東洋人初のノルウェー国立バレエ団のプリンシパル・西野麻衣子、産後復帰を支えたのは家族の絆 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月30日 > 東洋人初のノルウェー国立バレエ団のプリンシパル・西野麻衣子、産後復帰を支えたのは家族の絆
メニュー

東洋人初のノルウェー国立バレエ団のプリンシパル・西野麻衣子、産後復帰を支えたのは家族の絆

2015年11月30日 19:30

世界で活躍する日本人バレエダンサーを追った ドキュメンタリー「Maiko ふたたびの白鳥」

世界で活躍する日本人バレエダンサーを追った
ドキュメンタリー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東洋人で初めてノルウェー国立バレエ団のプリンシパルとなったバレエダンサーの西野麻衣子を追ったドキュメンタリー「Maiko ふたたびの白鳥」の特別記者会見が11月30日、東京・港区のノルウェー王国大使館で開催。本作の主人公である西野をはじめ、実母・西野衣津栄さん、ノルウェー王国大使館参事官のスノーフリッド・B・エムテルードが出席した。

映画は、25歳でノルウェー国立バレエ団のプリンシパルに抜てきされ、ノルウェーで芸術活動に貢献した人に贈られる「ノルウェー評論文化賞」を受賞したバレエダンサーの西野麻衣子が、妊娠、出産を経て、再びプリンシパルに復帰する姿をカメラに収めたドキュメンタリー作。

西野のバレエダンサーとしてのキャリアは、15歳で日本を離れ、名門ロイヤルバレエスクールに留学したところから本格的に始まる。同スクールのあるイギリスを離れ、ノルウェーでキャリアを築こうと思った理由を、西野は「ドイツ、ヨーロッパのオーディションに行ったが、ノルウェーには行ったに瞬間惹かれるものがあった」と明かす。その具体例を問われると、「ノルウェーのバレエは、クラシックとコンテンポラリーの両方のレパートリーが素晴らしい」「福祉などのケアが行き届いている点にも惹かれた」と説明。そのうえで、「(ノルウェー国立バレエ団の)オーディションに合格したのは嬉しいだけではなく、とてもエキサイティングなニュースだった」と振り返った。

その後、西野は同バレエ団のプリンシパルとして、主演舞台も目白押しの華々しい活躍を見せる。そんなキャリア絶頂のなか周囲に妊娠を告げるが、本人はダンサーとしての未来に不安はなかったという。「子どもが出来たことを理由にしたくないので、産む前の自分に戻りたいと思っていた」。事実、母になって芽生えたのは「子どもが出来たからバレリーナとして成長したい」という“ダンサーとしての意欲”だったそうで、「子どもができてから、すごく忙しくなった。子育てをしながら、体のメンテナンスをするのはすごく大変だけど、以前より強い充実感を覚える。母として舞台に立てることが嬉しい!」と力強い笑顔を見せた。

西野が復帰作に選んだ演目「白鳥の湖」のプリンシパルは、1人2役を演じ分け、連続32回転の大技が組み込まれている難役。西野は、このキャリア最大の挑戦を支えたのは、ワーキングウーマンを支援するノルウェーという国の制度と、家族の助けだったと告白する。「ノルウェーの男性はとにかく優しく、男女平等の国。男性も育児休暇を3カ月とらなければならない。そうやって国が母親、父親になることをサポートしてくれる」。オペラハウスの芸術監督を務める西野の夫・ニコラスは、妻の復帰にサポートを惜しまなかったそうで「主人は、3カ月プラス5カ月の育児休暇を取ってくれた」と述懐。「カムバックできた自信は主人からもらった」と感慨深げに語った。

Maiko ふたたびの白鳥」は2016年2月中旬から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • キングコング 髑髏島の巨神の評論 キングコング 髑髏島の巨神 コングの勇姿と敵モンスターとの死闘が、怪獣映画の本質とは何かを教えてくれる。
  • ムーンライトの評論 ムーンライト 少年の成長譚から、甘酸っぱく狂おしいメロドラマへ。映画は見事な大変身を遂げる
  • はじまりへの旅の評論 はじまりへの旅 繊細でエキセントリックな魅力を放つ、ヴィゴ・モーテンセン版「リトル・ミス・サンシャイン」
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント

株式会社ファントム・フィルム

誰かの人生の1本になる。そんな映画を一緒に探しませんか!

職種(1)宣伝部 (2)邦画(コンテンツ)プロデューサー

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi