悲劇のバレリーナ、タナキル・ル・クラークの伝記映画製作へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月20日 > 悲劇のバレリーナ、タナキル・ル・クラークの伝記映画製作へ
メニュー

悲劇のバレリーナ、タナキル・ル・クラークの伝記映画製作へ

2015年10月20日 19:40

タナキル・ル・クラーク

タナキル・ル・クラーク
Photo by Baron/Hulton Archive/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワインスタイン・カンパニーが、1950年代に活躍した米ニューヨーク・シティ・バレエのプリンシパルダンサーで、振付師ジョージ・バランシンの4人目の妻となったタナキル・ル・クラーク(タナキル・ルクレール)の伝記映画を製作すると、米Tracking Boardが報じた。

長身で美貌のタナキル(通称タニー)は、1929年に仏パリで生まれた。弱冠15歳でバランシンに招聘され、ニューヨーク・シティ・バレエに参加。プリンシパルダンサーとして活躍するとともに、バランシンとジェローム・ロビンスという当時を代表するふたりの振付師に、ダンサーとしてはもちろん、女性としても愛されたことで知られる。

その後バランシンと結婚したタナキルは1956年、バレエ団のヨーロッパツアー中にポリオに感染。下半身不随となり、27歳にしてダンサー生命を断たれた。医師からは、40歳まで生きられればいいほうだと宣告されたが、バランシンと離婚後も、タナキルはダンス・シアター・オブ・ハーレムの講師などをしながら、ひとり力強く71歳まで生き続けた。

タイトル未定の伝記映画のスタッフキャストは現在のところ未定。なお、2013年にはタナキルに関する長編ドキュメンタリー「Afternoon of a Faun: Tanaquil Le Clercq」が製作されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi