二宮和也、キネ旬ベスト・テン主演男優賞に輝き「責務を果たせた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月13日 > 二宮和也、キネ旬ベスト・テン主演男優賞に輝き「責務を果たせた」
メニュー

二宮和也、キネ旬ベスト・テン主演男優賞に輝き「責務を果たせた」

2016年2月13日 21:48

主演女優賞の深津絵里と助演男優賞の本木雅弘「母と暮せば」

主演女優賞の深津絵里と助演男優賞の本木雅弘
[拡大画像]

第89回キネマ旬報ベスト・テンの表彰式が2月13日、都内で行われた。主演男優賞を獲得したのは、「母と暮せば」で霊となって母のもとに現れる息子を演じた二宮和也。「自分がこの映画に出演することの役割は、僕を日ごろ応援してくれる若い人たちに、戦争を学んで頂くきっかけになること」といい、「ちょっとでもその責務を果たせたことで、この素晴らしい賞を頂けたと思っています」と謙虚に謝意を示していた。

第68回仏カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の監督賞を受賞した「岸辺の旅」の深津絵里は、主演女優賞を戴冠。共演した浅野忠信に敬意を表し、「浅野さんと一緒でなければ、あのような空気感や繊細な表現につながらなかったと思います。浅野さんの底知れぬお力のおかげで賞を頂けたと思っています。これからも日本映画に関われるように、背筋をシャンと伸ばして頑張りたい」と晴れやかな笑顔を見せた。

日本映画監督賞、日本映画脚本賞、日本映画ベスト・テン第1位の3冠を達成した「恋人たち」の橋口亮輔監督は、「キネマ旬報の賞は、映画人であれば一生に一回はとりたいと願ってやまない。受賞できて嬉しく思っています」と喜びを語る。同作で強烈なインパクトを残した篠原篤が新人男優賞を受賞しているだけに、橋口監督は「この映画の中から、1人でも2人でも世の中に出て行くような俳優を輩出することが役割だと思っていた。篤がとって嬉しいし、自分の役割を果たせたと思います」と胸を張った。

そんな篠原は約5キロのトロフィーを授与され、その重さのため取り落としそうになるひと幕も。「芝居の才能が何ひとつないと思いながら、うだつのあがらない20代でした。30代には出来る限りのことをやろうとしましたが、チャンスがなく俳優を辞める才能もありませんでした」と苦労した時期に思いを馳せ、「今日のような日を夢にも思っていなかった。諦めずに続けてきてよかった」と感無量の面持ち。そして「橋口監督はアツシという役を僕以上に信じ、たくさんの力を与えてくださり、支えてくださいました。今日まで、僕のような者を誇りに思い続けてくれた家族や仲間たちと、この喜びを分かち合いたい。この場を借りて、感謝申し上げます」と深々と頭を下げると、会場を大きな拍手が包み込んでいた。

約7年ぶりとなる銀幕復帰作「日本のいちばん長い日」「天空の蜂」で助演男優賞に輝いた本木雅弘は、「私は光石研さんと競り合い、ギリギリ額ひとつ分飛び出したということで、なんとか賞を頂けたということです」と説明。それでも、「光石さんのように、達者で味わいのある方と競えたということだけで、すでに誇りに思います」としみじみと話した。

海街diary」で抜群の透明感を発揮し、綾瀬はるから先輩たちに比肩する評価を得た広瀬すずは新人女優賞に。「是枝裕和監督やお姉ちゃんたちに出会えたことが、自分の人生にとってとても大きかったと毎日改めて思います。これからもいろんな映画に染まれるように、お姉ちゃんたちの背中を見て頑張ります」と意気込んでいた。

受賞リストは、以下の通り。

【個人賞】
▽日本映画監督賞
橋口亮輔恋人たち

▽日本映画脚本賞
橋口亮輔恋人たち

▽主演女優賞
深津絵里岸辺の旅」「寄生獣 完結編

▽主演男優賞
二宮和也母と暮せば

▽助演女優賞
黒木華母と暮せば」「幕が上がる」「ソロモンの偽証 前篇・事件」「ソロモンの偽証 後篇・裁判
(出演舞台公演中のため、表彰式は欠席)

▽助演男優賞
本木雅弘日本のいちばん長い日」「天空の蜂

▽新人女優賞
広瀬すず海街diary

▽新人男優賞
篠原篤恋人たち

▽外国映画監督賞
ジョージ・ミラーマッドマックス 怒りのデス・ロード

▽キネマ旬報読者賞
川本三郎

【作品賞】
▽日本映画ベスト・テン第1位
恋人たち」(橋口亮輔監督)

▽外国映画ベスト・テン第1位
マッドマックス 怒りのデス・ロード」(ジョージ・ミラー監督)

▽文化映画ベスト・テン第1位
沖縄 うりずんの雨」(ジャン・ユンカーマン監督)

(映画.com速報)
岸辺の旅[Blu-ray/ブルーレイ] 岸辺の旅[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,762 愛する人との永遠の別れを描く、究極のラブストーリー。
天空の蜂[Blu-ray/ブルーレイ] 天空の蜂[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,463 ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した同名小説を、「SPEC」「20世紀少年」など話題作を多数手がける堤幸彦監督が映画化したサスペンス大作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi