宮尾俊太郎、男子バレエダンサーへ熱くエール「頑張っていれば、きっと花開く」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月29日 > 宮尾俊太郎、男子バレエダンサーへ熱くエール「頑張っていれば、きっと花開く」
メニュー

宮尾俊太郎、男子バレエダンサーへ熱くエール「頑張っていれば、きっと花開く」

2015年8月29日 17:45

舞台挨拶に立った宮尾俊太郎「バレエボーイズ」

舞台挨拶に立った宮尾俊太郎
[拡大画像]

[映画.com ニュース] プロのバレエダンサーを目指す3人の少年を追ったドキュメンタリー映画「バレエボーイズ」が8月29日、全国8スクリーンで封切られた。東京・ヒューマントラストシネマ有楽町では公開初日トークショーが行われ、バレエダンサーの宮尾俊太郎が出席した。

12歳から16歳という多感な4年間、ひたすらバレエに打ち込む少年たちの夢、葛藤、挫折、挑戦をカメラに収めたドキュメンタリー作。英ロイヤル・バレエ団のプリンシパルにまで上りつめた熊川哲也にあこがれ、14歳でバレエを始めたという宮尾は、映画の感想を聞かれ「10代のころ、学業と両立しながらバレエに打ち込んでいたことを、懐かしく思い起こしました」としみじみと語っていた。

17歳でフランスへ留学した宮尾だが、「18、9歳のころ、スクールを修了してからオーディションにことごとく落ち続け、その後、バレエを辞めるということを経験しています」と挫折を告白。その一方で、「つらいこともそうですが、バレエというものを通していろんな人に出会い、いろんな仕事、経験をさせてもらいました」と真摯に話し、「今の自分があるのはバレエのおかげ。すべてにおいて、バレエをやっていて良かったなと感謝しています」と明かしていた。

2004年には、熊川が主宰する「K-BALLET COMPANY OFFICIAL」に入団。客席を見渡し「今日も小さい男の子がチラリといらっしゃいます」といい、「こういった映画や、僕とかの存在を知ることで、男性のダンサーはどんどん増えていくと思います」とほほ笑む。そして、「人口が増えると競技のレベルも上がりますので、日本のバレエのレベルもどんどん上がっていきます」と期待を込めていた。

また、男子バレエダンサーへのエールを求められたが、「バレエは生まれ持った条件、ビジュアル的な要素が必要。残酷で、冷酷な世界でもあります」ときっぱり。それでも、「頑張っていれば、きっと花開く道というものが存在します」としたうえで、「何があってもめげずに、好きなものへの情熱を忘れずに向かっていってほしいです」と情熱的に呼びかけていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi