アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
ホーム > 作品情報 > 映画「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」
メニュー

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

劇場公開日

解説

戦地から遠く離れた会議室でドローンが映し出す映像を見ながら戦争に加担する人々の葛藤を描き、現代の戦争の闇を浮き彫りにした軍事サスペンス。イギリス軍の諜報機関で働くキャサリン・パウエル大佐は国防相のベンソン中将と協力し、ナイロビ上空を飛ぶドローンを駆使してロンドンから英米合同軍事作戦を指揮している。そんな中、大規模な自爆テロ計画の存在を突き止めた彼らは、アメリカ国内の米軍基地にいるドローン・パイロットのスティーブに攻撃命令を下すが、殺傷圏内に幼い少女がいることが判明。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先させようとするが……。「クィーン」のヘレン・ミレンが正義感に燃える指揮官キャサリン役を、2016年1月に他界したアラン・リックマンがベンソン中将役をそれぞれ演じる。「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」「ツォツィ」のギャビン・フッド監督がメガホンをとり、俳優コリン・ファースが製作に参加。

キャスト

作品データ

原題 Eye in the Sky
製作年 2015年
製作国 イギリス
配給 ファントム・フィルム
上映時間 102分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

政治・軍事・映画の専門家、そして映画ファンが大熱論「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」に次ぐ──「現代ドローン戦争の衝撃の真実」を突き付ける高評価作にして超問題作
特集

無人兵器(ドローン)を使った現代戦争の実態を描く「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」が、12月23日より全国公開。ヘレン・ミレン、アラン・リックマン、アーロン・ポール、バーカッド・アブディら実力派俳優が集結し、コリン・ファース...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ドローン爆撃の巻き添えをめぐる“神の命題”を問う迫真の軍事サスペンス
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の映画評論・批評

上空数千メートルから密かにテロリストの行動を監視し、ヘルファイアと呼ばれる強力なミサイルをお見舞いして敵を殲滅する無人攻撃機ドローン。自軍の人的被害を一切出さないこの“空の殺人兵器”は、現代の戦争の有り様に革新をもたらした。その反面、...アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全81件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi