大泉洋、ブルーリボン賞受賞も「ドッキリでは?」 有村架純はさらなる飛躍誓う : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月9日 > 大泉洋、ブルーリボン賞受賞も「ドッキリでは?」 有村架純はさらなる飛躍誓う
メニュー

大泉洋、ブルーリボン賞受賞も「ドッキリでは?」 有村架純はさらなる飛躍誓う

2016年2月9日 23:00

さらなる飛躍を誓う!「日本のいちばん長い日」

さらなる飛躍を誓う!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第58回ブルーリボン賞の授賞式が2月9日、東京・内幸町のイイノホールで行われた。前年度の主演男優賞、主演女優賞の受賞者が司会を務めるのが慣例で、今年は「私の男」の浅野忠信と「0.5ミリ」「百円の恋」の安藤サクラが登壇した。

恋人たち」で監督賞を戴冠した橋口亮輔監督は、「日本映画が本当に厳しい状況で、それでも皆が真摯に作品を作っている中でこういうご褒美をいただけて、本当に励みになります」と深く感謝し、「一番仕事のできる40代を無駄に過ごしました。50代は何でも撮っていきたいと思っています」と意欲十分。客席には出演した篠原篤らの姿もあり、橋口監督は「次はここに上がれるように、頑張って」とエールを送った。

本木雅弘は「日本のいちばん長い日」「天空の蜂」での熱演が認められ、助演男優賞を受賞。「15歳から業界に入り世間知らずのままここまで来ましたが、作品のなかで世間を知ること、新しい自分を知るということができました」といい、「関わった方々、時間、紡いだものが、後世に残るようなものになっていければと思いながら、これからもまじめにやっていきたい」と神妙な面持ちで語る。作品賞には「日本のいちばん長い日」が選出され、メガホンをとった原田眞人監督は「これだけ僕の好きな作品を全部(賞に)選んでいただいて、しかも作品賞もいただけた。ブルールリボン賞、大好きです。これで縁が切れたとしても、永遠にブルーリボン賞への愛は失いません!」と喜びを爆発させた。

映画 ビリギャル」などに出演した有村架純は、主演女優賞に輝いた。感無量の面持ちで「『ストロボ・エッジ』では、廣木隆一監督に『お芝居は引き算だから、余計なことはするな』としかっていただきました。私のお芝居の根本を直してくださって、今もその言葉を胸にお芝居しています」と思いを馳せ、「その出会いがなければ、『ビリギャル』を演じきることは出来ませんでした。廣木監督はとても大きな存在です」と笑顔をはじけさせた。そして、「この賞は大きすぎて、今はあまり実感できていません。これから1年、全力でがんばって、賞にふさわしくなれるように努力していきます」とさらなる飛躍を固く誓っていた。

大泉洋は、「駆込み女と駆出し男」で主演男優賞に。大トリで登壇し謝辞を述べたが、「受賞した皆さんが関係者席で並んでいたんですが、(登壇していくので)ひとり減り、またひとり減り……。有村さんの挨拶が終わったところで、『以上をもちまして』と言われたらどうしようかと思っていた。ドッキリではないかと、普段バラエティを多くやっているので怖くなっていました」とぼやき節で会場を笑わせた。

また第59回の司会は、「アイアムアヒーロー」で共演している大泉と有村に決定した。大泉が「私がやるときは、バラエティショーみたいにならないよう気をつけたい」と抱負を語れば、有村は「全部洋さんに任せます!」と丸投げ。一方で、安藤は「今年はもうちょっとうまくできたのに! 一昨年は滝川クリステルさんのつもりで、ちゃんと出来たんです」と唇を噛み、初の司会に緊張しっぱなしだった浅野も「ブルーリボン賞はもう一度頂きたいですが、司会は二度とやりたくない(笑)」と苦笑を浮かべていた。

全ての受賞者・作品は以下の通り。

▽作品賞
日本のいちばん長い日」(原田眞人監督)

▽監督賞
橋口亮輔(「恋人たち」)

▽主演男優賞
大泉洋(「駆込み女と駆出し男」)

▽主演女優賞
有村架純(「ストロボ・エッジ」「映画 ビリギャル」)

▽助演男優賞
本木雅弘(「日本のいちばん長い日」「天空の蜂」)

▽助演女優賞
吉田羊(「映画 ビリギャル」「脳内ポイズンベリー」「愛を積むひと」)

▽新人賞
石井杏奈(「ソロモンの偽証」「ガールズ・ステップ」)

▽外国作品賞
マッドマックス 怒りのデス・ロード」(ジョージ・ミラー監督)

百円の恋 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 百円の恋 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,728 負けっぱなしの人生から這い上がろうとする女と挫折を経験した男の、再生の物語。
私の男[Blu-ray/ブルーレイ] 私の男[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,045 第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門にて〈最優秀作品賞〉〈最優秀男優賞〉W受賞の快挙!直木賞受賞のベストセラー小説、禁断の映画化!浅野忠信、二階堂ふみが贈る“禁断の純愛”を描いた作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

私の男の女 DVD-BOX II[DVD] 私の男の女 DVD-BOX II[DVD]最安値: ¥13,165 私の男のスニ[DVD] 私の男のスニ[DVD]最安値: ¥1,000 私の男のロマンス[DVD] 私の男のロマンス[DVD]最安値: ¥5,184
私の男の女 DVD-BOX I[DVD] 私の男の女 DVD-BOX I[DVD]最安値: ¥16,416 私の男[Blu-ray/ブルーレイ] 私の男[Blu-ray/ブルーレイ]最安値: ¥4,045 私の男[DVD] 私の男[DVD]最安値: ¥3,336
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi