス・アメリカ合作
配給 ロングライド
上映時間 104分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

編集者と作家の複雑な関係を、入念かつケレン味を排した語り口で真摯に見つめる
ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐの映画評論・批評

1920年代後半から30年代にかけてのジャズ・エイジは〈失われた世代〉と呼ばれた天才的な作家の一群が彗星のごとく現れた時代でもあった。その代表格であるアーネスト・ヘミングウェイ、スコット・フィッツジェラルドが生涯の最高傑作を書くことが...ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全48件)
  • 暗い時代にこそ物語ることが大切!! 人気作家とその作品の背後には、自我の強い作家たちを根気よく説き伏せ、より高い完成度を目指してリライトのペンを取らせた編集者がいたことを再認識させるビハインド・ストーリーには、大恐慌時代から現代に... ...続きを読む

    MP MPさん  2016年10月9日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • 静謐 静かな映画。いい感じ。全体を流れるのは「劇的」と対局にある「静謐」かな。 作家と編集者、見出だし、手を取り合い、諍い、それでも互いを想いあい、恋愛映画みたいな表現になっちゃったけど、年齢が離れた... ...続きを読む

    CB CBさん  2017年2月3日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 最高のコンビ 冷静で何よりも本と作者を思いやる男。 感情的で時に冷静な判断ができない天才。 この2人とその周りの人達が見せる、失敗や成功や人間関係や友情や家族愛はとても感情移入できるものだった。 周りを思いや... ...続きを読む

    Toi Toiさん  2017年2月2日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ
ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ
2017年2月16日
¥2,000
Google Play

他のユーザーは「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi